2018年11月15日

いやいやバレバレやと思う...ヤクルト製作の『ハイテク早弁大作戦』が面白い。





しかし、近い将来、もっと小型軽量化したアイテムを高専あたりの学生さんが作って、実践してそう。

【動画の真意は朝食の重要性】


IRORIOで紹介されていた、ヤクルト製作の『ハイテク早弁大作戦』な動画が面白いです。

同動画はヤクルト本社が10月に、「ジョア」のプロモーションとして、WEB動画「HAYA-BEN HACKERS」という形でアップしたものですが、動画に込められたメッセージは、
朝食を抜く若者が増えている中、ジョアで手軽に栄養補給をしてほしいとの思いから、動画を制作しました。

だそうです。



廊下からアンパンが飛んでくる装置なんて、設置してる段階で先生にバレちゃいますよね(((*≧艸≦)ププッ

昔、フランス映画で『ザ・カンニング IQ=0』というコメディ映画がありましたが、あの映画を彷彿とさせるバカっぷりです。

ちなみに、農林水産省のサイトに朝食を食べることの重要性がまとめられているので、どうぞ。
お米のご飯が朝食によい理由がちゃんとあったのですね...知りませんでした。

朝食、食べてます?

【関連記事】


いやいや、さすがにネタでしょ!?強盗の現場で状況を無視するスマホ中毒者現る。ブラジル

ヘタな映画よりおもしろい!イグアナが蛇の群れから脱出する映像

アトラスくん、今度はパルクールに挑戦するの巻

うっかりするとすべてを失う...中国の試験無人食堂のゴミ捨てシステム





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏に貯めたエネルギーを冬使う、みたいなことが出来る?太陽熱燃料を開発 スウェーデン

SunSun / haru__q

※イメージ画像です。

10年以内って...そんなレベルで進むんですかね...

【太陽熱を最大18年間保存】


Newsweekの伝えるところによりますと、スウェーデンのチャルマース工科大学の研究チームは、最大10%の太陽スペクトルを吸収し、触媒反応によって熱エネルギーを放出する、液体の光応答性特殊構造分子「太陽熱燃料(STF)」と、これを活用した「太陽熱エネルギー貯蔵システム(MOST)」を開発した、とのことです。

詳細は記事を読んでいただければよいかと思います(図解もあるので)が、このシステムの原理を記事から引用させて頂くと、
「太陽熱エネルギー貯蔵システム(MOST)」では、炭素、水素、窒素からなる「太陽熱燃料(STF)」に、建物の屋根などに設置した太陽熱集熱器で集めた太陽光を当てると、同じ原子で構成しながら、その結合や配置が異なる「異性体」となり、太陽光から得たエネルギーを長期間にわたって安定的に保持する。エネルギーが必要になったら、コバルトフタロシアニンを触媒として、この「異性体」を反応させると、温度が63.4度上昇して元の分子に戻る仕組みだ。

なんだか、さっぱり解りませんが、どうやら別の形にして使う段階で何かと反応させて熱量を増やす、みたいなイメージでしょうか...

同システムでは太陽熱を最大18年間貯蔵できるんだそうで、10年以内の実用化を目指して研究中だと記事は続けています。


【実現すれば色んな問題が解決しそう】


概要だけ聞いてると凄まじく画期的なシステムですが、実現するんでしょうか?
自然界の生み出す、あるいは太陽のように宇宙から降り注ぐエネルギーはものすごいポテンシャルを持っているわけですが、それを人間の生活にダイレクトに使えるようにするには結構な労力とコストと時間が必要なわけです。

太陽熱を貯蔵できるようになれば、夏のギラギラエネルギーを冬まで蓄えて、豪雪地帯や道路の凍結なんかを溶かすのに使えたり暖房に使ったり出来るので、こんなによいことはないですね。

しかし、こういった夢のような研究の実用化は結構な時間がかかるので、生きてる間に実現できるかどうか...


【関連記事】



実用化するのか?と思うほど道のりは遠いような...尿レンガ、常温で製造成功

もはやミクロの決死隊の世界...液体フィルターがすごい

設置場所の問題だと思う...平成30年7月豪雨災害が浮き彫りにする「太陽光エネルギー」という人災

これは是非採用すべき!...10うんちで2時間点灯、わんこのうんちを燃料に街灯発電


(株)ケイエフの植物誘導吹付工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする