2018年10月03日

台風24号でマンションがセルフエレクトリカルパレードしてしまう事案が発生





ほぉ...こんな風になるんですね。

【停電時、マンションの電気系統はこんな動きをする。】


1000mgで紹介されていた映像なのですが、台風24号襲来時の某所のマンションがえらいことになっています。

動きからして同じマンションではなさそうで、複数アップされてますね。



不謹慎ですが、『おぉ!( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ』...と言ってしまいそうです。



心なしか、楽しそうに騒いでるように見える...中の人は大変だと思うんだけど。



ディスコサウンドがBGMとして合いそう^^;

外から見てる分には楽しそうですが、中にいる人はたまったものではないですね。
どれくらいこの状態が続いたのか、判りませんが...台風25号が日本を外してくれることを祈るばかりです。

【関連記事】


今回は海沿いがひどかった?台風24号の爪痕。

21号よりひどくないか!?...香港を襲った台風22号が荒れ狂う映像

ん...マジなんですか?...洪水の中、電柱で感電する人続出なメキシコの映像

この程度で済んでほしかった...シュールな台風21号被害

少しばかりでも心の救い...北海道震災で停電した北見市の夜空に天の川かかる。







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョジョのスタンド能力っぽい!?...全自動で構造物を淡々と作るFiverbotがすごい。





これはすごい...あとは材料次第か。

【ロボットが繊維を紡いでいく】


@Kyukimasa氏が紹介していたfiverbotがすごいです。

同ロボットはScienceというサイトで紹介されているのですが、すごいですよ、記事より引用させて頂くと(機械翻訳レベルですが)
それぞれの "Fiberbot"には、地上のタンクから繊維を引っ張り、ノズルで材料を混ぜ合わせ、ぬれた繊維をカイコのように巻きます。 次に、ロボットは紫外光をオンにしてファイバーを硬いチューブに調理します。 その後、それは体を収縮させ、小さなモーターとホイールを使用して硬化した繊維の上に乗り、プロセスが再び始まります。

ロボットは、異なる巻き取りパターンを傾斜させて使用して、チューブの厚さおよび方向を変えることができる。 それらが構築されると、ファイバーボットは、互いにや他の障害にぶつからないように、コンピュータネットワークを介して互いに通信する。 一緒に、彼らは特定の構造を構築する最も効率的な方法を計算することができます。

12時間以上かけて、22台のロボットチームが、 4.5メートルの高さ (二階建てのバスの高さ)の2つの木構造を構築することができた...


動画があるのでどうぞ。



【どれくらいで実用化できるのか気になる。】


高齢化で労働力不足が叫ばれる昨今の建設・土木業界にあっては、是非とも早急に普及してほしいアイテムですね。
なんだか、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくるスタンド能力っぽいところがかっこいい。

研究者は悪天候で未知の地形になったようなところでも遠隔で構造物を作ることが出来、7ヶ月間風雨にさらされた環境でも損傷することなく作ることができた、とあるので耐久性もすごいです。

あとはこれがどれくらいの価格で使用可能か、と使える材料はどうなのかというところですね。

【関連記事】


もはやミクロの決死隊の世界...液体フィルターがすごい

これはすごい...香港が行った科学技術を駆使したポイ捨て禁止キャンペーン

魔法の鏡も科学技術を使えば可能...笑顔にならないと映らない鏡

印刷するだけじゃない!『4Dプリンター』なるものが開発されてるらしい。



(株)ケイエフのモルタル吹付け用補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする