2018年05月21日

...にしても高っ!?...焼きそばUFO専用キャベツ落としアイテム『キャベバンバン』予約受付中。





クラウドファンディングで資金調達だそうです^^;。

【数字を見ると、目的はなかなか崇高】


Gizmodo japanが伝えるところによりますと、焼きそばU.F.Oでお馴染みの日清食品が焼きそばUFO専用キャベツ落としアイテム『キャベバンバン』の予約販売をしている、とのことです。
しかも、クラウドファンディングで資金調達しているようです。

まずは動画でキャベバンバンがなんなのか、見てみましょう。30秒ほどです。



記事によりますと、
キャベバンバンCBB-001のコンセプトは「革命的かつ世界一スタイリッシュなU.F.O.専用キャベツ落としデバイス」。フタ裏についたまま捨てられてしまう年間約4.17t(日清調べ) のキャベツを、少しでも減らすことを目的に開発されました。


ということで、この数字を見るとちょっとびっくりですヒィー((((゚Д゚))))ガタガタ
そんなに捨てられちゃうんですね...

【なんかゴムが...^^;】


にしても、5000円弱はちょっと高いかも...焼きそばU.F.Oの蓋裏のキャベツ除去のためだけに...せめてUFO仮面ヤキソバン のソースビームがセットなら...。(((*≧艸≦)ププッ

なんか、映像見る限り、ゴムがすごいちゃちい感じがするんですが^^;

あ、でもプレミア付いたら元は取れるかも( ̄ー ̄)ニヤリ
欲しい人は、特設サイトからどうぞ。

余談ですが、我が家には昔のヤキソバン寝袋があります(^o^)v


【関連記事】


さすが??...英国の街灯広告がブラックだと話題

少々お高いですがダイエット効果も期待できる、機能性マスク『bo―bi(ボービ)』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!











posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査

Drone Aerial ShotsDrone Aerial Shots / OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

※イメージ画像です。

どれくらいのスパンで確認するか、ですね。

【前兆現象を俯瞰して情報共有】


産経ニュースの伝えるところによりますと、6人が亡くなった大分県中津市邪馬渓町の土砂災害を受け、NPO法人「まちの防災研究会」と敦賀市は17日、同市内の土砂災害警戒区域で小型無人機ドローン使って災害の前兆現象を確認するテスト調査を行った、とのことです。

記事によりますと、
土砂災害では地面の亀裂や樹木の傾きなど前兆現象が見られるが、実際に山に登って目視で確認するには土砂災害の危険箇所が非常に多く、時間と労力がかかる。ドローンを利用すれば少人数で短時間で上空から前兆現象を確認でき、定期観察も可能になるという。

として、行政との情報共有により避難の呼びかけなどに役立つ、と続けています。

【範囲は限られるが、バルーンで俯瞰はいかが?】


ほんとは、山にセンサー埋め込んで、というのがいいんでしょうがコストもかかることですしね...
定点観測的なところで言えば、バルーンにWebカム付けて浮かしておくというのはどうですかね^^;。

そのほうがいつでも見たいときに見れるのでよいような気がしますが...
これから梅雨入りで土砂災害の発生率は上がるので、なんらかの対策を施して被害を最小限に抑えたいところですね。


【関連記事】


(*゚Å゚)ェ..ゥソーン...ドローン郵便、飛行数十秒でビルに激突 ロシア

チキチキマシンかよ!?...未来の消防車がなんか漫画チックな件

資金調達には失敗したようですが、よいアイテムだと思う『Rescue me ballon』

マジですか!?...強雨と関係がない土砂災害は「土砂災害警戒情報」の対象外



(株)ケイエフの特殊配合モルタル 特モル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする