2017年09月05日

表情や微妙な仕草はもはや人間...3DCGの女子高生『Saya』、ミスiD pr動画公開




二次元の”嫁”には、まったく興味ないですが、さすがにこれ見せられると、二次元嫁を求める人たちの気持ちが少し解るような気がします(((*≧艸≦)ププッ

【動きがヤバイ...】


男子ハックの伝えるところによりますと、2015年10月に公開いされると瞬く間にネット上で話題になった3DCG女子高生「Saya」の、「ミスiD 2018」での正式PR動画が公開された、とのことです。

その動画がこちら。60秒ほどの映像です。



静止画だと、かなりリアルに近いですが、動くとさすがにまだまだ質感にCGっぽさが残ってるように思います。
ただ、表情や仕草はまるっきりリアル人間で、びっくりです^^;
こういうのが人工知能とくっついちゃうと、えらいことになりますね^^;

技術の進歩はすごいですねぇ...


【関連記事】


ピラミッドはこうやって作ったのかもしれない、という動画

ほぉ!これは楽しそう!21世紀の紙芝居か!?...スマホとイラスト画で『かめはめ波』を疑似体験する動画

地下の断層モデルや震源分布を3D表示 地理院地図





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






ラベル:ミスiD saya 3DCG
posted by ケイエフ at 13:05| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工事中に再発しなければよいのですが...地すべり対策に14億円、崩落面に複数亀裂の二次災害防止も 大分県


Photo credit: jetalone via Visual hunt / CC BY

※イメージ画像です。

先日、他府県でも緊急工事の必要というので、お問い合わせを頂きましたが予算も限られるので、二次災害防止は重要ですよね。

【数年越しの工事】


西日本新聞の伝えるところによりますと、大分県が7月の九州豪雨で日田市小野地区に起きた大規模な土砂崩れ現場の緊急地滑り対策事業に着手する、とのこと。

同地区での二次災害防止が目的で、すでに崩落面の調査を始めており、工事は数年かかる見通し、事業費14億3千万円は補正予算案として9月定例県議会に提案する、と記事は続けています。

【最終的には気象コントロールしかないのでは...】


工事が完了するまでに、何度かまた台風とかゲリラ豪雨に見舞われそうで、先が思いやられますね。
これだけ頻繁にゲリラ豪雨だの台風だのと大雨に見舞われていては、土砂災害の発生率も高くなります。
しかし、地方は少子高齢化が都市部より進んでいるでしょうし、予算も厳しいかと。

やっぱり、気象をコントロールするしかないのでしょうか?^^;
日本IBMがAIを使って天気予報するらしい(Gizmodo)ので、ある意味、気象を部分的にはコントロールできる(予測を立てれる、という意味で)のかもしれませんが...

今後、人類のライフスタイルそのものを変えざるを得なくなるのかもしれません。

【関連記事】


1時間に最大4ミリ拡大、地中の地すべりが原因か...大分地割れ

西日本、土砂災害多発...依然警戒必要

地震と雨の影響ぽろぽろ...大山町で斜面大規模崩落 落石も確認、市道通行止め


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする