2018年11月20日

なんのために!?...ハリウッドばりの特殊メイクがお手軽に、顔をDIYするのが世界的に流行中





どんなに顔を作ってみたって、いつかは素顔がバレるわけですし...

【鼻や顎を伸ばすWaxで形成】


恐ろしい世の中ですね...
カラパイアで紹介されていたのですが、以前から中国女子の顔面DIY動画が話題になっていましたが、今やそれが世界規模で流行しているらしく、こぞってインスタにアップされているらしい。



記事にインスタグラムにアップされた各国女子の顔面DIY動画が掲載されているのでご覧になるとよいかと思いますが、まぁすごいですね^^;

この顔面DIYは、記事によると、
舞台化粧用品ブランド・ベンナイ(Ben Nye)のノーズ&スカー・ワックス(Nose&Scar Wax)など、特殊メイク等に使われる粘りけのあるワックスを用い、理想の鼻を自ら形作るというものだ。

だそうです。

ネットでぐぐってみると、約6000円ぐらいで手に入る模様。

使いようによっては犯罪にも使えてしまうので怖いですね。
ただ、怪我の跡を隠したいとかにはかなり有効なアイテムでもあります。

それにしても、日常的にハリウッドの特殊メイクみたいなので歩かれたらもはや何を信じてよいのやら、と...上辺ばっかりきれいにしてもどうしようもないと思うんですけどね...


【関連記事】


いやいやバレバレやと思う...ヤクルト製作の『ハイテク早弁大作戦』が面白い。

腐女子、狂喜乱舞!? 21世紀の白雪姫の鏡『Novera』爆誕


魔法の鏡も科学技術を使えば可能...笑顔にならないと映らない鏡


いろいろ大丈夫か!?...新品コスメを一週間無料で使える『HowTwo(ハウトゥー)』







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市営住宅そばののり面が長さ30mに渡って崩壊 改良工事中だった 倉敷 



※画像は山陽新聞digitalの動画よりキャプチャさせて頂きました。


法面改良工事中というところが気になりますね。

【工事箇所と崩れた箇所がほぼ一致】


山陽新聞digitalの伝えるところによりますと、倉敷市船穂町船穂の市営住宅「才ノ神グリーンパレス」(31世帯80人)そばにあるコンクリート製のり面(高さ5・5メートル、全長100メートル)が16日未明、長さ約30メートルにわたって崩れ、住民が一時避難していたことが分かった、とのことです。

記事によると、住宅、ヒトに被害は出ていないが、当時は数日前から、のり面前の地面を1メートルほど掘り下げており、崩れた箇所とほぼ一致する、と市の見解を伝えています。

【工事中に雨でも降った?】


工事の期間中に雨でも降って地盤が緩んだんですかね...早いとこ対応しないと画像を見る限り上部に民家があるので崩壊が進むと住宅に被害が出そうです。

しかも倉敷といえばこの7月に西日本豪雨で被害が拡大したところなので、ほかにも影響の出てるところがないとも限らないですし。
これから年末を迎えるので、今のうちに不安材料は取り除いておいてほしいところです。


【関連記事】


やっぱハザードマップは有能...真備町の水害がハザードマップ通りだった件

雨水を流す工事の最中だった...市原市で幅50m、土砂崩れ発生


こんなんアリなの?...国道305号の土砂崩れ現場に『コの字型』の仮設道路 福井県

林道寸断...河内川沿いの斜面で大規模土砂崩落 山梨

開発業者が倒産...台風被害の近鉄沿線のり面崩落災害、復旧は住民で負担1億円



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

建築系設計者必見!?...魅力的なクソ物件を愛でる「クソ物件オブザイヤー2018」が面白い。





業界人はご存知なんですかね?^^;

【今年見つけたクソ物件の総括?】


年末が近づいてきたので、そろそろまとめ記事がではじめる季節ですが、建設業界には『クソ物件オブザイヤー2018』なる年末ネットイベントがあるようです。

Gigazineがこれを取り扱っています。
業界の方はご存知ですか?

そもそも『クソ物件オブザイヤー2018』とはなんなのか?というと、Gigazineの言葉は引用させて頂くと、
想像の斜め上をいく不動産「クソ物件」の最高峰を競い合うショーレース

だそうです。
正しくは?同イベント公式サイトでご確認ください。^^;

Twitterに『#クソ物件オブザイヤー2018』と入れて検索すると、エントリーされる物件が見れるようです。
これがなかなかおもしろいですよ。^^;

例えば...




こんなんとか...





こんなんとか...

クソ物件オブザイヤー2018のエントリー期間は2018年11月14日7時30分から11月19日13時まで、だそうです。あ、終わっちゃいましたね。^^;
詳細は公式サイトでご確認ください。

茶化してネタにしようというのもありますが、作り手の方は是非参考にしていただき、住みよいお家をひとつでも多く世に送り出して頂きたいところですね。

ただ、いいものは高いので庶民は手が出ないでしょうけど...あ、そんでクソ物件を選ばざるをえなくなるんですかね^^;



【関連記事】


11月18日は土木の日ですし...「阪神高速×土木」展@大阪・心斎橋 11/20まで

他薦のほうが面白いかも...アノ会社が仕掛けるブラック企業体験イベント『THE BLACK HOLIDAY(ザ・ブラックホリデー)』

フードロス解消BtoBプラットフォーム、6月始動『tabeloop』

日本もやればいいかも...限られた素材でできるだけ頑丈な橋を作るイベント ニュージーランド

KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)2018に行ってきました。




(株)ケイエフのモルタル吹付け補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドボジョ19人が2019年のカレンダーに...島根県



※画像は、2016年の同カレンダーの申込用紙からキャプチャさせて頂きました。


”ドボジョ”にスポットライトが当たっているのはよいことですね。

【土木作業着のファッションショーも...】


中国新聞アルファの伝えるところによりますと、官民でつくる『しまね建設女子魅力向上委員会』が島根県内の土木・建築分野で活躍する女性たちをモデルにした2019年版のカレンダーを製作した、とのことです。

今年で6年目だとか。

数年前から各方面で話題となっている”ドボジョ”ですが、宮崎県では高校生らがデザインした「新しすぎる」作業着を、プロのモデルが着用し披露するファッションショー「未来をデザインしてみよう〜土木とファッションが出会うとき〜」が土木の日である11月18日に開催された、とひなた宮崎経済新聞が伝えています。

【男臭い業界が華やかになるのはよいことです。】


野郎一色の世界に女性が入ることで色んな課題の発見や改善がなされ、業界の活性化、進歩に繋がるのでよいことではないでしょうか。
ファッションといえば、最近ではワークマンの作業着がおしゃれでリーブナブル、かつ高機能で主婦や若い女性が店舗に押し寄せている、というニュースもありますしね。(FNN Prime

若いヒトが入りたくなる業界になればいいですね。


【関連記事】



KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)2018に行ってきました。

これはこれでどうなんだろ??...ドローンがある国のあるイベントで活躍中、らしい...

ちょっと強引?...県発注工事に女性登用義務 秋田(2017)

働き方改革本格化か...日建連・週休二日推進本部実現計画案を承認、周知アイテム作成も(2017)


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

ますます怪しい世界が...スマホひとつでVTuberになれるアプリ「GooMe」先行体験募集中





どんどんよくわからない世界が展開されていきますね(((*≧艸≦)ププッ

【モーションキャプチャでネット上に分身をリアル配信】


CNET Japanの伝えるところによりますと、トライフォートは11月13日、スマートフォンひとつでバーチャルタレントとなり活動ができるライブ配信アプリ「GooMe」を発表。ベータ版を11月下旬から提供予定で、先行体験の募集を開始した、とのことです。

どういうことが出来るかというと、
 このアプリでは、AIによるリアルタイムモーションキャプチャや3D変換技術を活用することにより、顔の表情のみならず体の動きもバーチャルタレントに反映させて表現が可能

だそうで、つまり、自分の動きをバーチャル上に作ったキャラに反映させることができ、ライブ配信できると言うわけです。

実際のデモ映像がこちら。


※映像はケータイWatchさんの映像です。


ネット上に顔は晒したくないけど、ネットアイドルしたいとか身バレしないで色んなことをライブ配信したいヒト向けのアプリです。

現在先行体験者募集中のようですが、先行体験版アプリは、iPhone X、iPhone XS、iPhoneXS Max、iPhone XR(iOS 11.2以上)で利用可能、とあるのでAndroid端末では登録できないようです。


【ますますネカマが捗るな!】


えらい時代ですね...モーションキャプチャがこんなに手軽に使えるようになるとは...
そのうち、映画一本スマホで作りました!みたいなのが出来るようになるかも(すでにやってるヒトはいてそうですが^^;)

こういうアイテムを見ると、ティーン・エイジャーなかわいい女の子が使いそうなイメージですが、かわいい2次元キャラの裏はおっさんだったりする、というおぞましい世界が往々にして展開されているので、どうなんでしょうか、それ?と思ってしまいます(((*≧艸≦)ププッ

ただ、使いようによってはこれはなかなかよいアイテムとなりそうです。特に教育現場で威力を発揮しそうですね。
使い込んでたらパケ死しそうですが。

よい週末を。

【関連記事】


読書の秋!AIさんに選書してもらっては?近大発『SNS書籍診断』は誰でも利用可能

鍵をかけれればなおよしなんだが...動く写真が作れる『Lifeprint』発売

もうこういうので統一しようよ...スマホで履歴書を作成&共有できるサービス「Proff」ベータ版

SF映画の世界がもうそこまで来てる...ASKA3Dという空中に投影できる実ボタンがすごい。

これは楽しそう...佐賀県立博物館の『すごいぞ! ボクの土木展』





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーローダーだ!エイリアン2に出てきたパワーローダーみたいなのが開発中。




まんまエイリアン2ですね。^^;

【見た目に実用的っぽい。】


ATOUN社が開発中のパワードスーツが映画『エイリアン2』に出てきたパワーローダーっぽいです。

同社の公式Twitterで公開されていたパワードスーツの重量挙げ映像。
これを見てると、もう2,3年で工事現場や倉庫で稼働してる姿が容易に想像できますね。




色んなロボットが世の中のニュースを騒がせてますが、なんだか一番実用的っぽい感じがします。
(映画『エイリアン2』の影響かも??^^;)

ちなみに、同社ではこんなロボットも開発中のようです。




人手不足に悩む重労働必要業界には期待の開発ですね。


【関連記事】


ちょっとキモいが有能っぽい...メイド・イン・ジャパンなヘビ型ロボットがすごい件

アトラスくん、今度はパルクールに挑戦するの巻

ついにボストン・ダイナミクス社のロボわんわん、東京の現場で試験走行をはじめる。

日本もここまで来てる!産総研、重労働対応ロボ『HRP-5P』を開発


ジョジョのスタンド能力っぽい!?...全自動で構造物を淡々と作るFiverbotがすごい。



(株)ケイエフのあんえいロリップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

いやいやバレバレやと思う...ヤクルト製作の『ハイテク早弁大作戦』が面白い。





しかし、近い将来、もっと小型軽量化したアイテムを高専あたりの学生さんが作って、実践してそう。

【動画の真意は朝食の重要性】


IRORIOで紹介されていた、ヤクルト製作の『ハイテク早弁大作戦』な動画が面白いです。

同動画はヤクルト本社が10月に、「ジョア」のプロモーションとして、WEB動画「HAYA-BEN HACKERS」という形でアップしたものですが、動画に込められたメッセージは、
朝食を抜く若者が増えている中、ジョアで手軽に栄養補給をしてほしいとの思いから、動画を制作しました。

だそうです。



廊下からアンパンが飛んでくる装置なんて、設置してる段階で先生にバレちゃいますよね(((*≧艸≦)ププッ

昔、フランス映画で『ザ・カンニング IQ=0』というコメディ映画がありましたが、あの映画を彷彿とさせるバカっぷりです。

ちなみに、農林水産省のサイトに朝食を食べることの重要性がまとめられているので、どうぞ。
お米のご飯が朝食によい理由がちゃんとあったのですね...知りませんでした。

朝食、食べてます?

【関連記事】


いやいや、さすがにネタでしょ!?強盗の現場で状況を無視するスマホ中毒者現る。ブラジル

ヘタな映画よりおもしろい!イグアナが蛇の群れから脱出する映像

アトラスくん、今度はパルクールに挑戦するの巻

うっかりするとすべてを失う...中国の試験無人食堂のゴミ捨てシステム





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏に貯めたエネルギーを冬使う、みたいなことが出来る?太陽熱燃料を開発 スウェーデン

SunSun / haru__q

※イメージ画像です。

10年以内って...そんなレベルで進むんですかね...

【太陽熱を最大18年間保存】


Newsweekの伝えるところによりますと、スウェーデンのチャルマース工科大学の研究チームは、最大10%の太陽スペクトルを吸収し、触媒反応によって熱エネルギーを放出する、液体の光応答性特殊構造分子「太陽熱燃料(STF)」と、これを活用した「太陽熱エネルギー貯蔵システム(MOST)」を開発した、とのことです。

詳細は記事を読んでいただければよいかと思います(図解もあるので)が、このシステムの原理を記事から引用させて頂くと、
「太陽熱エネルギー貯蔵システム(MOST)」では、炭素、水素、窒素からなる「太陽熱燃料(STF)」に、建物の屋根などに設置した太陽熱集熱器で集めた太陽光を当てると、同じ原子で構成しながら、その結合や配置が異なる「異性体」となり、太陽光から得たエネルギーを長期間にわたって安定的に保持する。エネルギーが必要になったら、コバルトフタロシアニンを触媒として、この「異性体」を反応させると、温度が63.4度上昇して元の分子に戻る仕組みだ。

なんだか、さっぱり解りませんが、どうやら別の形にして使う段階で何かと反応させて熱量を増やす、みたいなイメージでしょうか...

同システムでは太陽熱を最大18年間貯蔵できるんだそうで、10年以内の実用化を目指して研究中だと記事は続けています。


【実現すれば色んな問題が解決しそう】


概要だけ聞いてると凄まじく画期的なシステムですが、実現するんでしょうか?
自然界の生み出す、あるいは太陽のように宇宙から降り注ぐエネルギーはものすごいポテンシャルを持っているわけですが、それを人間の生活にダイレクトに使えるようにするには結構な労力とコストと時間が必要なわけです。

太陽熱を貯蔵できるようになれば、夏のギラギラエネルギーを冬まで蓄えて、豪雪地帯や道路の凍結なんかを溶かすのに使えたり暖房に使ったり出来るので、こんなによいことはないですね。

しかし、こういった夢のような研究の実用化は結構な時間がかかるので、生きてる間に実現できるかどうか...


【関連記事】



実用化するのか?と思うほど道のりは遠いような...尿レンガ、常温で製造成功

もはやミクロの決死隊の世界...液体フィルターがすごい

設置場所の問題だと思う...平成30年7月豪雨災害が浮き彫りにする「太陽光エネルギー」という人災

これは是非採用すべき!...10うんちで2時間点灯、わんこのうんちを燃料に街灯発電


(株)ケイエフの植物誘導吹付工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

分からんわ...狩猟民族必須アイテム使用によるカモフラ術がすごい。





見た目、全然分かりませんよね^^;

【かくれんぼしても面白いかも】


小太郎ぶろぐで紹介されていたカモフラ術映像が、まさに光学迷彩並の溶け込み方です。

どうやらカモフラ術用アイテムの商品使用例的な動画なのですが、これがお見事です。
まぁ、その風景にある材料を使ってのカモフラなので、溶け込みやすいでしょうけど。

どこにいるか、わかりますか?



そして、このように化けるためのアイテムがこちら。



こんなタイソウなアイテム、わざわざ購入する??って思ったんですが、普通のゴムバンドとかだとうまく付けられなかったり、ズレたりしそうですし、都度都度お手製で作るのも面倒なのでやっぱりいるんですね、プロ狩猟民族は。^^;

日本でもマタギや獣害対策用員が活躍する昨今なので、こういったアイテムがあると狩猟がはかどるかもしれません。

”カモフラージュ バンド”とか”カモフラージュ アイテム”でぐぐってみたのですが、おしゃれ小物系しか出てこないですね...日本のネットでは。

やっぱ、必要なのかも。

【関連記事】


スーパーモンスターウルフ、弱点を見つけられてしまう。


オランダで有効なの??...人工ライオン糞臭でシカ対策に挑むオランダ。

ある意味優しい、のかな?...海外のリス対策あれこれ

【ちょいグロ】オイルは最強なのか!?...油とボールだけでねずみホイホイが作れてしまう、件

これはいい!クールだし、便利だし!おされなウェアラブルチェア『LEX』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言われてみれば...墜落するドローンを守るパラシュート『DRONE RESCUE』





なるほど、バッテリー切れとか墜落とか十分ありますからね...

【落下は自動検知】


Gizmodoで紹介されていたドローン用パラシュートがなるほどなアイテムです。

『DRONE RESCUE』という後付のドローン用パラシュート。
記事によると、
ユニットの総重量は200gと軽量で、重さ2〜15kgまでのドローンをカバーするとのこと。

墜落は自動検知で、落下開始から8m以内で開くよう設計されています。降下率は秒速3mとゆっくりで、真っ赤なパラシュートがどこに着地したのか、ひと目でわかるよう目立つ色になっています。

だそうです。

実験動画がアップされているので、どうぞ。




【ドローン測量は国からのお墨付き】


決して安い買い物ではないが、破損のリスクの高いアイテムだけに今後はこういうアイテムが標準装備になるかもですね。
当ブログでも割とドローンネタを取り扱ってきましたが、どんどん進化しており、活躍現場も増えつつありますしね。

大分合同新聞の記事によると、小型無人機(ドローン)と搭載カメラで災害復旧の現場を測量する大分県の研究が、国の主催する研究会で最優秀賞を受賞した、というニュースも流れており今後ますます土木・建築の業界での活用は増えそうだ、と記事は伝えています。

まだまだ耐久性や稼働時間の問題はありますが、ヒトが入れないところや危険箇所、俯瞰が必要なところにはどんどん活用されるでしょうね。
そんなドローンを守る上記のようなアイテムもまた需要が増えることでしょう。

最後にちょっとかわいいドローンを大阪の企業さんが作ってるようなのでご紹介。
@renren_hungry氏がアップされていた”あひるちゃん”ドローン。




こういうのもよいかも(^o^)。

【関連記事】


衝突回避センサー搭載で安全にトンネル内を調査できるソフトウェア『Hovermap』

自動飛行から解析、レポート作成までを自動化...鉄塔を自動点検するサービス「TOWER CHECK」

高度2万メートルから俯瞰できる高高度擬似衛星『ApusDuo』テストフライトに成功

多様化するのはよいかも...土砂災害現場、グライダーで測量 愛媛

課題も多いがまぁ、そういうことですね^^;...ドローン太陽光パネル



環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする