2019年02月05日

リアルにあるんかーい!...下層階が火事でも脱出可能なパラシュート





いやぁ、ただのコンセプトアイテムだと思ってましたよぉ...^^;

【やっぱでかいな^^;】


ひろぶろで紹介されていた緊急脱出用パラシュートが色んな意味で斬新です。

高層ビルで下層階が火事になっていても、このパラシュートなら安全に脱出可能...と思われます。
まぁ動画をどうぞ。



過去に似たようなのを紹介した記憶がなきにしもあらずですが、最初のCGを見た時、はいはい、コンセプトアイテムね、と思ったらリアルに作られてて、実験もしてたのでびっくりです。

とても有用な感じを受けますが、沢山の人がこいつを使ってビルから飛び降りてたら、別の事故が発生してそうな気もするのですが...
高層マンションの上層階にお住まいの方は、下層階が火事になったとき、どうやって脱出するか、考えておきましょう。
最近、火事多いですし...



【関連記事】


言われてみれば...墜落するドローンを守るパラシュート『DRONE RESCUE』

ピンポイント消火可能なスマートスプリンクラーが結構いいかも。

これはいいかも...高層マンションから脱出するための避難コンセプト(2017)

これは怖い...スカイダイビング中に隕石がニアミスする映像(2014)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1分で補修完了...高速道路の穴補修キットをNexco中日本の関連会社 開発



※画像は東海テレビの映像からキャプチャさせて頂きました。


アスファルトって、そんな簡単にくっつく素材なんですね。

【従来の5分の1の作業時間】


東海テレビの伝えるところによりますと、ネクスコ中日本のグループ会社などが高速道路に空いた穴をわずか「1分」で補修できるキットを開発した、とのことです。
その名も「TOKE(とけ)・パック」。

記事によると、中にはアスファルトが入っていて、水に溶ける袋でパックされている、これまでの5分の1にあたるわずか1分程度で補修が完了、費用は半分で済む、として今後全国で販売する予定だと続けています。

【耐久性が気になるところ。】


応急処置的なアイテムですかね。
どれくらいの耐久性があるのか、気になるところです。

ネット民からは

>費用が半分は良いとして、5分が1分に成ってどうだって云うんだろうなあ。

>高速道や幹線道路での通行規制はプレッシャーが凄いんだよ。
>安全対策を考える意味でも、作業時間短縮はかなり重要な要素。

>更に言えば、転圧機が要らなくなることで段取りが組みやすくなり
>作業スペースの確保とか作業車両の配置とかも変わってくるプラス
>面も大きい。そのあたりも含めると短縮できる時間はもっと長いよ。

>水で固めるレミファルトって以前からあるじゃん

>以前からある水で固める奴は常温合剤の中でも定着性に難があったでしょ。
>あれを仮復旧であれ高速道路で使う気にはとてもなれん。

>今まで5分で治してたのか
>カップうどん入れる間に直せるのは十分凄いだろ

『バイク速報』より引用させて頂きました。


という声が上がっています。

確かに...高速道路で作業する人たちの1分と5分は安全面でとても大きいですね。


【関連記事】


正月明けだから?...道路のり面工事で機械に挟まれ死亡事故 北海道

11月18日は土木の日ですし...「阪神高速×土木」展@大阪・心斎橋 11/20まで

応急対策の最中だった模様...国道378号ののり面に亀裂 愛媛



(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする