2017年02月24日

スターウォーズのアレが現実に!露製ホバーバイクがかっこいい!




むき出しのプロペラはちょっと怖いけど、こりゃすごい。

【まさにスターウォーズのアレだ!】


IRORIOで紹介されていた、ロシア製ホバーバイク『スコーピオン3』がかっこいいですよ。

とにかく動画をどうぞ。100秒ほどの映像です。



【マツコ・デラックスでも乗れちゃう!?】


記事によりますと同ホバーバイク、オフロードバイクとほぼ同じ大きさで最高時速はおよそ50km、高さ10mまで飛行可能なんだとか。また最高120kgの荷物まで運ぶことができる、と記事は続けているので、マツコ・デラックスでも乗れちゃうってことですかね?

ただ気になるのは、120Kgのものを積んで高さはどこまで上がれるのか...^^;
よくマンガであるように120Kgのものを積んだら、地上10センチぐらいのところをノロノロ移動してたら、(≧m≦)ぷっ!ってなっちゃいますね。

映像を見る限り、かなり安定して浮遊してるので、個人的にはオートバイなんかよりずっと安全な乗り物に見えてしまうのですが...^^;
動画では結構豪勢なBGMを付けてるので、よくわかりませんが、すごい音してそうですけどね^^;

山の中とか、こういうの乗って滑空してみたいものです。
市販レベルだそうなので、今後の開発が楽しみですね。

【関連記事】


人類ヤバイ...ここまで出来る最近のロボット

目からウロコ、片道切符か...最新ドローン研究は”使い捨て”

日本でサービス開始近しか!?経産省、ドローンで12km先に荷物を届ける実証実験に成功

マジでやってたのか!?ドミノ・ピザ、トナカイ配達プラン2016のその後...(2016)

ダメ人間製造機っぽいが...これじゃない感満開の『浮遊するハンモック』(2016)

保険適応してほしい!足首骨折したときのハンズフリー松葉杖【iWalk2.0】(2016)

これは実用的だ!アームのついたドローン登場、10kgの荷物を運べる。(2016)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土中の水量で土砂「滑る前」に危険予測 静岡大 センサー開発


Photo credit: ubcmicromet via Visualhunt.com / CC BY

※イメージ画像です。

NECがやってた奴とはまた違うんですかね?...確かあちらも水分量をチェックするタイプだったと思うんですが...

【土中に発生させた電圧の強弱を調べる】


静岡新聞SBSの伝えるところによりますと、静岡大工学部電気電子工学科の二川雅登准教授が、土砂崩れの予兆となる土中水分量の変化を調べる小型センサーチップを開発した、そうです。
同センサーでは、斜面の「滑り始め」を観測する従来の予知計測とは異なり、土に含まれる水分量によって「滑る前」の危険度を調べることが可能だそうです。

【小型化、低電力化で少量の水量でもOK】


さらに、記事によりますと
大規模集積回路(LSI)の技術を応用し、面積を従来比で約8割減と大幅に小型化させた。消費電力も約3割削減したことで、電池で長時間の駆動が可能になった。計測に不必要な電圧は検出せずに除去する構造も開発し、少量の水分でも正確に把握できるという。

と続けています。

すでに実証実験をはじめており、3年をメドにデータの蓄積を行う模様。将来的には農業や地下水の確保への応用も視野にいれているようです。

こういうセンサーで、水分量あと何%で滑りはじめる、とかスマホにアラートが来るようになれば、かなりお役立ちですね。

実用化まではちょっと先になりそうですけど。

【関連記事】


南砺市利賀村のスキー場跡地で発生した地滑り、警戒センサー反応

技術の無駄遣い...m&m'sをきれいに色分けする機械を作ってみた件

AR技術で半径300mの地盤情報が解る...『じぶんの地盤』

確かに解りやすい...国土地理院2016年度「防災アプリ大賞」に輝いた『ハザードチェッカー』

パターンマッチング技術で、熊本城の石垣の早期復旧に期待(2016)

なぜ介護の展示で^^;...地すべり感知杭を展示 リプロ(2016)


(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!






posted by ケイエフ at 08:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

軽量・コンパクト、だが強靭な折り紙ヒントな防弾シールドがかっこいい。




どこかで見たことある感じだと思ったら、宇宙空間で人工衛星なんかがソーラーパネル広げたりするのに、こんな技術使ってましたよね。(^^)

【軽量・コンパクトだが強靭】


小太郎ブログで紹介されていた防弾シールドがいい感じです。
折り紙をヒントにして作られたらしい、この防弾シールド、機動性に優れています。

動画をどうぞ。2分ほどの映像です。



【折り紙技術は重要かも...】


銃弾を受けるにはペラペラな気もするんですが、テスト映像ではちゃんと受けとめてますね^^;。
すごい...素材もすごいってことか?

モノをコンパクトにする、という意味では折り紙の技術は色々役立ちそうです。

【関連記事】


銃身の螺旋の意味がよくわかる...凍った湖に向けて銃をぶっ放すと...(2016)

【無駄にすごいシリーズ】見よ!これが日本の技術力だ!...折り鶴を電磁石で踊らせてみた件(2015)

かなり無理があるが、落石にも対応!?...ドイツ生まれの頑丈な傘『EuroSCHIRM(ユーロシルム)』(2014)

防弾皮膚!?弾丸を止める人工皮膚の研究が進んでいるらしい。(2013)

これはいい!動きの早い虫でも瞬殺できる【Bug-A-Salt】(2012)

動力のほとんどは太陽光、宇宙凧「イカロス」5月打ち上げ(2010)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!






posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

”地すべり”と”地すべり性崩壊” 日経コンストラクションの解釈




うーむ...なんというか...^^;

【富山県のスキー場跡地で起きた災害の現象】


日経コンストラクションサイトに『土砂が滑っても「地すべり」ではない?』という記事があります。
通常、同サイトは会員登録しないと記事の一部しか読むことができないようになってたりしますが、本記事は誰でも読めるように設定してあるようです。

で、その主旨は...先日、富山県のスキー場跡でおきた土砂災害が各種の報道で”地すべり”と報じられているが、業界的には厳密には”地すべり”ではなく、”地すべり性崩壊”だ、ということを伝えたい、んだそうです。^^;

【では、何が違うのか?】


誰でも読めるよう設定してくれてるようなので、詳細は記事を読んで頂けばよいかと思うのですが、記事よりその違いを一部引用させて頂きますと、

地滑りとは
「土地の一部」(地すべり等防止法2条1項)と言えるような巨大な土塊が、傾斜の緩い斜面を比較的ゆっくりと流れる現象のことだ。なお、国土交通省所管の地すべり等防止法や土木研究所では、「地滑り」ではなく「地すべり」と表記する。

で、

「地すべり性崩壊」とは
土木研究所の雪崩・地すべり研究センターに問い合わせると、「一般的な斜面崩壊に比べて面積や深さが大規模。斜面崩壊と地すべりの中間のような現象」

なんだ、そうです。

地すべり等防止法というのがあるんですね^^;...知りませんでした。
法律がある以上、”地すべり”という言葉にはちゃんとした定義があるんでしょうね。ならば、できればちゃんとした意味で使わないといけないのかもしれません...

【でも、難しい...^^;】


しかし、業界で土砂災害の対策を考えたり、補強工法を考えたりする場合には必要かもしれませんが、一般人がニュース見る分には、見た目の印象(どんな現象が起きたのか)が判ればいいので、そこまで厳密に考える必要もないかと...^^;

ただ、そういう意味では、明確な違いが一発で解る名前の付け方してほしいですけどね^^;。
地すべり、地滑り、土砂崩落、土砂崩れ...なんか、似たような名前ばっかでは区別がつきません。

そんな、話でした。^^;

あ、そういや、子供の頃、山崩れとか言ってた記憶があるんですが、そんな言い方、今ではほぼしませんよね^^;

【関連記事】


南砺市利賀村のスキー場跡地で発生した地滑り、警戒センサー反応

スキー場で土砂崩れ 富山県南砺市

豪雪地帯は注意を...雪の影響で土砂崩れ 京都

運転中、土砂崩れに巻き込まれると、こうなる、という映像

のり面保護工事施工外部分だった...佐渡一周線で土砂崩れ 新潟

世界最大の津波はアラスカの524メートル、地滑りで起こる”津波”の映像(2016)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!








posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

少なくとも発症2日は誰かが側に!...やっぱインフルエンザは怖い。


Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via Visualhunt.com / CC BY

※イメージ画像です。

厚労省から医療関係者へ通達が出てるぐらいだから、かなりヤバい。

【薬のせいではない??】


インフルエンザが猛威を奮っておりますが、インフルエンザと言えば一部の薬を飲んだところ、異常行動を示し窓から飛び降りた、などのニュースが流れてかなりビビった記憶があります。
しかし、どうやら薬のせいではないようです。

厚生労働省が注意喚起しており、同省のサイトに『平成 28 年度 インフルエンザ Q&A』がありますが、そこから一部引用させていただくと、
Q.14:タミフル服用後に、異常行動による転落死が起きている等の報道が以前ありましたが、現在はどのような対応が行われているのですか?

A....(前略)...タミフルの服用と転落・飛び降り、又はこれらにつながるような異常な行動や突然死等との関係について、平成 19 年 4 月以降、薬事・食品衛生 審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(以下「安全対策調査会」という。)において調査・審議を行い、副作用等報告、非臨床試験(動物実験等)、臨床試験、疫学調査等の結果を検討してきました。平成 21 年 6 月の同調査会において、

タミフルと異常な行動の因果関係について、疫学調査の解析結果のみから明確な結論を出すことは困難であると判断された。

・タミフル服用の有無にかかわらず、異常行動はインフルエンザ自体に伴って発現する場合があることが明確となった。...


さらに、

Q.15:タミフル以外の抗インフルエンザウイルス薬を使用した場合にも、異常行動(急に走り出す、ウロウロする等)は起きますか? 医薬品を服用しない場合にも異常行動が起きる可能性はありますか?

A.抗インフルエンザウイルス薬には、タミフルのほかにリレンザ、ラピアクタ、イナビル、シンメトレル等の医薬品がありますが、これらの医薬品の服用後にも、急に走り出す等の異常行動の発生が認められています。...


とあり、薬の影響で異常行動を起こすわけではなさそうです。
つまり、インフルエンザにかかっちゃうと、
○異常行動の例
・突然立ち上がって部屋から出ようとする。
・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。
・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。
・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。
・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。

という行動を起こすことがあるようです。(必ずしもこのような行動をとる、わけではないようですが。)

怖いガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ...特に小さいお子様、未成年がいらっしゃるご家庭では用心してあげないといけません。

【かからないようにするには...】


こうなると、インフルエンザにかからないのが一番(当たり前なんですが^^;)なので、どう予防すればよいか?となるわけですが、これも、先のQ&Aの9番目に記載されていますが、ざっくり引用させて頂くと、

1) 流行前のワクチン接種
2) 飛沫感染対策としての咳エチケット
3) 外出後の手洗い等
4) 適度な湿度の保持
5) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
6) 人混みや繁華街への外出を控える


となります。まぁこの辺りは流行りの風邪対策とほぼ同じですが...

あと、かかってしまったら、しんどくても無理やりでも栄養や水分を取ることが大事だそうです。
厚生労働省のサイトには、『平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について』という特設サイトも設けられているので上記のQ&A同様、参照して自己防衛しましょう。

季節の変わり目に来てるのか、このところ、気温の変化が激しいので体調を崩しやすい時期です。
体調の管理はしっかり行いましょう。外出先から帰ったら、しっかりうがい手洗いを心がけましょう。

( ゚д゚)ハッ!...花粉症の人はダブルパンチですね。

【関連記事】


作業時の安全は十分に...鳥インフル処分穴でのり面崩落 穴新設 岐阜

そろそろ準備を!この冬は1073R-1乳酸菌でインフルエンザ予防(2011)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!






posted by ケイエフ at 13:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不均衡が強さを生む?...古代ローマの技術でコンクリートの強度が2倍に。


Photo credit: David McKelvey via Visual hunt / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

過去に何度か扱いましたが、今回のお話は何か混ぜものをして、とかそういうのではないようです。

【欠陥が強さを生み出す。】


Wired.jpの伝えるところによりますと、テキサス州ヒューストンにあるライス大学で材料科学を研究しているルズベー・シャハサヴァリ氏およびその研究チームがセメントの分子構造に、ある“欠陥”をもたせると、強度が高まる可能性があるという研究結果を『Applied Materials and Interfaces』誌に2016年12月23日付けで発表した、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり掻い摘んで言うと、ローマン・コンクリートに含まれているトバモライトと呼ばれる結晶を調べてみたら、「螺旋転位」と呼ばれるねじれた結晶の欠陥(格子欠陥)があることに気づいてた、そうです。

そして、
研究チームがトバモライトのモデルに圧力をかけるシミュレーションを行ったところ、ねじれた欠陥によって圧力が結晶の端に分散され、一般的なコンクリートのように圧力が吸収されて亀裂が入ることはなかった。

と記事は続けています。

【一石二鳥なコンクリート】


このコンクリートが実用化すれば、二酸化炭素排出量を低減できるので一石二鳥というわけですね。
うまい具合にトバモライトの螺旋転位というねじれた結晶の欠陥をコントロールできれば、軽くて強い構造物を作ることができるので、今後の研究に期待です。

【関連記事】


老朽化トンネルをトンネルで補強...静岡県熱海土木事務所

ペンキの次はコンクリートか...万里の長城、コンクリートで修復される..._| ̄|○...

石灰+火山灰が鍵 ローマン・コンクリートの強さの秘密(2013)

古代ローマ人は最先端?『超コンクリート』のお話(2009)

これはすごい!新形状記憶素材『スーパーポリマー』が見せる未来のチカラ(2016)



(株)ケイエフの補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

なんという度胸...インドには高飛び込みして遊ぶサルがいる。




やっぱ、神の化身なのか??

【自ら登って飛び込むとは...】


ひろぶろで紹介されいたインドの猿ちゃんがエクストリームですよ。

アカゲサルという種類の猿らしいですが、電灯の上によじ登ってそっからダイブ。
しかも、これが結構な高さだったりします(T_T)

動画をどうぞ。1分少々です。



動物は時折、我々の想像を超える遊びをしますが、やっぱ、これも遊びなんですかね?^^;

【一方その頃、人間のイケメン様は...】




同じくひろぶろで紹介されてました(≧m≦)ぷっ!
がんばれ!野郎ども!
彼女、かわゆす(〃∇〃)...性格よさそうですね。

【関連記事】


なんぞ、これ!?...ダム?の上から水面下にいる魚をボウガンで獲る『ボウフィッシング』

とりあえず、楽しそう(^^)...学園祭で廃材利用のジェットコースターを作ってみた件(2016)

わんこ用永久機関完成する...てか、わんこがかわいい(〃∇〃)動画(2016)


緊張?恐怖?それとも失神?...絶叫マシンにビクともしない無表情男が激写される。(2015)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それ、国が認めた方法なの??...ある鉄網会社のセーフティ試験方法




海外の、あまり裕福ではない国の人たちというのは、時として突拍子もないことをしますね^^;

【安全は我が身で証明】


小太郎ブログでまたまたエクストリームな映像が紹介されいました。^^;

とあるセーフティネット施工会社の安全確認方法が、かなりエクストリームです。
動画をどうぞ。25秒程度です。



【しかも、結構な勢いで...】


万が一、施工が悪く落ちたらどうするつもりなんでしょうか^^;
さらにはポロシャツとハーフパンツという実に軽装なイデタチ...傷も耐えないかと...(T_T)
ブラックですね(T_T)

【関連記事】


災いはどこから来るか、解らない...を実感する映像が撮られる。

重要だけど、難易度高すぎなサバイバル用ホイッスルDIY動画

フルハーネス原則化 厚労省 高所作業の安全帯、作業員特別教育も義務付け

侮れない...TED『なぜヘルメットで脳しんとうは防げないのか?』


(株)ケイエフの、法面の安全ネット あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

これは楽しみ!世界初、人工的に『星降る夜』を演出するプロジェクトが進行中。




”2019年、すべての人が上を向く日”。
かっこいいですねぇ。これは楽しみです。

【人工衛星から”流れ星の種”を放出】


9ポストで紹介されていた、『Shooting Star Challange』というプロジェクトがいい感じです。
人工衛星に”流れ星の種”になる金属を詰めて宇宙へ、そして地球に向けて放出すると大気圏で燃焼して人工的な流れ星による”星降る夜”を演出しちゃおう、というプロジェクト。

しかもその金属は燃焼によって色が変わるように仕込み、夜空に色とりどりの流れ星が流れる、まさに”星降る夜”というビッグイベントが展開されるわけです。

説明動画があるのでどうぞ。英語ですけど。(でも、プロジェクト自体は日本発ですよ^^;)



これは是非見てみたい。
成功すれば、直径200kmの範囲で人工流れ星が見れるようです...ぐぬぬ、大阪からでは見えないか(T_T)

【関連記事】


年末年始に気になったニュース その4

フリーザ様かよ!?...直径500kmの隕石が直撃するとどうなるか、のシュミレーションCG(2016)

母船が出てくるんじゃ!?...コロンビア上空に不気味な積乱雲が出現(2016)

これは生で見てみたい!空中で球体になる雷『球電』(2016)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老朽化トンネルをトンネルで補強...静岡県熱海土木事務所


Photo credit: umelog via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像

びっくりした...トンネルの歩道部分にトンネル作るのかと思った^^;。
これでも珍しいそうです。

【トンネルをトンネルで補強】


伊豆新聞の伝えるところによると、県熱海土木事務所が伊東市玖須美元和田で、国道135号バイパス下をくぐる歩行者用トンネルの整備工事を進めており、その方法が、既設のトンネル内にコンクリート製の新たなトンネルを設置する珍しい工法を採用した、とのことです。

高さとか幅とか大丈夫なんでしょうか?...強くはなりそうですね。^^;

【他工法に比べ三分の一】


既存のトンネルを補強した上で周辺の地盤を改良する場合、約9千万円かかるが、この方法だと、総事業費3500万円で済み、通行止めも10日間で済む、そうです。

こういうやり方は業界では珍しいんですかね?...
それにしても、昨年秋あたりから、あちこち道路やのり面補強構造物の老朽化のニュースを割りと目にすることが多くなりましたね。

そろそろあちこちガタが来てる(同時期に作られたものが多いということですかね?)感じでしょうか。
モルタルやコンクリートを補強する繊維を弊社は多数扱っております。是非一度弊社のサイトをご覧頂ければ幸いです。

【関連記事】


スウェーデンの奴とは別?...理化学研究所、化学的に蜘蛛の糸を合成する方法を開発

軽くて丈夫な竹で新素材 ”セルロースナノファイバー”生産が本格化

雪の影響とかあるんですかね?...トンネル工事現場で岩盤崩落 ひとり死亡 北海道


(株)ケイエフののり面モルタル補強用繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする