2018年02月09日

義援金詐欺にご注意を!...広がる台湾地震支援

Photo credit: URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL on Visualhunt.com / CC BY-NC

※イメージ画像です。

安心・安定の日本赤十字社がおすすめです。

【同じ赤十字社でも...】


7日未明、台湾東部を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生し、ホテルやビルが倒壊し、犠牲者が多数でている台湾の地震について、東日本大震災でお世話になった恩を今こそ返すときだ!と日本国内で支援を呼びかける支援の輪が広がっているようです。

しかし、そんな支援に注意喚起を促す記事も。
カミアプで紹介されていたのですが、台湾地震の義援金募金は、日本赤十字社が窓口を開設するまで待ったほうがよい、という内容です。

その理由を伝えるツイートがこちら。









なんと...同じ赤十字でも国によってグレードがだいぶ違うんですね。(T_T)

【義援金を送る団体の選択は慎重に】


確かに記事にもありますが、大きな災害があると、必ずこういった義援金募集を伝える団体があれこれ出てきます。
折角の善意を私利私欲で使われては心が萎えてしまうばかりか、必要としている方に義援金や必要物資が届かなくなってしまいます。

どこで募金するかは、皆様の自由ですが、自分が義援金の窓口として選んだ団体がまっとうな団体かどうか、いま一度よく確認してみましょう。


【関連記事】


行動の前によく確認を...九州北部豪雨被害 善意の『タオル大量送付』問題(2017)

【東日本大震災から丸二年】日本の感謝広告、台湾の教科書に掲載(2013)

詐欺注意報!サンディ被害者への寄付金求めるサイトで詐欺横行中(2012)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:11| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敵かな!?、味方かな!?...シカを襲う野犬目撃情報相次ぐ 京都

Photo credit: ideanotes2 on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

うーむ、オオカミ放置論までいかなくてもこいつでOK!かと思いきや...

【飼い犬の野犬化??】


京都新聞の伝えるところによりますと、昨年6月から7月にかけて、京都府宇治市南東部の山間地、白川地域でシカを襲うシェパードのような大型犬が目撃されて以降、周辺市町の山間部などでシカを襲う野犬の目撃が続いている、そうです。

記事によると、さらに昨年7〜12月にかけて、城陽霊苑(城陽市寺田)付近や、宇治市と宇治田原町の境界に近い府民スポーツ広場(久御山町飛び地)、天ケ瀬ダム周辺でも同等の野犬が目撃されており、シカに噛み付いてる姿も目撃されている模様。

ただし、前出と同様の野犬かどうかは不明、だそうです。

同地域では人への危害も懸念されることから、捕獲用のおりを設置した、と記事は伝えています。

【野生対野生でお願いしたいですね。^^;】


記事には、シェパードのような大型犬とあるのですが、飼い犬が野犬化したタイプなんですかね?
大きさからすると怖いです。...シカとかイノシシだけ襲撃してくれれば、獣害対策になるんですけどね^^;

ま、相手は動物なんで...近隣の皆様はご注意ください。
のり面の獣害対策には、シカ矢来を宜しくお願いします。

【関連記事】


年末年始に気になったニュース2018 その1

業界紙ってシュールやわ...狩猟専門誌『けもの道』という雑誌がある、らしい。(2017)

全国展開へ...愛知のシカ情報マップ(2017)

驚愕のオプション機能付き、野生動物忌避装置『スーパーモンスターウルフ』(2017)


(株)ケイエフの、法面のシカ・イノシシ侵入防止柵 シカ矢来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







ラベル:京都 野犬 シカ 獣害
posted by ケイエフ at 08:43| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする