2018年05月23日

これは素晴しい!まさに”インクレス”、トナー不要、普通紙OK『Inkless』





これが市場に出れば、色々かなりはかどりますね。

【トナー不要、紙も選ばず。】


HEAPSの伝えるところにによりますと、オランダの大学院生チーム「Tocano(トカノ)」がトナー・インク不要のプリンターを開発中だそうです。

原理は、
赤外線レーザーで紙の表面を焼いて印刷していくため、インクが一滴もいらないプリンターという仕組み。モノクロでの印刷が無制限に可能だ。


だそうです。

赤外線レーザーで紙の表面を焼いて印刷するので、ペーパー側も普通紙でOK、なんなら裏紙でも大丈夫ということですね。

初期段階では、梱包やラベル、バーコード印刷など産業用プリントに試用、その後、オフィスや家庭用プリンター、レシート用プリンターにも応用していきたい、と開発チームは語っているようです。

動画もあるので、どうぞ。2分弱の映像です。




【あとは本体価格がどれくらいか、ですね。】


これが販売されたら、かなり色々コストカットできそうです。影響を受ける業界も多々ありそうですが。^^;
ただ、本体価格がどれくらいになるか、ですね。

ただレーザーの誤作動で火事にならないか、心配な部分もありますが。



【関連記事】


中二ごっこが捗るな!?...最近の魔法系アニメに出てくるアイテムをリアルに作っちゃった人。

悪の総統気分を味わえる日も近いか!?...リアルタイム情報を表示できる地球儀『Sphere』

これはCool! 拡張現実で買い物できるアプリを英企業が開発

お店の”味”を転送...『スシ・テレポーテーション』プロジェクト進行中






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先週の雨で、山形でも民家裏で土砂災害

IMG_1456IMG_1456 / susancorpuz90

※イメージ画像です。

今日も全国的に雨なので注意が必要ですね。

【いずれも民家に迫る土砂災害】


山形新聞が土砂災害2件を伝えています。

まずは、19日の山形新聞
18日の大雨で、小国町では土砂崩れが発生し、大蔵村や鶴岡市では避難所が開設された、と伝えています。

続いて20日の山形新聞
19日午前1時10分ごろ、鶴岡市温海で、民家裏の斜面が崩れたと、住民が市温海庁舎に届け出た、と伝えています。

現場は斜面は高さ約20メートル、幅約30メートルにわたって崩れ、コンクリート壁と金網のフェンスが押し倒されて民家の外壁にぶつかった、と記事は続けています。

【週末に向けては気温が上がる傾向】


今日明日天気が崩れたあとは、また気温がぐんと上がるそうなので、土砂災害も要注意ですが、熱中症も気をつけなければなりませんね。
というか、今年のこの時期にしては朝夕の気温差が大きくないですか?昼間夏並に暑いのに、夜は冷え込むみたいな...

体調管理も気をつけましょう。


【関連記事】


静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め


季節の変わり目だから?...長野地震でのり面崩落、岩手八幡平アスピーテラインで落石

沖縄梅雨入り、各地で雨の影響...青森・縫道で土砂崩れ、熊本・通潤橋の石垣の一部崩落

週明けの雨の影響ほかでも...日田市でものり面崩落、南砺市は田んぼのり面崩落




(株)ケイエフのロックボルト関連部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする