2018年07月17日

まさにぎょぎょぎょ!...自分と同じぐらいの大きさの鯉を丸呑みするナマズ、撮られる。





すごい...なんだこの生き物...

【味わうとか、ないのね^^;】


9ポストで紹介されていた「ガルパー・キャットフィッシュ」というナマズがすごいです。

自分と同じぐらいの大きさの錦鯉をヒトのみ...
まさかの水槽内の映像です。



これって、このナマズの餌用に入れられてたの??
なにげにもう一匹がパニクってますね^^;


【関連記事】


絶対、というのはない、という中国の建設資材現場での事故映像

マジ!?タイなのに!?...人気の観光スポットにゴミベルトが流れている、と警鐘

色々すごいわ...オクラホマの野ブタ捕獲機がマッドマックス的な件

【ちょいグロ】オイルは最強なのか!?...油とボールだけでねずみホイホイが作れてしまう、件








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは酷い...衛星写真でみる、平成30年7月豪雨の被害



※画像は、日本スペースイメージング(株)が公開した『平成30年7月西日本豪雨撮影状況』というPDFファイルよりキャプチャさせていただきました。

川幅変わってるし..._| ̄|○ ガクッ

【あちこち傷だらけ...】


朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、米国の人工衛星会社デジタルグローブの国内販売総代理店の日本スペースイメージングが11日、西日本を襲った豪雨(平成30年7月豪雨)による土砂災害の被災前後の衛星写真を公開した、とのことです。

さらに記事の伝えるところによりますと、衛星写真の一部を、同社が被災状況を広く知ってもらうため、ホームページにて公開している、天候の関係ですぐには撮影できず、9、10日に撮影された画像のうちの一部だ、と記事が続けています。

あと、日本経済新聞には、こんな記事も。

広島大の作野裕司准教授(衛星海洋学)は13日までに、記録的豪雨に襲われた西日本の9日時点の衛星画像を解析し、土砂が河口から海へ最長約10キロにわたり流出したことを確認したと発表した、とのことです。

こちらは、米地質調査所(USGS)の資源探査衛星(ランドサット)8号が9日午前10時40分に撮影した画像を入手し、より鮮明に見えるように加工したものを利用した、と記事は伝えています。


【形が変わりそう...】


地域のいろんな地形の形が変わってしまいそうですね。これで地震とかあろうものなら、がらっと崩れて変わりそうです。

今回の豪雨では、雨量が想像を超えることとなったわけですが、日本に流れ込んでくる雨雲をどうにか事前に止めることは出来ないですかね?

随分前にアメリカでは海上でハリケーンの素を小さくするために、雲中にある水分を海上で落とす実験とかやってましたが、あれの有効性は実証出来なかったんですかね?

ワイリー・サイエンスカフェというサイトで、2012年とちょっと古いですけど、そんな記事を取り扱ってますね。Marine Cloud Brightening (MCB)という技術のようです。
この技術については、2017年にワシントン大学にもコラムっぽい記事があるようです。

雨も降らないと困りますが、地形を変えてしまうほどの雨はいらないですよね^^;。
Marine Cloud Brighteningを日本の真剣に考えてみてはどうかと...

【関連記事】


平成30年7月豪雨、いろんな分野に被害波及

平成30年7月豪雨の被害、ほかにも色々

西日本ほぼ水没...気になるのは台風8号


台風や梅雨前線の影響多数...日本全国土砂災害でボロボロ。

まだまだ台風の影響が心配...記録的豪雨で土砂崩落や交通機関にも乱れ 南島原


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする