2019年03月26日

これはすごい!手話をテキストと音声に翻訳しちゃうグローブ『NAVID』





2016年にGigazineが記事にしてますね。

【学生コンペで1万ドル賞金ゲット済み】


@knmt_ai氏がTweetしていたアイテムがすごいです。その名も『NAVID』。

動画をどうぞ。



Gigazineの記事では、『SignAround』という名前になってますね。

手話ができればいいな、と思ってる人は多いかと思いますが一般ピーポーが覚えるのは結構大変だったりするので、こういうデバイスが日常的になればよいですね。

最近はスマホやタブレットで随分解消されてはいますが...

【関連記事】


その手があるな!Google、聴覚障害者用アプリを2つ投入

未来っぽい!分身ロボットで働くテストパイロットを約10名募集 オリィ研究所

なにげにお役立ちかも...東大研究室が真面目に作る第3,第4の腕『MetaLimbs(メタ・リムズ)』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史から学ぶ...新たな地図記号「自然災害伝承碑」を制定 国土地理院



※画像は国土地理院のサイトよりキャプチャさせて頂きました。


地図見るときに、注意してみてみたほうがよいですね。

【過去の教訓を未来へ】


Impress Watchの伝えるところによりますと、国土地理院は、新たな地図記号 「自然災害伝承碑」を制定、災害教訓の周知・普及に取り組む、と記事は続けています。

上記のアイキャッチがその新記号なのですが、記事によりますと、自然災害伝承碑は、過去に発生した津波、洪水、火山災害、土砂災害等の自然災害に係る事柄(災害の様相や被害の状況など)が記載されている石碑やモニュメントのことで、この新記号制定の背景には、
2018年7月の西日本豪雨災害で甚大な被害を受けた広島県坂町では、111年前に起きた大水害の被災状況を伝える石碑が現地に建立されていた。しかし、地域住民にその伝承内容が十分に知られていなかったという。

ということがあるようです。

同記号は、2019年9月から2万5千分1地形図に掲載する、と記事はくくっています。

【地名変更なんかも見直したほうがよいのでは?】


過去の教訓を活かすことは大事なのでよい取り組みですね。
地名にも多くの歴史情報が入っていることから、地名変更なんかも勝手に変えたらダメ、という風に法なり条例なりで制定してはどうですかね?


【関連記事】


生存確率が上がるかも...登山地図アプリ「YAMAP」にすれ違うたび無線通信機能搭載予定

GW2018中に気になったニュースまとめ その4

いいのがあるじゃないですか!...国土交通省提供『川の防災情報』



(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする