2018年11月14日

分からんわ...狩猟民族必須アイテム使用によるカモフラ術がすごい。





見た目、全然分かりませんよね^^;

【かくれんぼしても面白いかも】


小太郎ぶろぐで紹介されていたカモフラ術映像が、まさに光学迷彩並の溶け込み方です。

どうやらカモフラ術用アイテムの商品使用例的な動画なのですが、これがお見事です。
まぁ、その風景にある材料を使ってのカモフラなので、溶け込みやすいでしょうけど。

どこにいるか、わかりますか?



そして、このように化けるためのアイテムがこちら。



こんなタイソウなアイテム、わざわざ購入する??って思ったんですが、普通のゴムバンドとかだとうまく付けられなかったり、ズレたりしそうですし、都度都度お手製で作るのも面倒なのでやっぱりいるんですね、プロ狩猟民族は。^^;

日本でもマタギや獣害対策用員が活躍する昨今なので、こういったアイテムがあると狩猟がはかどるかもしれません。

”カモフラージュ バンド”とか”カモフラージュ アイテム”でぐぐってみたのですが、おしゃれ小物系しか出てこないですね...日本のネットでは。

やっぱ、必要なのかも。

【関連記事】


スーパーモンスターウルフ、弱点を見つけられてしまう。


オランダで有効なの??...人工ライオン糞臭でシカ対策に挑むオランダ。

ある意味優しい、のかな?...海外のリス対策あれこれ

【ちょいグロ】オイルは最強なのか!?...油とボールだけでねずみホイホイが作れてしまう、件

これはいい!クールだし、便利だし!おされなウェアラブルチェア『LEX』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言われてみれば...墜落するドローンを守るパラシュート『DRONE RESCUE』





なるほど、バッテリー切れとか墜落とか十分ありますからね...

【落下は自動検知】


Gizmodoで紹介されていたドローン用パラシュートがなるほどなアイテムです。

『DRONE RESCUE』という後付のドローン用パラシュート。
記事によると、
ユニットの総重量は200gと軽量で、重さ2〜15kgまでのドローンをカバーするとのこと。

墜落は自動検知で、落下開始から8m以内で開くよう設計されています。降下率は秒速3mとゆっくりで、真っ赤なパラシュートがどこに着地したのか、ひと目でわかるよう目立つ色になっています。

だそうです。

実験動画がアップされているので、どうぞ。




【ドローン測量は国からのお墨付き】


決して安い買い物ではないが、破損のリスクの高いアイテムだけに今後はこういうアイテムが標準装備になるかもですね。
当ブログでも割とドローンネタを取り扱ってきましたが、どんどん進化しており、活躍現場も増えつつありますしね。

大分合同新聞の記事によると、小型無人機(ドローン)と搭載カメラで災害復旧の現場を測量する大分県の研究が、国の主催する研究会で最優秀賞を受賞した、というニュースも流れており今後ますます土木・建築の業界での活用は増えそうだ、と記事は伝えています。

まだまだ耐久性や稼働時間の問題はありますが、ヒトが入れないところや危険箇所、俯瞰が必要なところにはどんどん活用されるでしょうね。
そんなドローンを守る上記のようなアイテムもまた需要が増えることでしょう。

最後にちょっとかわいいドローンを大阪の企業さんが作ってるようなのでご紹介。
@renren_hungry氏がアップされていた”あひるちゃん”ドローン。




こういうのもよいかも(^o^)。

【関連記事】


衝突回避センサー搭載で安全にトンネル内を調査できるソフトウェア『Hovermap』

自動飛行から解析、レポート作成までを自動化...鉄塔を自動点検するサービス「TOWER CHECK」

高度2万メートルから俯瞰できる高高度擬似衛星『ApusDuo』テストフライトに成功

多様化するのはよいかも...土砂災害現場、グライダーで測量 愛媛

課題も多いがまぁ、そういうことですね^^;...ドローン太陽光パネル



環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする