2018年02月23日

お、工事か!?...ん?...となって失笑を買ってしまった工事現場

posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ地域で5箇所 米フロリダ州で陥没相次ぐ




日本も昨年だったか、小学校の校庭で陥没(毎日新聞)したとかありましたね。

【一軒の家の敷地で複数??】


ナショナル・ジオグラフィックで伝えられていたのですが、米フロリダ州で陥没が頻発してるそうです。

記事に動画があったのでこちらにも貼らせて頂きました。
これが結構な数です。



動画を見ていると、上の方から崩れてますね。浸食されたのなら、下のほうかと思ったのですが...

記事によりますと、この地区では、ほかにも5つの陥没穴が開いたそうです。
陥没ができる仕組みとしては、これも記事に説明がありますが、
地下にある岩や土でできた層が地下水に浸食され、地中で徐々に陥没していくことで形成される...(中略)...まず、地面の下にある岩盤が水に溶かされて、地中に空洞が開く。すると、ぽっかり開いた穴の上には、薄い土層が覆っているだけになる。そして、岩盤の支えを失った地表の層は、崩落するしかなくなる。


だそうで、層状やドーム状の岩塩、石こう、石灰石などの炭酸塩岩のように水に溶けやすい岩石は、陥没を引き起こす危険性が高い、と記事は続けています。

【大雪となった日本もこの後...】


上記の地域では、陥没が発見された後、近所のゴルフ場の人工湖の水がかなりのスピードで減少したとあるので、関係してそうだとのことです。

もう一本動画が記事には紹介されてますが、その動画では一軒のお宅が紹介されており、2箇所ぐらい陥没の被害に遭ってます。そして、陥没だけならまだしも、その陥没の影響で家の壁や床に亀裂が生じる始末。

この冬、大雪となった日本にあってはこのあと、雪解け水が大量に地下に浸透していくことになるわけで、大丈夫ですかね??

あと、石灰石の地盤だと陥没が出来やすいとありますが、先日紹介した沖縄の道路の話からすると、沖縄も陥没が起きやすいということになるのでしょうか?

こういうのは前兆がないだけに怖いですね。

【関連記事】


知らなんだ...沖縄の道路は白っぽい??舗装は地域により違う、らしい。

年末近くに多発?...今度は新潟で道路陥没、車脱輪で乗車親子けが(2017)

台風18号でも影響でるかしら...台風16号通過後、畑に巨大穴出現 宮崎(2016)

海外からも絶賛された日本の土木技術...福岡駅前陥没復旧工事を約1分にまとめた映像(2016)


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:46| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

ナイスサービスだが...痴漢冤罪を弁護士の証明書付きで証明してくれるサービス『痴冤証明』



※画像は毎日新聞の記事よりキャプチャさせて頂きました。

冤罪から身を守るために、自腹切って保険をかけないとイケないというのは、合点が行きませんね┐(´д`)┌ヤレヤレ

【想定サービス料は980円】


毎日新聞の伝えるところによりますと、痴漢の冤罪を防ぐサービス「痴冤証明(仮称)」を松山市のデザイナーらが考案し、開発した、とのことです。

どういう内容かというと、上のアイキャッチがフローらしいのですが、ブレスレットにカメラが付いてて動画をサーバにダイレクトに保存、撮った動画は利用者本人は見ることができず、動画は常時撮影。

痴漢を疑われたら、アプリからサービスセンターに連絡し、センターが動画データを提携する弁護士に通知する。解析して冤罪が確認されたら、弁護士作成の「冤罪証明書」が発行され、利用者のスマホに送信される、という仕組みです。

【保険と思えば安いのか?】


実際に痴漢に遭って苦しんでる女性もいるので、一概には言えませんが、やはり昨今、痴漢冤罪の詐欺や恫喝事件も多いので、そんな連中のために自腹切って防衛しないとイケないというのはちょっと腑に落ちません。┐(´д`)┌ヤレヤレ

かと言って、痴漢冤罪証明は難しく、下手したら人生オワタ状態になるので、そう考えると980円は安いのかもしれません。

冤罪が証明されたら、名誉毀損かなにかで払ったサービス料を取り戻すことはできるんでしょうか?^^;
というか、冤罪が証明されたら、利用料は相手が払うというのはどうでしょ??...あかんか...

あと、この弁護士さん発行の冤罪証明書は、裁判所や警察でちゃんと効力を発揮してくれるのかも気になるところです。

【関連記事】


やっぱ未来を生きてるわ、日本人...MS、人工知能JKとお電話できちゃう『りんなライブ』を公開しちゃう。

いろいろ大丈夫か!?...新品コスメを一週間無料で使える『HowTwo(ハウトゥー)』

年末年始に気になったニュース 2018 その4







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藻類で土砂流出を防ぐ”あの工法”がNetis登録されたそうです。

Photo credit: TerryChen - Blooming Beauty 綻放美麗的力量 on Visualhunt / CC BY-ND

※イメージ画像です。

植物が早く育つ土壌を作って、植物で斜面崩落とかを防ごうって感じですか?

【BSC工法というらしい。】


BtoBプラットフォームというサイトにアップされていた、日本工営(株)のプレスリリースによりますと、当ブログでも以前ご紹介しました、藻類を散布することで植物育成の地盤を作り、土砂流出でのり面崩落を防ぐ工法がNetis登録された、とのことです。

同プレスリリースによりますと、BSC工法の”BSC”とは、『イオロジカル・ソイル・クラスト/Biological Soil Crust』の頭文字で、
土壌表面が藻類やコケ等で覆われることで環境が改善し、崩壊後の斜面に草などが生え、追って木が生えてくるという、いわゆる植生遷移の初期に見られる自然現象

のことなんだそうです。

同工法では、通常数年かかる初期の植生遷移を 2 週間から1か月という短期間で形成させる特許技術を用いて、植物が育成する土壌を作り、地盤強化につながる工法、のようです。

【まだまだ開発の予知あり?】


以前のブログでも書きましたが、まだまだ藻類だとか菌類だとか、色々植生ほかに有効活用できそうなヤツがいてそうですね。

現在、どれくらいの藻類や菌類が研究されてるのか解りませんが、まだまだ未知のチカラを秘めたヤツがいそうです。^^;
今後の研究にも期待ですね。

【関連記事】


金返せ!ってレベルらしいです...会計検査院27年度報告による、のり面工事の不備事例あれこれ

微細藻類で斜面崩壊を防止 日本工営(2017)

来年度予算も割当、流木食い止める「土砂透過ダム」拡充 国交省(2017)

レーダー使用で24時間計測可能 のり面工事の動態観測をレーダーで 安藤ハザマ(2017)



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

全国の公衆トイレに設置希望!電池・配線レスでトイレの使用状況を把握できるストライク『SWITCHSTRIKE AIR』

Photo credit: Dakiny on VisualHunt / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

ちょっとお高いので全個は無理かも...でも、こういうの実現してほしいですねぇ...

【電池・配線不要でデータ収集】


Internet Watchの伝えるところによりますと、株式会社シブタニが、個室トイレの施錠・解錠情報を電池レス・配線レスで無線送信できるトイレのストライク(スライドラッチ受け)「SWITCHSTRIKE AIR LB-630E」を3月末に発売する、そうです。

どういう製品かというと、トイレの個室の施錠・解錠情報を無線で飛ばし、ビッグデータの収集、個室空き状況管理、アプリ表示等の対応が可能になるというシロモノです。

お値段( ̄ロ ̄|||)なんと!...15,000円。工エエェェ(´д`)ェェエエ工 1個??

使い方としては、記事より引用させて頂くと
用途に応じて、「独立型」と「ネットワーク型」にシステムをカスタマイズできる。例えば、独立型の場合、高速道路などで見られる満空表示などの看板に情報を出力する。ネットワーク型では、離れた場所からインターネットを介してPCやアプリ上で満空表示を見ることに加え、トイレの施錠時間、利用状況なども確認することができる。

だそうです。

【サービスとして提供するには...】


ネットワーク型の試験運転が元離宮二条城(京都市中京区)で2月6日に開始されているそうなので、二条城にいけば、現物を見れますね。^^;

しかし、記事にある鍵みたいなの1個が15,000円でしょ?あとシステム利用料とか月々のランニングコストがそこそこかかると思うんですが、サービスとして提供するには、ちょっとキツいかもですね。
収集したデータを買ってくれる先があればまだしも...

ですが、一般ぴーぽーからすると、すべての公共公衆スペースにあるトイレにこれ、付けてほしいですね^^;

そしてアプリで空きトイレをチェック、と。

女性のほうが切望するんじゃないでしょうか。新幹線の駅とか、女子トイレ、異様に混んでますよね^^;

【関連記事】


誰でも不在配達解消、スマート南京錠【Box Lock Home】(2017)

標準設置になるといいな...コンセントのデッドスペースに収まる着せ替えスマートデバイス『Swidget』(2017)

全部がコレならいいかもですが...IoTで管理する斜面の太陽光発電 大津市のケース(2017)

【セミナーレポート】中小企業の『IoT活用』セミナーに行ってきました。(2017)

電脳神頼みが実現!? IoTな神棚 爆誕(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:05| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らなんだ...沖縄の道路は白っぽい??舗装は地域により違う、らしい。

Photo credit: wareta_tamago on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

舗装の素材は地産地消なのか...そりゃそうか。^^;

【沖縄道路の舗装骨材は石灰石】


乗り物ニュースで紹介されていた、道路舗装の地域差の話が興味深いですよ。

記事によると、沖縄の道路は白っぽく、雨が降ると滑りやすくなるという話をよく聞くそうで(初耳なんですけど...^^;)、それを世紀東急工業(株)が解説しています。

その説明によると、
沖縄の道路では多くの場合、コーラルリーフロック(隆起珊瑚礁石灰岩)と呼ばれる石灰岩が使われており、この石の色が白いことから道路舗装が白く見えます。また、この石はすり減りやすく、車両の走行により舗装面が次第に磨かれてくるため、舗装面が滑りやすくなってしまいます。...

だそうです。

一般道が石灰岩なのか...

さらに、道路のアスファルトについての説明も興味深いです。
道路舗装に使われるアスファルト混合物は、粗骨材(石)、細骨材(砂)、フィラー(砂より細かい粉)、アスファルトを高温で練り混ぜて作られます。アスファルト舗装は、施工直後は骨材がアスファルトに被膜されているのでアスファルトの黒色が目立ちますが、車両の通行が始まりしばらくすると、アスファルトの被膜がむけて骨材の色が目立ってきます。

そんな風になっていたのね。^^;

さらに、
沖縄は川も少ないため、砂利も採取しにくいということもあります。

なるほど。

重量物だけにそうそう他府県から持ってくるのもコスト高になりますしね...

【地域性が色濃く出る道路舗装】


詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、面白いですよ。
骨材は基本その地域で採取されるものを使うことが多いらしく、製鉄工場がある地域では鉄鋼スラグを使ったり、北海道では貝が骨材として使われたりすることもあるそうな。

舗装に使う材料って、重量物が多いので輸送費が結構かかるので、地産地消になるのも解りますね。
勉強になりました。

【関連記事】


職人技...工事看板をきれいに手書きしちゃう人がすごい。

そっちもあるか!?...融雪水使用増加で地下水渇水、地盤沈下の恐れも 富山

年末近くに多発?...今度は新潟で道路陥没、車脱輪で乗車親子けが(2017)

いい地盤の物件を紹介する『Jibangoo』、防災の日を前にリニューアル。(2017)




(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

世界の、建物価格比較を動画でランキングにしてみた映像





関空トップ3入りじゃないですか...年々沈んでるとかいう話なのに...

【姫路城で約810億円するのか...】


ひろぶろで紹介されていた『世界、最も値段が高い建築物比べ。人類が築き上げた建物の価値!!』が、興味深いですね。

では早速どうぞ。5分弱の映像です。



栄えあるトップは...聖地なんですね^^;
いやぁ...高いわ。

【関連記事】


上には上が...爆発の破壊力比べ動画(2017)

怖ぁぁぁ...これだけあればヒトが死ぬ、毒量比較(2017)

一目瞭然! レアアースがなぜ必要か、が一発で解る動画。(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もはや重機の近くにいる必要すらない、と!?...auの5Gで建機を遠隔操作、実証実験成功

03.30 「臺北市106年全民防衛暨2017臺北世界大學運動會災害防救及金華演習」,現場人員連絡調度03.30 「臺北市106年全民防衛暨2017臺北世界大學運動會災害防救及金華演習」,現場人員連絡調度 / presidential office

※イメージ画像です。

こういうのって、セキュリティ的にはどうなんだろか?
回線乗っ取りとかできちゃわないの?

【作業効率が従来の無線LAN使用時よりアップ】


ケータイWatchの伝えるところによりますと、KDDI、大林組、日本電気(NEC)が、5Gの特徴のひとつである「高速・大容量」を活かし、4K解像度の3D映像を利用して建機を遠隔操作する実証実験に成功したと発表した、とのことです。

記事によりますと、今回の実証実験では、現場で撮影した3D表示用の4K解像度の映像を5Gの28GHz帯で伝送することで、遠隔操作室において、3D表示用モニターで4K解像度かつ裸眼立体視が可能な映像を表示、これにより従来の遠隔操作よりも作業効率を改善するのが狙い、だとのことです。

記事に実際の動作映像が掲載されていたので、こちらでも貼らせて頂きます。
記事には2本動画があります。




【リアル災害現場ではどうなんですかね...】


実証実験なんで、割りと近いところから操作してるんですが、瓦礫の山の隣にブースを構えて砂埃が舞うところでやるとどこまで出来るんだろうか?というのが気になりますね。

記事にも実際、これからの労働人員不足に対応すべく、東京から全国の災害現場で作業というのを見据えている、と伝えられてますね。5G回線だとそれが可能なんだとか。

今後さらなる実験での進歩に期待ですね。

【関連記事】


ちょっと面白い試み...京大が研究テーマのガレージセールを開催。

形は大事...色んな形の防波堤実験

リアルに使えそうなワイヤレス充電が世界最大の家電見本市「CES」に登場した、らしい。

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発

M9.0でも大丈夫!?塗って耐震を強化するコンクリート、カナダで実用化へ


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

職人技...工事看板をきれいに手書きしちゃう人がすごい。




まっすぐ線が引ける人は尊敬する^^;

【ひとが書いてるところがすごいんですよね。】


temita.jpで紹介されていた、工事現場なんかに設置される看板の字を手書きする職人さんがすごい、と話題です。

では動画をどうぞ。



字がみみず級にひどい筆者としては、まっすぐ線が引けるというだけで尊敬してしまいます^^;
このバランスを手書きしてしまうのは、才能ですかね...

【関連記事】


クラウド化でいいんじゃないかと...土木工事書類スリム化ガイド作成 関東整備局

海外にもあった!穴を掘る国際大会『国際墓掘り競技会』(2017)

仕事は楽しくないとね...海外の職人さんのコンクリート整形術が楽しそう。(2017)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジオ波で土砂災害予知システム、呉高専の学生考案

パクチョンのラジオ裏パクチョンのラジオ裏 / JIRCAS

※イメージ画像です。

最近の学生さんはすごいな...

【発想がすごい...】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、呉高専の学生が、ラジオ放送を活用した土砂災害早期予知システムを考案し、国の支援事業に選ばれた、とのことです。

記事にその原理も説明されていますが、一部引用させて頂くと
山肌で反射する電磁波から土砂に含まれる水量の変化を計測し、土砂崩れの危険度を判定する。

だそうです。

実証実験で有効性が証明されれば、災害予知への活用が期待できる、と記事は続けています。

【電波の特性を活かしたアイデア】


電波で土中水量を計測とか、どっからそんな発想が出て来るんでしょうか...すごいわ^^;。
しかも構想としては、自宅で土砂災害の危険度を判定できるシステムを構築したいとか...これが実現するとかなり人的被害を軽減できますね。

今後の研究に是非期待したいです。

【関連記事】


ちょっと面白い試み...京大が研究テーマのガレージセールを開催。

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発

人材難のこれからは”自己修復系”が必須...というお話

ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

M9.0でも大丈夫!?塗って耐震を強化するコンクリート、カナダで実用化へ(2017)


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする