2018年08月24日

マジか!これはきれい...最近の花火技術がプロジェクトマッピングレベルな件





これは価値ありますね。花火も進化してるのね。

【ネオンサインかよ!?】


@takoyakioko氏がTweetにアップしていた赤川花火大会の花火がすごいです。
こんな花火はじめて見た。

とりあえず、ご覧ください。



Tweetのコメントを見ると、山梨県 市川三郷町の花火会社、「(株)マルゴー」という会社の作品らしいです。すばらー!( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ

youtubeにいくつかありますね、この赤川花火大会の模様。
こちらがマルゴー社の映像のようです。4分あたりから仕掛け花火っぽいのがあります。



ほかにも 堀内煙火店だとか紅屋青木煙火店だとか、この花火大会、ひょっとして有名?^^;
はずかしながら、知りませんでした...

よい週末を。


【関連記事】


これは楽しそう...佐賀県立博物館の『すごいぞ! ボクの土木展』

なんかもう...良くも悪くもお隣大国にはびっくりです、落差108メートルの滝を有する『高層ビル』完成

生き物みたい...刀が生まれる瞬間の貴重な映像






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじまったな!...神戸市、条例で太陽光パネル設置を規制へ

太陽光発電太陽光発電 / kaidouminato

※イメージ画像です。

...というか、事故でも起きないとなんの規制もしないという体質の問題だと思うんですけどね^^;

【出力10キロワット以上の事業用太陽光パネルが対象】


神戸新聞Nextの伝えるところによりますと、神戸市は22日、出力10キロワット以上の事業用太陽光パネルを設置する際は届け出制とし、維持管理状況の報告を求めるなどの条例を制定する、と発表したとのことです。

同条例制定への経緯は以前当ブログでもお伝えした、西日本豪雨の際、同市須磨区の斜面で太陽光パネルが崩れ落ち、近くを走る山陽新幹線が一時運行を見合わせたことによるようです。

さらに、記事にはその骨子案が記載されており、一部引用させて頂くと、
条例の骨子案によると、対象になるのはいずれも新設で、鉄パイプなどで土台を組み地上に設置する場合は届け出に、山の斜面や住宅地などはより厳しい許可制とする。土砂災害警戒区域など防災上不適切な場所や、市緑地条例で保存対象となっている緑地は禁止区域にするという。


安全を守るためには既存の法令では不十分。国に法改正を求めるだけでなく条例で規制する、との市長のコメントを記事は続けています。


【許可すんのか〜い!】


太陽光発電パネル設置が悪いわけではありませんが、どう考えても山の斜面に設置するという発想が理解出来ないんですけどね...これだけゲリラ豪雨、土砂災害が頻発している昨今において...斜めになってるところにモノ置いたらいずれ滑り落ちるのは常識だと思うのですが。

高知県は斜面への設置はアウトにしたんでしたっけ?
まぁしかし、こういうのって国レベルで考えるべき規制なんじゃないかと思いますけどね...これから全国的に厳しくなっていくのではないかと。

【関連記事】


法面にメガソーラーを設置した場合のトラブル・補償事例

平成30年7月豪雨、いろんな分野に被害波及

設置場所の問題だと思う...平成30年7月豪雨災害が浮き彫りにする「太陽光エネルギー」という人災

年末年始に気になったニュース2018 その6

斜面など『設置に適さない場所』指定 太陽光発電施設ガイドライン改定 高知県(2017)



(株)ケイエフのロックボルト関係部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする