2018年06月05日

こんなに電池はないが、いいかも...20本の充電電池を放り込むだけで自動的に充電してくれる『エネロイド』




ほんとに放り込むだけってのはいいですね。

【電極位置も自動識別】


価格.comマガジンの記事で紹介されていた、『エネロイド』という充電器が結構、ヨサゲです。

詳細は記事をご覧頂ければよいと思いますが、同製品は、20本の充電式電池を上から放り込むだけで、一度に4本を次々を充電してくれて、充電が済んだら排出してくれる、自動充電器です。

電極の方向をいちいち確認する手間も不要で、ほんとに放り込むだけ。
使い切った充電式電池の場合、4本で概ね90分、20本だと7時間半ぐらいで充電しちゃうようです。

記事に動画があったので、こちらでも貼らせていただきます。




【充電池多様の方にはよいアイテムかも。】


一般家庭だと、そこまで充電池を使ってる人もいないかもしれませんが、デジタル機器に囲まれてる方とか、カメラ趣味の人はフラッシュのバッテリーでどんどん電池使うらしいので、こういうガジェットはよいかもしれません。


気になるお値段は、15,000円前後ぐらいのようです。
そんなに高いものでもないですね。

電池の充電でお困りの方は、検討してみてはどうでしょ?
会社とか施設なんかは重宝するかもしれませんね。


【関連記事】


ちゃりんこに無一文にされそう...電動自転車のバッテリーが燃えるとエグいことになる、件

考えただけでゾッとする...スマートウォッチが爆発する瞬間の映像

1,000種類以上のノートPCで使える85gの超小型ACアダプタ「FINsix Dart」、がすごい。(2017)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月は土砂災害防止月間...内閣府 水害・土砂災害対策の手引きを発表



※画像は国土交通省の土砂災害防止月間発表プレスリリースにあった、ポスターをキャプチャさせて頂きました。


そう言えば6月は土砂災害防止月間でしたね。

【九州北部豪雨の反省から、避難方法など基本情報】


リスク対策.comの伝えるところによりますと、内閣府は5月31日、「水害・土砂災害から家族と地域を守るには」と題した手引きを公表(pdfファイル)した、とのことです。

これは、2017年の九州北部豪雨の反省から作成されたもので、避難方法や普段からの備えなどに基本的に必要な知識について記している、と記事は伝えています。

同手引きは、『内閣府 防災情報のページ』にあり、『風水害対策』となっており、いろんなPDFファイルやページがリンクされています。
土砂災害系だと、

◆総合的な土砂災害対策検討ワーキンググループ

というのがあるようです。

あと、気象庁も

「土砂災害警戒判定メッシュ情報の活用 〜土砂災害から命を守るために〜」

というリーフレットを作成しています。


【新規も怖いが...】


ゲリラ豪雨や台風、大雨による土砂災害も怖いですが、すでに補強されてるところがそろそろ限界を迎えて経年劣化しているのに気づかず、安心してたら崩れた、なんてのが一番怖いですね。

とりあえず、今月は土砂災害防止月間なので、いつもより意識しておきましょう。

【関連記事】


【展示会】第5回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。

夕方に流れる音楽は、帰ろうね、のサインだけではない...ご当地防災無線行政チャイムあれこれ

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査

資金調達には失敗したようですが、よいアイテムだと思う『Rescue me ballon』



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする