2018年04月06日

形・向き・順番で、より安定した積み方を模索する物理エンジン使用ロボット




こういうのが進めば、何百パターンも即効で試行して地震や自然災害に最も強い構造物の形とか、割り出してくれそうですね。

【試行錯誤が精度向上の鍵?】


小太郎ブログで紹介されていた、物理エンジンの動画がなかなか興味深いです。

石の形や大きさをセンサーで計測し、どの方向でどの順番で積み上げればもっとも安定するか?を物理エンジンを使って模索する、と言う実験映像です。

右上に試行した結果が表示されているんだとか。
では動画をどうぞ。4分半ほどです。



失敗してるところがおちゃめですね^^;
よい週末を。

【関連記事】


進むリモコン化...船舶の船底や壁面を掃除する業務用ルンバみたいなロボットがすごい、件

ラズパイの可能性を感じる!超低周波で自然災害を検知、ホームモニター『RASPBERRY BOOM』

5000円もいらないのか!?....赤外線センサー搭載のかわいいロボット『フォロ』

有能だったでござる^^;...スーパーモンスターウルフ実用化へ

なんでも出来るなぁ...家庭菜園の収穫ができるLEGO『Harvest Machine』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩道に80センチの石...岐阜城近くの石垣から一部落石

岐阜城の方から降りてくる岐阜城の方から降りてくる / rch850

※イメージ画像です。

行楽シーズンなので、ちょっと怖いですね。

【80センチの石落下】


中日新聞の伝えるところによりますと、岐阜市の金華山山頂にある岐阜城近くの石垣から先月、一部の石(長さ約八十センチ)が直下の歩道に落下していたことが分かった、とのことです。

石は2つ落下しており、ひとつは歩道に、ひとつは歩道の脇道に落ちていた、すでに防護網を設置済みと記事は続けています。
また、大雨の影響で地盤が緩んだ可能性が高いと市職員は見ているようです。

【大きな改修が必要かも...】


気候もよくなり、観光シーズン突入なだけにちょっと怖いですね。
前回の測量が2014年で、市職員が大きな改修が必要かも、とコメントしてるので、観光で行かれる方は注意が必要です。

季節が進んで雪解けや雨で地盤が緩んでるところも出てくるのではないですかね。
今日は全国的に雨模様のようですし。

行楽で山へ行かれる方、山間部でお仕事される方は落石や土砂崩れに注意しましょう。

【関連記事】


急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区

台湾地震の前揺れ?...落石直前でクルマを止めた車載映像が怖い...



(株)ケイエフのロックボルト部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 🌁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする