2017年12月11日

毎日が八甲田山!?...世界で最も寒い国の小学生の通学風景が...




気温がひと桁になってキツいとか言ってたらダメなんですかね...^^;

【でも、ちょっと楽しそう??】


ニュー速クオリティで紹介されていた、”世界で最も寒い国” として知られる「サハ共和国」(ロシア)の首都ヤクーツクの小学生が登下校する風景が壮絶だと話題です。

動画をどうぞ。1分程度です。



12月の平均気温が−41℃、最低気温が−60℃という、もはや人間が住んではいけないような環境で毎日がこれだと...(T_T)

小学生もさることながら、わんこはなぜこんなに元気なんでしょうか??
世界は広いですね...

追伸:
そう言えば、先週の金曜日、激寒だった大阪ですが、強風吹き荒れる中ミニスカ・素足という逞しい女子学生を見ました...彼女ならサハ共和国に移住できるかもしれません^^;

【関連記事】


【関東限定企画】今週末も降るかも!?...気象庁気象研究所が雪の結晶の画像を募集中!

エアバッグの効果すげぇ...雪崩に巻き込まれてもエアバッグ付いてれば助かる理由

何これ!?日本でも、なる??湖でおっさんが声を発すると...





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斜面など『設置に適さない場所』指定 太陽光発電施設ガイドライン改定 高知県


Photo credit: gridsurfer on VisualHunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

やっぱ、そうですよね^^;。

【地域への影響を配慮】


環境ビジネスオンラインの伝えるところによりますと、高知県は12月4日、太陽光発電事業者が県内で事業を実施するにあたって尊守すべき事項を記した「太陽光発電施設の設置・運営等に関するガイドライン」の改定を行い、その内容を公表した、とのことです。

記事は会員登録しないと見れないようになっているようなので、ざっくり内容を要約すると、太陽光発電事業者が、事前に災害発⽣のリスクや地域住⺠への影響等を適切に把握し、対策を講じることにより、地域と調和した事業を実施できるような、改定内容になっている、とのことです。

【事業者としては当たり前の事のような...】


太陽光パネルの設置位置によっては、将来起こりうるであろうリスク(台風、土砂災害などの影響)を予め想定して対応可能かどうかの判断と地域の理解を得られるか、などを事前に確認するのは当たり前のことのように思うんですけどね...

無理に設置すれば、のちのち困るのは事業者だと思うので。
近隣に住んでられる方には不安材料を払拭できる改定ですかね。
あの場所”はまだ被害とか出てないですかね^^;...とても気になります。

【関連記事】


電力を住宅間で融通して光熱費ダウンになる『街』 パナホームが販売

全部がコレならいいかもですが...IoTで管理する斜面の太陽光発電 大津市のケース

この手があったな!カーテン・ブラインド型の太陽光発電『SolarGaps』

よく許可が出たな...奈良県のメガソーラーの設置場所が怖い、と話題

アスクル倉庫火災の消火が長引いた原因のひとつが、衝撃的な件。

今年も続くようです...太陽光発電関連事業者の倒産、2016年過去最多


(株)ケイエフのEG植栽パック(集水保水型植栽袋)



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする