2018年10月22日

ちょっとキモいが有能っぽい...メイド・イン・ジャパンなヘビ型ロボットがすごい件





ロボット系ニュースが続いてますが、それもそのはず、CEATEC Japan 2018がつい先週までやってましたしね。^^;

【動きがキモい】


Gizmodoで紹介されていたヘビ型ロボットが結構キモいですが、有能っぽいです。

記事によると同ロボットは、京都大学と電気通信大学の共同研究によって開発されたロボットでこのほどはしごを登る映像が公開された、とのことです。

その映像がこちら。



無論開発の目的は、災害現場やプラント設備といった複雑な環境で使うことなわけで、コストも安くつき導入のしやすさがポイントとなるようです。

これだけしっかり動けば、かなり有能ですね。見た目はキモいですが...
ロボット業界は着実に進歩していってますね。

【関連記事】


アトラスくん、今度はパルクールに挑戦するの巻


ついにボストン・ダイナミクス社のロボわんわん、東京の現場で試験走行をはじめる。


日本もここまで来てる!産総研、重労働対応ロボ『HRP-5P』を開発


スーパーモンスターウルフ、弱点を見つけられてしまう。

ジョジョのスタンド能力っぽい!?...全自動で構造物を淡々と作るFiverbotがすごい。





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高度2万メートルから俯瞰できる高高度擬似衛星『ApusDuo』テストフライトに成功




自然災害が有った場合や気象観測なんかに役立ちそうです。

【ソーラーパネルで1年間連続飛行が可能】


techable.jpの伝えるところによりますと、UAVOSが開発中の「ApusDuo」プロトタイプがテスト飛行に成功し、空気力学的な面からの能力や操作アルゴリズム、離発着などの確認を行ったとのことです。


高高度擬似衛星=HAPS(High Altitude Pseudo Satellite)とは、記事より引用させていただくと、
長さ10メートルの翼が2本並行しているデザインで、翼にはソーラーパネルを搭載している。ここで発電して飛行に必要な電気を賄う。
...(中略)...
最大高度2万メートルとかなりの高度を飛行することができ、最長1年飛行を続けることができる

というアイテムだそうです。

動画があるので、どうぞ。




記事には、こういった無人ドローンを活用することにより、衛星を打ち上げるよりコストが抑えられ、災害が発生したときにその上空に配置してモニターしたり通信を提供したりという即時対応も可能となることだと続けています。

【台風の状況なんかも監視可能??】


動画を見る限り、ぺらっぺらな機体なので大丈夫なのか?と思いましたが、さすがに2万メートル上空なら風の影響を受けることもなく、バードストライクの心配もないので、凍結や結露の問題ぐらいですかね。(もっとも、2万メールに登るまでになにかあるかもですが^^;)

こういうのを使えば、台風の動きを常時監視出来たりするんでしょうか?
あと、豪雨や台風時、山の斜面の状態とか監視できるとよいですね。

実用にはまだほど遠いのでしょうが、今後の研究に期待です。

【関連記事】


多様化するのはよいかも...土砂災害現場、グライダーで測量 愛媛

なぜ微生物??雨の原因は『バイオエアロゾル』なのか?

タートル号か!?...進化するドローンは空中でトランスフォームする、らしい。

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査

課題も多いがまぁ、そういうことですね^^;...ドローン太陽光パネル

新しい遊びは生まれそう、だけど...センサーで反応する球体遊具『エアロノヴァ』10月発売、バンダイ



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする