2017年08月04日

屋外でも起こりうるのね...穀物エレベーターで起こった粉塵爆発が怖い!




周りが開けたところでよかった?..ですか?

【一気に広がる炎の恐怖...】


小太郎ブログで紹介されていた、粉塵爆発が起こった瞬間の映像が怖いです。

まずは動画をどうぞ。2分半ほどですが、前半分は撮影者の会話のみなので、穀物エレベーターが崩落するあたりから再生しておきます。



個人的には、粉塵爆発って、割りと密閉された、というか建物内などの空間で発生するものだと勝手に思い込んでいたのですが、屋外でも発生するんですね( ゚д゚ )ポカーン...

これだけの量の穀物が爆発すると、大規模になって危ないですね...近くに可燃物とかあったらと思うとぞっとします。

【関連記事】


大丈夫か!?ロボ労働者...ワシントンDCで警備ロボ、水没

そんな準備があったのね...ロッククライミングの前準備動画

やっぱポイ捨てはダメ!イランでタバコのポイ捨てをしたら...

マネしちゃダメ!?でも応用はアリか?...簡易地雷の作り方


(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全部がコレならいいかもですが...IoTで管理する斜面の太陽光発電 大津市のケース


Photo credit: gridsurfer via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

斜面にある太陽光発電のソーラーパネルがすべてこういう管理だったらいいんですけどね...

【IoTな法面監視システムが完備】


日経テクノロジーに『GPSで法面挙動をリアルタイム監視、大津市の発電所』という記事が掲載されており、なかなか興味深い内容になっています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり言うと、大津市の廃棄物処理施設の奥に設置されている太陽光発電施設の管理をIoTを使ったり、いろいろなトラブルに対応するための施策を紹介する内容の記事になっています。

その中で、興味深いのがミリ単位で法面を24時間監視するシステムが導入されている、という部分。
一部記事を引用させて頂くと、

GPSセンサー(受信器)を法面に一定の間隔で設置しておき、地盤の変位をリアルタイムに計測する仕組みだ。測定した位置情報は、東京都府中市にある国際航業の東京事務所で専任技術者が24時間、365日監視しており、法面の挙動に異常が見られた場合、関係者などにアラーム(警報)を発する。±1〜1.5oの精度で、3次元的、時系列的に測定できるという。


これはよいですね。
遠隔監視なので、雨天だろうが夜間だろうが関係なく監視できるというのはよいです。まさにIoTなシステム。

そしてさらに興味深いのが、

稼働して以降の測定では、1年間で3o程度、全体的にゆっくりと変位しているという。雨量との相関はみられない。...(中略)...そこで大津市のサイトでは、5日間で10o以上、変位した場合にアラームを発するように設定しているという。これまでのところ、1度もこうした挙動はないという。


よく現場のヒトから”山が動く”と言う話が出る、と営業スタッフから聞きますが、こういうことなんですかね?

【自立型PCSで停電時でも供給可能】


7ページに渡る長文記事で、これでもか、というぐら大津市のメガソーラーについて、さまざまな対策が記載されているので、ゆっくり読んで頂ければよいかと思いますが、山の斜面にメガソーラー作るって大変やなぁ、と思いました^^;。

ただ、最近のゲリラ豪雨や巨大ヒョウのニュースとか見てると、やっぱり怖いですけどね。^^;
あと、今年は台風が増産発生してるので、台風も心配ですが...大丈夫っぽいですけど、一昨日台風11号が発生してましたね。(tenki.jp

【関連記事】


この手があったな!カーテン・ブラインド型の太陽光発電『SolarGaps』

よく許可が出たな...奈良県のメガソーラーの設置場所が怖い、と話題

アスクル倉庫火災の消火が長引いた原因のひとつが、衝撃的な件。

今年も続くようです...太陽光発電関連事業者の倒産、2016年過去最多



(株)ケイエフのあんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする