2019年01月11日

電気獣害柵対策!?...賢すぎるサル軍団、現る。





朝のワイドショーでもやってましたが、畑の電気獣害柵対策ではないか、という話も...

【電話線らしいので、感電はしないっぽい。】


やりますな...9ポストで紹介されていた衝撃映像。

青森で目撃されたというこの動画。
電話線らしき電線を綱渡りしながら移動するサル軍団。
@bariton_666氏がツイートにアップしたものです。




もはやイタチごっこですね。
人間さまが対策をすればするほど、野生動物の能力開発に磨きがかかっていくような...獣害は農業者にとっては死活問題ですからね。
困ったものです。

週末はまたお天気下り坂で夜の間に雨雲が来ると、東京周辺は雪になる可能性もあるとか、なのでお気をつけください。
よい週末を。


【関連記事】



絶対、ヒト入ってるでしょ? とある動物園のクマの寝起きがおっさん、だと話題。

正しい知識で獣害対策、『イノシシは積雪30センチ70日 越冬できない』は誤り

イノシシの恐怖を実感できる映像 福岡

衝撃の結末...ビルの8階の壁にへばりついてたアライグマが!!な映像

一兎を得るのもひと苦労...ご主人様VS飼い兎の攻防がおもしろい。





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIで現場の画像を分析...2年後に無人機を商用化 コマツ

Rikuzentakata Post-earthquake Reconstruction 陸前高田市震災復興事業 今泉地区 重ダンプトラック
Rikuzentakata Post-earthquake Reconstruction 陸前高田市震災復興事業 今泉地区 重ダンプトラック / : : Ys [waiz] : :

※イメージ画像です。

まさに”産業ロボット”が現場を占めていく時代ですね。

【掘削から土砂運搬まで自動化】


IZAの伝えるところによりますと、建設機械世界2位のコマツが、創業100周年の平成33年にも無人運転の建機を商用化する計画が2日、分かった、とのことです。

記事によると、油圧ショベルカーと不整地面を走れるクローラー(無限軌道)式ダンプカーの2機種を開発し、今春から実際の土木工事に利用して実証実験に着手、さまざまな現場に対応可能なようにデータを収集している、ようです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、コスト面や現場の土質などの状況網羅など課題も残っているようです.


【3K仕事はロボットでいいかも。】


まさにこういったI-construction(ict土工)では、AIの判断精度が現場の作業効率のカギとなるわけですが、実用に耐えうるレベルの精度で学習してくれるのにどれくらいの時間が必要なんですかね。

2年間でどれだけの現場をこなすかにもよるような気がしますが。
弊社もセーフティークライマー工法という無人機掘削工法を推進しておりますが、今後ますます土木現場のロボット化は進みそうです。

ずいぶん昔の映像ですが、コマツの無人ダンプ映像があったので、どうぞ。




そう言えば、つい先日もどっかの現場で似たような実証実験に成功した、というニュースが流れてましたね。


【関連記事】



5G通信で2台の重機を操作、積載・運搬・荷降ろしを遠隔操作成功 KDDI、大林組、NEC、共同実証

ついにボストン・ダイナミクス社のロボわんわん、東京の現場で試験走行をはじめる。

日本もここまで来てる!産総研、重労働対応ロボ『HRP-5P』を開発



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする