2020年02月18日

出来れば使いたくないが、防刃は日本でも必要かも...防弾ベスト装備のバックパック『RTG Backpack』





銃社会だと、こういうのが日常必要なのかもですね。

【瞬間展開、この仕組は良さげ。】


小太郎ブログで紹介されていた少々物騒なバックパックが、ちょっと物欲刺激です。

防弾チョッキ装備のバックパックです。とりあえず、どうぞ。



銃禁止の日本だと、そうそう必要はないですが、防刃ベスト付きバックパックあたりなら需要がありそう。
というか、それはそれとして、この飛びだすスタイルの仕組は色々応用が効きそうです。

工事現場とかで活躍するアイテムでなんか、できそう。
具体的なものは思い浮かびませんが^^;

ちなみに、この防弾ベストに銃器を仕込んだバージョンアップ版というのもあるようです。



かなり物々しいですね...


【関連記事】


赤ちゃん的にはどうなん、これ??...電通が提案する新しい”イクメン”の形??『FATHER’S NURSING ASSISTANT』(2019)

工事用とか開発してほしい...非ニュートン流体使用のニット帽『A1』(2018)

これはほしい!...スタビライザー付バックパックがまもなくkickstarterにローンチ予定!(2018)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場への空輸、一歩前進か?...カーゴドローンの実証実験開始 大林組とSkyDrive

Drone.Drone. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

※イメージ画像です。

いよいよ土木・建築資材も空輸の時代ですかね・

【実際に現場で使用している品物で実験】


Workmasterの伝えるところによりますと、航空機・ドローン・自動車エンジニアを中心に発足したスタートアップ企業 SkyDriveと大林組が「カーゴドローン」の建設現場における重量物運搬への活用に向けて、共同実施で実証実験を開始した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、今回5つの品物を運ぶ実証実験を行い、実際に現場で使用している品物を運ぶという実践に近い検証の中で、安定飛行ができた、と記事は伝えています。


【法整備、コスト、気象条件など】


色々課題はあるかと思いますが、とりあえず、空輸には成功した、という感じでしょうか。
これがうまく稼働できるなら、孤立集落が出来てしまった場合の物資輸送も可能になりますね。

ただ、法整備の問題やかかるコスト、気象条件など色々課題はあるかと思うのですが。
人手不足が叫ばれる物流業界、重量物もなかなか運んでもらえなかったりしますし、ましては山間部ともなると厳しいものがあるので、今後注目の技術です。

大手運送会社が手をつけるか?と思っていたのですが、意外です。
今後の成果を注視したいところですね。


【関連記事】



ほぼ国産の技術で固めた小型産業用ドローン『Mini』発表 自律制御システム研究所

日本でも導入すべき!国際標準のアイコンを使用してドローンで災害救助要請を認識する『DroneAid』

誰も文句言わないのだろうか...とある大手ドローンメーカーのオフィスがカオスだと話題(2019)




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

気持ちいいけど、副作用がありそう...アメリカン・エクストリーム・農耕





爆破?それともドラッグカーみたいなのでやってるの?

【コストは高く付きそう^^;】


@cocoa_chan17氏がツイートしていた、アメリカンの畑の耕し方、というのが豪快です。

ではどうぞ。



畑っぽく見えないですが、これ、畑なんですかね??

見てて気持ちいいですし、やってる人も楽しいでしょうが、色んな所に影響が出そうで怖いですね。
アメリカはそれでなくとも、シェールオイルの掘削で地震が起こったりしてますしね。

土ほぐしなら、エアースコップを。
岩盤破砕が必要なら、NRCをご検討ください。


【関連記事】


21世紀の痴話ゲンカは、リアル・マトリックスだと話題。(2019)

いやもうネタでしかない...タバコをやめさせたい男とファストフードをやめさせたい男のバトル映像(2019)

カモちゃんのほうがいいカモ...日産、田んぼの雑草対策に『アイガモロボット』を作ってしまう。(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報は正確に入れましょう...マスク不足で各業界作業者が悲痛の訴え

マスクマスク / ketou-daisuki

※イメージ画像です。

きちんと情報を得て、正しく行動しましょう。

【工事に普通のマスクが支給され、2度洗いも】


マスク不足が叫ばれる昨今、yahooニュースが色んな現場のマスク不足の声を取り上げています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、一部悲痛な叫びを引用させて頂くと、
◆緊急措置として、会社から家庭用マスクが支給されていますが、現場では使いものにならない。汗でビショ濡れになるし、数時間で真っ黒に汚れてしまいます。いまは水洗いをしながら、1日2つを使いまわしているありさまです」(解体作業員)

◆塗装業を営む男性は、「私たちは、作業中にシンナーを使うので、専用の防塵・防臭マスクが必須。いまは家にあるガーゼマスクで代用していますが、シンナーの吸いすぎで、明日にも倒れそうです」

など。

あと、面白い(いや面白がっちゃいけないのですが)こんなコメントも。
用途がまったく違うのに、『マスクならなんでもいい』というお客さんが連日やってきて、買い占めるんです。...でも、皮肉なことに、いま買い占められている安価な防塵マスクの大半は、中国製です。なかには、新型肺炎の発生源となった、武漢市内で生産されたものもあると聞いていますよ」


では、ここで中国でのマスクの製造現場をご覧ください。(AFP 通信)...素手って...

【用途と意味を考えて】


新型コロナ”ウィルス”⇒マスク付けてたら防御できる、という発想から常にマスクしときゃ罹患しないだろ、と思ってるんでしょうが、Y's Squareというサイトに『日常的なマスク着用による感染予防効果について』という記事があり、記事を引用させて頂くと、
現在までの日常的なマスク着用による感染予防効果の報告を総合すると、手指衛生等の対策を組み合わせた複合的対策による有効性は報告されていますが、マスク単独での明確なエビデンスはないのが現状です。したがって、感染予防においては日常的なマスク着用のみで過信せず、感染対策の基本となる手指衛生等を併せて行うことが重要と思われます。

と、マスクより手洗いを優先しろと伝えられています。


さらに、yahooニュースの別の記事では、
公衆衛生の専門家の間で「予防に有効なのは、マスクより手洗い」と呼び掛ける声が高まっている。
緊急事態宣言を出した世界保健機関(WHO)も「マスクは感染症拡大を抑止する助けになるが、せきなど呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」と明言。
神戸市保健所は「うつさないためのマスク、うつらないための手洗い」と手洗いの重要性を強調する。

と伝えられています。

現状、健康体であり予防のために、と思ってマスクをご購入されてる方は、同じマスクを購入する場合でも、そのマスクが自分が気にしているウィルスなり病気に効果があるのか、きちんと調べてから購入するようにしましょう。

そして、特に用事がないのであれば、この時期、不用意に人が密集するところへ出かけるのは避けたほうがよいですね。
それが最大の自己防衛だと思います。

業務でマスクが必須の業種はたくさんありますので、マスク購入には用途と効果をキチンと確認しましょう。


【関連記事】



マジか、間違ってたわ...正しいマスクの付け方、知ってました?
気候変動で起こるさまざまな事象が話題(2019)

消毒液より手洗い!ディスカバリー小学校教諭による科学実験で手洗い最強が証明される。(2019)
もっと早く知りたかった...花粉症によるくしゃみ対策にある保湿剤が有効と話題。(2019)



環境・防災・安全の(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

そら、ビビるわ...海外で走るツッコミどころ満載の、オチまでついてる軽トラ





なんか、一周回って切なくなってしまいますね。

【日本だと、ぶん殴られてると思う。^^;】


小太郎ブログに、コントのような映像が紹介されています。

まぁ、とりあえず、どうぞ。

Wait for it...


きれいにオチつけてくれますよね。^^;

また100点の笑顔なんですよ、東南アジアとか南米の子供って...それが逆に哀愁を誘うのですが...
逞しく生きてほしいです。

よい週末を。

【関連記事】


許してやれよ^^;...行政の皆様ががんばってPRしている件

ナイスアイデア!ちょっとした工夫でおもしろコップができる映像

色々すごい...ジェットコースターに乗るツケマ姉さん(2019)

これはよいシステム、友達とうまくコミュニケーションする方法(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスト?怠慢?...和歌山労働局、危険な工事現場に作業停止命令



※イメージ画像です。


双方ともに言い分はあるかもですが、作業される方の安全を第一に考えましょう。

【6割の現場で、労働安全衛生法違反】


yahooニュースの伝えるところによりますと、和歌山労働局が昨年12月、和歌山県内で工事75現場を一斉監督したところ、6割の46現場で、労働安全衛生法違反があった、と発表したそうです。

このうち、急迫した危険があると判断した16現場には作業停止などを命令する行政処分をした、と記事は続けています。

その一方、5現場から「工期にゆとりがない」との回答があり、国土交通省は適正な工期で請負契約を結ぶことなどを示すガイドラインを出している、労働局は、ガイドラインに沿った対応の普及を図っていく、と各所の意見を記事はまとめています。

【ガイドラインって...】


こういう問題でいつも痛い思いをするのは、末端ですからね...

行政がよく出すガイドラインというのも、どうかと思うんですが...強制力もないし、要は『まぁ、こんな感じでお願い』みたいな、モヤッとしたもんですからね。

作業する人を危険に晒すようなコストカットの方法、工期短縮などはやめてほしいところです。

記事にどういう現場での労働安全衛生法違反があったか、内訳もあるので、関係各所はチェックしてみてください。


【関連記事】


作業員の安全が第一...「労災隠し」疑いで建設会社送検 護岸工事で落石(2019)

無くなりませんね...土砂に埋まり作業員死亡 建設会社を書類送検 神戸西労基署(2019)

墜落防止器具を着用も使用してないケースも...自主点検通じ墜落災害防止 渋谷労基署(2019)

外国製ハーネスについても言及...「墜落制止用器具に係る質疑応答集」を改訂 厚労省(2019)



(株)ケイエフの墜落制止器具類および安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

【新型コロナウィルス】盲点だった...ハンドドライヤーはウイルスを大量に撒き散らすので不衛生と英大学の研究





そっか...盲点だったわ。ほぼ毎日使ってた^^;

【ペーパータオルの約1300倍】


9ポストが大変有用な動画を紹介しています。

イギリスのウエストミンスター大学の研究チームが2016年に発表した実験結果では、ハンドドライヤーはペーパータオルの1300倍の細菌を空気中に拡散させているとされている、というニュースを流しています。

その解説動画をどうぞ。



私事で恐縮ですが、なんにも考えずにほぼ毎日、近所のスーパーの公衆トイレで用を足したあと、やってました。ハンドドライヤー。

周りに新型コロナウィルスがいるかどうかは別として、そうですよ、ウィルスが流行してるこの時期って、これ、思いっきり拡散器ですよね。

気をつけないと...今日から手洗いしたあとはハンカチで拭きます。


【関連記事】


あの警視庁のお役立ちツイートがまとめられている、件(2019)

ある意味、ライフハック...粘着テープでダウンジャケットの汚れとり(2019)

マジか!?...アートのような車の周りのパイロンの意味するものが怖い。(2019)

マジか!?早く教えて!...遅延証明書はWebからゲット可能だと話題。(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごみ処理が捗る...コンクリート瓦礫、廃木材から新土木・建築資材製造に成功 東大生産技術研究所

瓦礫瓦礫 / wishmebehappy

※イメージ画像です。

これがうまく機能すれば、震災瓦礫とかいい感じに処理できそうですね。
ま、まだ先の話にはなりそうですが。

【コンクリートがれきと廃木材から新建築資材】


東京大学 生産技術研究所のプレスリリースによりますと、東京大学 生産技術研究所、株式会社バイオアパタイト 、大野建設株式会社らは、コンクリートがれきと廃木材を粉砕して混合し、ホットプレス(加熱しつつ圧縮成形)することで、コンクリートと木材が融合した新たな土木/建築材料として、コンクリートがれきをリサイクルすることに成功した、とのことです。

詳細は同プレスリリースを読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり同研究の要点を引用させて頂くと、

・必要な材料は、コンクリートがれきと廃木材と水だけで、新たなセメントは不要、また、副産物も発生しない。

・リサイクルコンクリート内では、木材の成分の1つであるリグニンがコンクリートがれきを接着。
 野菜や落ち葉、製紙工程で発生する副産物としてのリグニンなどでも代用可能。

・生産の際に大量のCO2を発生するセメントを使用しないため、温室効果ガスの排出抑制効果も期待。

となっています。

この技術を活用して、内装材や外壁材、合板の代替など、さまざまな土木/建築材料としてのコンクリートがれきの再生利用を考えおり、環境負荷も低減されると期待する、とプレスリリースはくくっています。


【耐久性あるなら、究極のリサイクルかも、です。】


建築廃材が新たな材料として生まれ変わるのはよいことです。

あとはコストが合うのか、出来上がった素材の耐久性は?というところすかね。
先の震災なども結構な瓦礫が出たことですし、老朽化してる建物もたくさんあるので、早く市場に出てほしい技術です。

今後の展開を見守りたいところです。


【関連記事】


いやいや大真面目なんだって...巨大キノコを未来の建材にできないか、科学者、模索中

ついに生体マテリアル誕生か!?バクテリアで自己修復する『生きたコンクリート』開発中

問題はコストだと思う...砂を最大50%代替でき断熱材のリサイクルにもなるモルタル、スペインの大学が開発(2019)

重機も軽くできるのでは!?...MITのポスドクが自己質量の650倍重いモノを持ち上げる「人工筋肉ファイバー」を開発(2019)

Co2由来の生分解性プラスチック「CO2ポリ乳酸」爆誕、東大発ベンチャー(2019)




(株)ケイエフのモルタル吹付け補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

裏フィッシング界でもあるのか?...いただきィーヌ・フィッシング





いやあの...ちゃんと竿とリールで『釣り』しましょうよ。^^;

【飼い犬が賢いと重宝しますね。】


いろんな方法で魚を捕る動画がよくネット上で話題になりますが、今度はわんこを使ったフィッシングです。

@interestingSCi1氏が流していたツイートより。



賢いわんこですね^^;

それにしても、いろいろ考えますねぇ。...釣りする人って
裏フィッシングとかあるんですかね?


【関連記事】


ビール漁法ってのがあるの??ビールで”ヤツ”を捕まえるオヤジが激写される。(2019)

どうやって思いつくの?...メントスフィッシングで魚がざくざく取れちゃう映像(2019)

『ショートコント!釣り!』って最初に言いたくなる動画(2019)

なんぞ、これ!?...ダム?の上から水面下にいる魚をボウガンで獲る『ボウフィッシング』(2017)

日本でも使える??魚介類ホイホイの作り方(2017)








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過酷な現場でも大丈夫なキャタピラーブランドスマホ『CAT S61』発売開始



※画像はキャタピーラー社のサイトよりキャプチャさせて頂きました。


新バージョンですかね?

【まさに現場仕様のスマホ】


techable.jpの伝えるところによりますと、米キャタピーラー社ブランドの頑丈スマホ「CAT S61」の日本での発売が始まった、とのことです。
取扱いは、兼松コミュニケーションズ株式会社でプレスリリースを出してます。

以前当ブログでもお伝えしたキャタピラー製高堅牢スマホの最新版のようで、主なスペックを記事から引用させて頂くと、
・高さ1.8メートルからの落下衝撃に耐える。

・米国防省の調達基準と防水・防塵規格IP68に準拠。

・衝撃だけでなく塩水噴霧にも強く、マイナス25度〜55度の環境で作動

・手袋つけたままスクリーン操作可能。

・防水性はというと、水深3メートルで60分間耐える。

・サーマルイメージングカメラや室内空気質モニター機能などを搭載

と現場の過酷な環境下に耐えうる機能満載です。

基本スペックはというと、OSはAndroid 9.0 Pie、プロセッサーはクアルコムのスナップドラゴン 630。メモリは4GB、ストレージ64GB、となっているようです。


【林檎ケータイでも10万ぐらいしますしね...】


結構なことが出来るスマホですが、プロセッサーはミドルレンジな感じですね。
でもお高いんでしょう?...価格については記事では触れていませんが、すでに密林で中華系ショップ(大丈夫なのか!?)が海外品を出品してるようですが、10万ちょっとしてますね(||゚Д゚)ヒィィィ!

まぁそれでも今どきハイエンドのスマホだと10万ぐらいしますし、何より過酷な環境でお仕事されてる方には、そこらのハイエンドスマホよりよっぽど重宝するでしょう。

でも高いけど。^^;
こういうの、ほぼお仕事でしか使わない(普段使いしたいけど、普段使いでそこまでなかなかお金かけられないですよね^^;)ので、経費で落とせるとか、いくらか補助出る、とかないんですかね?

詳細は記事、プレスリリース、またはキャタピラーの公式サイトでご確認ください。

余談ですが、現場の過酷な環境に耐えるデジカメなら、弊社でも取扱してます。
法人限定でしか販売できませんが。宜しくお願いします。


【関連記事】


少々高めだが軽量・速暖なのでありか?日本製カーボンファイバー使用の防寒ジャケット『HOMI』(2019)

ちょっと怖いが、アリかも...「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発(2019)

なるほど、この手があるか...ジェスチャーコントロールースマホの使いみち(2019)

災害対応が早くなるかも...キャタピラ、後付可能な遠隔操作システムを年内発売へ(2019)

現場仕事に耐えうる、CATブランドのタフネススマホ「CAT S40」、日本ではオンキヨー&パイオニアから(2017)




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする