2019年04月17日

怖っ!...はがきのカスタマーバーコードをネットに晒すとえらいことになる、件

Unitech MS180-1U Barcode Scanner ReaderUnitech MS180-1U Barcode Scanner Reader / lostparcels

※イメージ画像です。

知らなんだ...これは怖い。

【部屋番号まで!?】


秒刊サンデーで紹介されていた、はがきについてるカスタマーバーコードの話がホラーです。

はがきについているカスタマーバーコードには、郵便番号・番地・部屋番号等の数字情報が含まれているので、むやみにネットにさらしてはダメ!ということです。

それを実践Tweetしてくれてるのが、こちら。




バーコードと言っても色んな種類があり、確かにそこに結構な情報を盛り込めるわけですが、このカスタマーバーコードというのはちょっと認識から外れてましたね。

確かにあるある、はがきにこんなバーコードが付いた奴。

(゚д゚)ハッ!! ということは破棄する際もシュレッダーしないとダメですね。

まぁ、そうそうこんな葉書をネットに晒すこともないでしょうが、覚えておきましょう。
個人情報の管理は大切ですから。


【関連記事】


中二脳は刺激されるが、世も末という感じも...泥棒を撃退する非致死性の遠隔防衛兵器『SubLethal』

このご時世、これは大事...所定の場所以外に置かれた商品を勝手に戻してはいけない理由

行き交う人はみな財布!?...キャッシュレス化が進むお隣大国の詐欺事情がすごい件








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らなんだ...『余震』という言葉がニュースから消えた理由



※イメージ画像です。


7割の人が知らなかったらしいので、知らなくても恥ずかしくはないですよ(^^)


【表現が変わっていることすら知らなかった。】


テレビのニュースや気象情報ニュースで『今後の余震にご注意ください』という文言が別の表現に置き換えられているのを認識されてましたでしょうか?

筆者は知りませんでした、というか、気づいていませんでした。

その理由をrakuten newsが伝えています。
詳細は記事を読んでいただければよいかと思うのですが、結論だけさくっとと要約すると、
本震の後に本震と同等もしくはそれより大きな揺れが来るケースが発生(3年前の熊本地震)して、『余震』という言葉を使うと、本震より小さな揺れと勘違いする人がいるため、使わなくなった

ということらしいです。

なるほど...確かに大きな揺れが続くとどれが本震か解らないですし、余計な油断をしてしまいそうです。


【前兆とか後からの揺れとかない、ということ?】


地震というのはちっちゃい揺れがまずあって(P派の到達)、そして大きい揺れがきて(S派の到達)、そのあとにまさに『余震』みたいなのが来るものと思っていたのですが、地震って、そもそもそういうものではない、と考えたほうがいいってことですかね?

記事にここ最近の大きな地震の傾向なんかが少々触れられていますが、確かにノーモーションでどかんと来てるケースも多いような気も...(実際には体感しづらいレベルでちっちゃいのが事前に来てるのかも、ですが)。

今度大きめの地震が来たら、ちょっと意識してニュースを聞いてみようと思います。

地震に限らず、大型連休とかの前後って、何かしらちょっとした自然災害が発生しているイメージなので、備品のチェック等しておくことをおすすめいたします。


【関連記事】


各国政府も注目する『パラメトリック保険』なる保険が登場 海外

情報共有は大事!...国交省 『盛り土マップ』、『液状化マップ』を公表予定

災害規模が大きくなってるから?...平成30年の土砂災害発生件数が確定 国土交通省

AIが未来の自然災害を予測?カナダで”あらゆる自然災害”を予測するAIを開発中。

内閣府防災がアップした南海トラフ地震対策の動画に役立つ情報が満載、だと話題。



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








ラベル:地震 余震 気象
posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする