2017年10月04日

魔界への道が閉ざされる!!...新潟県上越市で撮影された『ろうと雲』が神秘的




ダーク・リユニオンの仕業か!...(違います((( ̄へ ̄井) キッパリ)

【新潟でろうと雲】


ウェザーニューズのツイートに上がっていた、新潟県上越市で発生した、竜巻のたまご「ろうと雲」が神秘的です。

海外の動画で時折、この雲見ますが空に吸い込まれていくかのように消えていくところは初めて見ました。
では動画をどうぞ。




中二心を刺激されますね^^;

【関連記事】


ハリケーン『イルマ』のパワーがどれほどのものか、を思い知らされる映像が撮られる。

魚大丈夫か!?...小さな川に落雷があるとこうなる、映像。

なんの罰ゲーム?...18日、関東を襲ったヒョウが天然テロレベルだった件

アルマゲドン系ディザスター・ムービープラスアルファ的な...科学がもたらす恐怖のシナリオを描いた映画『Geostorm』





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:16| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新素材となるか!?キノコと木くずから作った『菌糸木材』




虫とか胞子とか大丈夫なんだろうか??

【接着剤のように...】


ナショナル・ジオグラフィックで紹介されていた、『【動画】家具になるキノコ、プラスチックの代替も』という記事が興味深いです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、木くずとツリガネタケ(Fomes fomentarius)というキノコを混ぜて菌糸木材という素材を開発、型枠に入れると勝手に成長してランプシェードや椅子を成形する、というお話です。

この木くずと菌からなる菌糸木材は2週間ほどで椅子やランプシェードの大きさまで成長するんだそうで、あとは水分を飛ばせば完成、というわけです。

しかも、こういった成長の早いキノコのの持つ様々な薬効や環境への恩恵について、繊維製品から梱包材、建築資材まで幅広く使えることを示した、と記事は過去の事例も紹介しています。

【菌類のコントールって可能なのでしょうか?】


記事ではプラスチックの代替も可能なのでは?と期待してるようですが、キノコと言えば胞子を放出して広がっていく植物なので、ある日突然このキノコで作った材料から胞子が放出されるとかないんですかね?^^;

あと、自然界に存在する菌って色んな条件が絡み合ってその環境の中で生きてるわけで、成長具合をコントロールしたりできるんでしょうか?

そのあたりがクリアすれば、色んな材料として使えそうです。
それこそ、プラスチックを使わなくてもよくなるかもしれませんね。

今後の研究に期待したいところです。

最後に英語ではありますが、字幕入りの動画をどうぞ。5分弱です。



【関連記事】


古代コンクリートが年々強度を増す仕組み解明。

革新的研究開発推進プログラムから新素材、『繊維強化ゲル』開発

衝撃が加わると硬化し衝撃を吸収 『D3O』

バクテリアが津波を軽減??海洋研究開発機構高知コア研究所

熱して固めればコンクリートブロックも持ち上げられるポリマー素材「BRAEÖN」

不均衡が強さを生む?...古代ローマの技術でコンクリートの強度が2倍に。

スウェーデンの奴とは別?...理化学研究所、化学的に蜘蛛の糸を合成する方法を開発

軽くて丈夫な竹で新素材 ”セルロースナノファイバー”生産が本格化


(株)ケイエフのコモルタル吹付補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:52| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする