2017年06月02日

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2




昨日2017年6月1日(木)、大阪は梅田グランフロントで開催されている『震災対策技術展 大阪』に行ってきました。
パート2です。第一弾はこちら。

本日2017年6月2日が最終日で17:00までなのでお時間にご都合がつく方は行かれてみてはどうでしょうか?

【無線含め通信系多し】



震災対策技術展 大阪2017


個人宅用救助デッキ。




総務省さんのブース。
地震等で携帯の基地局が潰れた場合、wifiの電波を使って電話できるシステムを展示。
自治体さんには、有事の際には無償貸与される、ようです。

今回の展示、無線や通信系の展示をされてるブースは多かったです。




こちらはちょっと斬新なサービスでした。
被災されたオフィスへ燃料を配達するサービスです。

地震なんかで被災した場合、燃料って配達してもらうほど緊急性あるのかな?とふと思って聞いてみたら、非常用電源なんかは燃料が必要なので、と。
なるほど...

普段は何のサービスしてるんですか?と聞いてみたら冬場は灯油の販売、その他の季節はあれこれ、とおっしゃってました^^;。




ソフトバンクのブースでは衛星電話を紹介。
衛星電話って、今、どれくらいで持てるんですか?と聞いてみたら2年契約で月額約5000円強、通話料は160円/分だそうです...やっぱ、通信費は高いですね(T_T)

維持費が意外と安いのと、昭和を感じる分厚いスタイルのケータイでしたが、持った感じは思いの外軽くてびっくり。

スタッフさんいわく、ここ数年契約は右肩上がりだそうで、損保会社さんなんかが多いですが最近の傾向としては業種問わず、だそうです。

漁師さんとかが使ってるイメージだったので漁業とかキーワードが出るかと思ったんですが、出なかったのでそうでもないんですかね?^^;




耐震補強具も最近はファンシーなものに...かわゆす(*´艸`*)




こちらは、被災して荒れた道路を仮補強するようなプレート。
工事現場への荒れた道にも使え、軽いのが特徴なんだとか。





今回の展示会で3番目ぐらいに目についたので、免震プレート的なもの。
何社か出展されてました。




被災すると食料問題が出て来るので、農林水産省さんのブースも。
こうしてみると、やはり災害が発生時には色んな省庁が絡んできますね。




国土交通省 近畿地方整備局さんのブース。




災害系イベントでは常連さんの、国立研究開発法人 寒冷地土木研究所さん。




防護服を展示してるブースの横に、大阪府警。
避難時の持ち出し用リストなんかを配布されてました。




”地震に強い土!”というキャッチコピーに引かれました。^^;
説明を聞いてみたら、粒子の大きさの違う土を混ぜ合わせて密度を上げた土、ということらしいです。
淀川の堤防なんかはコレだとか。

弊社はのり面工事関係のお仕事なので、法面もこういう土使えば減災できるんじゃ??とふと思ったのですがダメですかね^^;

丁寧にご説明頂き、有難うございましたm(_ _)m




最後に出展者さんのカタログ設置コーナー。
片っ端から持って帰ってるヒトがいましたが、重くなるんじゃ...^^;

【まとめ】


今回の展示では、通信系、携帯連動系ソフトまたはアプリが多く目につきました。
モノのインターネットと言われるIoT技術が進んでいるからでしょうか?

展示物も以前はもっと大掛かりなモノが多く展示されてたイメージですが、割りとこじんまりした感じでした。

ただ、防災意識が高まっているのか、そして事業として防災関連の事業にかかわるところが多いのか、展示会に足を運ぶヒトは多いようです。

初日朝からこんなにヒトが集まってるのも少々びっくりしました。ま、場所的にもアクセスいい場所ですしね。^^;

来週は、防犯防災展もあるので今回の展示会でご興味を持たれた方は来週の防犯防災展にも足を運んでみてはどうでしょ?インテックス大阪での開催ですが...

最後になりましたが、各ブースで丁寧に色々説明頂いた皆様、有難うございましたm(_ _)m
とても勉強になりました。


【関連記事】


震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】震災対策技術展 大阪、招待状申込受付開始

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2(2015)

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1(2015)


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1




昨日2017年6月1日(木)、大阪は梅田グランフロントで開催されている『震災対策技術展 大阪』に行ってきました。

本日2017年6月2日が最終日で17:00までなのでお時間にご都合がつく方は行かれてみてはどうでしょうか?

【初日、朝イチで行ったのに...】





朝10時からだったので、その時間に併せて行ったのですが、10:15ぐらいで受付がこの行列。




入場すると、すでにこの混雑です。すごい...まだ初日の朝なのに...




設営が間に合わなかった?または手直し?してるブースも...イベント事は何かと突発的なトラブルがあったりしますからね^^;




入場するなり、お声がけ頂いたのが国立研究開発法人 防災科学技術研究所さん。
そして、正直これが本日のメインイベントになっちゃいました^^;。




『地震を体験してみませんか?今なら席空いてますよ!(^o^)』
と言われて、いそいそとかけて見てびっくりです。^^;
体感する装置はついてなかったですが、3Dの映像が結構リアルでした。

なにより、10階建ての建物の高さを感じてもらうため、として10階から下を見下ろす映像がCGで再現されてました。
360℃の映像です。

備え付けの家具に固定具を付けてる場合とつけてない場合を再現されてましたが、固定具がない場合は、内容物が飛び交う始末です。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
家具など、地震で倒れてきそうなものはちゃんと固定しましょう。




名前を聞いたことがある土木・建築系のコンサルさんなんかも多く出展されてましたが、多くはスマホ連動のアプリまたはソフトの案内をされてるところが多かったですね。




自治体さんも数か所出展されてましたが、ちょっと意外だったのは兵庫県や大阪府摂津市など、山が近いところの自治体さんも出展されてました。





実演されてるブースも結構ありました。
上が液状化して土台が傾いた住宅を、土台に手を付けること無く住居を水平にできるシステム。

もちろん新築の際に設置するものだそうですが、地震で地盤が液状化したり傾いたりしたときに、基礎部分を掘り返さなくてもアンカーをねじで上げれば水平にできるらしく、初期費用としてはかかるが、被災した際は短工期、低コストで自宅を修復できる、のがポイントだそうです。

左の写真は、手動ポンプ式浄水器。
右の写真は、凝集剤って言うんですかね?汚水に粉末を入れると泥が固まって沈殿する、というアレです。

やはり実演してもらうと判りやすいですし、ついつい見入ってしまいますね。^^;
ご説明頂いた皆様、有難うございましたm(_ _)m




ベットの上の部分を強化して、地震の際の落下物から身を守るベッド。
防災系の展示会ではおなじみの展示です。




四角いシェルター。
一昨年、一昨々年ぐらいは丸いシェルターをよく見かけましたが、四角いシェルターはちょっと新鮮でした。

この大きさで大人4人が入れるんだそうです。
”入ってみませんか?(^o^)”
と言われたので、それではお言葉に甘えて...^^;...と入ってみました。

うーん...大人4人はちょっとキツいかもです。^^;
入れるのは入れそうですが...

外装の強度もちゃんと考えあるので、いきなり潰れることはないそうです。
こういうの見ると、お値段が気になるところですが、聞いてみたら設置地域などによりますが運搬・設置・本体・諸費用込で、ざっくりですが、90万ぐらいご用意頂けると、大丈夫じゃないか?と思います、と言ってました。

意外と安い??^^;...ちょっとした小銭持ちの方なら買えそうです。

ブースの担当者の方が、ちょっと興味深い話を教えてくれました。

実際に東北震災で被災して、生き残った方のお話だそうですが、震災前は、もう年も年だし、いつ死んでも未練はないわ、と強がっていたそうですが、いざ被災して津波に流されてるとき、死にたくない!!と生に対する執着心がむくむくと沸き起こって、死にものぐるいで近くに浮かんでたパレットに掴まって助かったんだとか...

やっぱ、人間の本能として、生への執着というのは沸き起こるもんなんですね。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル




どこだったかのブースでアンケートにご協力いただけませんか?と言われ、うちのブースは目立ってますか?と聞かれたことがありましたが、こちらのブースはぱっと見、化粧品会社かと思ってしまいました^^;。
目を引いたと言えば引きましたが...

一番よいのは、やっぱり、何屋さんかがパッと見て解るのが一番いいですね。




震災技術対策なので、非常用トイレ・非常食のブースはやはり多いです。




そんな中で、初めて、防災備蓄食を食べてみませんか?とお声がけして頂いた企業さんがあったので、ありがたく頂いてみました。

3種類の非常食を試食させて頂きました。
カレーライスと味噌汁とコーンスープです。

袋を開けてすぐの状態を試食させて頂いたのですが、どれも普通においしかったです(^q^)
しかも、汁物系はどろっとしてるので、なんでだろ?と思ったら、不安定な場所で食べることを想定して、うっかり倒してもすぐに流れ出ないように工夫されてるんだとか...よく考えてますねぇ。




安定のミドリ安全^^;
どこのイベントに行っても、この巨大パネルはやっぱり目を引きます。

長くなってきたので、その2へ続く。

【関連記事】


【イベント】震災対策技術展 大阪、招待状申込受付開始

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始


(株)ケイエフの特殊配合モルタル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

その症状、救急車を呼ぶべきか?迷ったときに使えるアプリ『Q助』消防庁より




消防庁リリースなら、安心して使えますよね。

【救急車の要不要をアプリで判断】


かみあぷで紹介されていた、『Q助』なるアプリが役立ちそうです。

記事によると、同アプリは該当する症状を選択するだけで、必要な対応を教えてくれるもので、消防庁がリリースしています。

アプリに出てくる画面の設問に答えていくと、
1.いますぐに救急車を呼びましょう
:緊急性が高いと思われます。今すぐに119番に電話しましょう

2.できるだけ早めに医療機関を受診しましょう
:2時間以内を目安に病院に行かれた方がいいでしょう

3.緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう
:緊急ではありませんが、受信した方が良いでしょう。夜間でしたら、翌日の診察でも構いません

4.すべての項目に該当しない場合
:継続的に様子をみて、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合は、医療機関の受診を考慮してください

と、そのときに必要な対応を4つの緊急度に分けて表示してくれるようです。

【限りあるインフラなので】


近年、タクシー代わりに、あるいはそこまでとはいかずともどう見ても緊急性の低い症状で救急車を呼んじゃうヒトがいて、救急車の有料化が浮上する社会問題にもなっているので、こうした判断基準が出来るのはよいことです。

ほんとに自力で病院に行くことが出来ないヒトもいらっしゃったり、判断が付かないこともあるので、救急車を呼ぶことが悪でもなく、むしろ、いらん気遣いで手遅れになることを考えれば呼んだほうがよいに決まっています。

そうした悩める状況で、個々人ができるだけ適切に判断出来るツールがあるというのは、よいことです。
Google PlayまたはiTunesから無料でダウンロード可能です。

総務省消防庁のサイトはこちら。

【関連記事】


大容量、防塵防水、ソーラーパネルまで完備の、防災にも役立ちそうな大容量バッテリー『ZeroLemon SolarJuice』

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

できれば聞きたくないが...「国民保護サイレン」を覚えておこう。

こういうのも覚えておいて損はない、いざと言うときの防災食まめ知識

AR技術で半径300mの地盤情報が解る...『じぶんの地盤』





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーフティークライマーもお忘れなく!...熊本城復旧、無人重機で崩落石回収


Photo credit: kuang hai via Visual Hunt / CC BY-NC

※イメージ画像です。

無人重機なら、弊社が推進するセーフティークライマー工法のケンファイターもお忘れなく!

【先端部分はゴム製の爪で】


くまにちコムの伝えるところによりますと、熊本市はが29日、熊本地震の影響で立ち入りを規制している熊本城の復旧工事を報道陣に公開、余震による2次被害を避けるため、飯田丸五階櫓[やぐら]では、遠隔で操作できる無人重機が崩落した石を回収していた、とのことです。

さらに記事によると、国の特別史跡で無人重機を使用するのは初めて、なんだとか。

【九州はまだまだ予断を許さない状態】


大分では地割れが発生したり、熊本でも市内道路の地下に150箇所も空洞化してるのが見つかったり、ちょっと地震が起きたら危険な状態ですからね...

のり面工事の無人掘削がご入用の際は、セーフティークライマー工法を宜しくお願いします。

【関連記事】


1時間に最大4ミリ拡大、地中の地すべりが原因か...大分地割れ

よくあること?熊本地震で枯れたと思われた温泉、横にズレてた。

ドボジョにも優しく!...国交省、土木工事・業務の積算基準を改定

GW2017期間中に気になったニュースあれこれ その7

500億円は高いか、安いか?...名古屋城 木造復元計画進行中


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:29| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする