2018年10月24日

鍵をかけれればなおよしなんだが...動く写真が作れる『Lifeprint』発売




使い方によっては、ちょっと楽しくなりそうです。

【スマホを通せば動く写真に。】


FOXは、Lifeprint製のARの技術を取り入れた写真を印刷できるモバイルプリンター「Lifeprint」のハリー・ポッターモデル「Lifeprint Harry Potter 2×3 Slim Photo & Video Printer」の取り扱いを開始。10月18日より先行予約販売を開始し、10月22日より発売する、と価格.comが伝えています。


動画で見たほうが早いですね。こんなことが出来るわけです。




【広告には有用かも。】


街中のポスターなんかにCMや割引チケット的なキーワードとか含ませて、スマホかざせば割引チケットゲット、みたいなことをやれば面白いかもです。
特定の人しか見れないようにする機能とかないんですかね?

対応OSはiOS 8.1 以降で、Androidは今後のアップデートで実装予定、お値段19,800円(税抜き)なので割とお手軽価格です。


【関連記事】


良くも悪くも未来感が半端ない...お隣大国の信号無視対策が話題。

これは楽しそう...佐賀県立博物館の『すごいぞ! ボクの土木展』

Volvoとポルトガルの企業が開発したリモコン式救命ボート『U_SAFE』がかっこいい。

大量買いでも対応可能なんだろか?...あるコンビニが導入予定の無人レジがなかなかよい件

うっかりするとすべてを失う...中国の試験無人食堂のゴミ捨てシステム







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開発業者が倒産...台風被害の近鉄沿線のり面崩落災害、復旧は住民で負担1億円





これはキツイですね...

【復旧工事費用はおおよそ1億円】


MBSニュースの伝えるところによりますと、去年、台風の影響で土砂崩れが起きた奈良県三郷町の住宅地で、ようやく本格的な復旧工事が行われることが決まったが、1億円以上かかる費用は全て住民らが負担する、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、開発業者は倒産、住民は開発許可を出した県に責任を求めたが、県は「崩落は自然災害」とする調査結果を出したため、住民が負担する形で復旧工事にかかるとのこと。


【どこまでが鉄道会社の持ち物なんだろか??】


記事に『崩落した法面の下の土地を近鉄から買い取り』とあるのですが、近鉄は復旧にお金出さないってことなんですかね?
なんか、このあたり、法律的には難しそうです。
家の敷地と鉄道のり面の土地の関係ってどうなってるんですかね...

うちも線路沿いだ!という方はちょっと詳しく調べておいたほうがよいかも...

それにしても、何件で1億円を負担するんですかね...あと災害補助金的なものが付くのかどうかも気になるところです。

このところ、自然災害の規模が想像を絶する規模になっているのでマイホームをお持ちの方は権利や保険関係をしっかりチェックしておいたほうがよいかもしれません。


【関連記事】


風のチカラなの??...今年3月に開通したばかりの唐津伊万里道路の、のり面崩れる

今回は海沿いがひどかった?台風24号の爪痕。

引っ越すしかない?平成30年7月豪雨の傷跡まだ...団地の、のり面崩落2ヶ月手付かず

静岡、奈良がダメージ大?...台風12号の傷跡



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする