2019年05月22日

googleがはじめた、旅行お助けサイト『google travel』がヨサげ。





こりゃ便利。

【周辺ホテルの料金が一目瞭然、だが...】


Back Pack Hackというサイトで紹介されていたのですが、Googleが「Google Travel」というサービスをはじめたようです。

どういうサービスかというと、目的地を設定すれば周辺観光情報からおすすめのコース、フライト予約、ホテルの予約までその場で出来てしまう、という内容です。

実際に触ってみれば判ると思うのですが、非常にシンプルで使いやすいです。
ただ、海外旅行者用にできているからか、なぜかホテルの料金がドル建てで表示されます^^;

しかし、これもホテルを選ぶと各種格安予約サービスの候補が出て、そこからその格安予約サイトに飛ぶとちゃんと円で表示されます。


【最安ホテルを探すにはよいかも。】



詳しい使い方は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、最安値のホテルを探すには見やすくてよいかもしれません。

あと、どうやらこのGoogle travel内のおすすめ動画などは、通常の検索結果とは違うものが出るようなので、旅行者に特化した内容が反映されるようになってるのかもしれません。

旅行大好きな人は活用してみてはどうでしょ?

【関連記事】


冠婚葬祭、これよくない?ご祝儀をクレカ処理できるウェディングサービス、はじまる。

便利!?かな??...国土地理院のウェブ地図サービス、住所リストを瞬時にマッピングできる新機能

課題はあれど良いかも!?月額定額で全国住み放題なサービス『ADDress』4月開始

【タダ企画! 】行ってみたい!タダでフィンランドに行けるキャンペーン『Rent a Finn』開催






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これでバードストライクも回避可能か!?ドローンの障害物瞬発回避技術が開発。





これが実用化されれば、ドローン宅配が本格的に稼働しそうですね。

【とは言え、実用化はまだまだ先】


Gigazineの伝えるところによりますと、チューリッヒ大学の研究チームが、カメラによって飛んでくる物体を認識して自動で回避する技術を開発、実際にこの技術を用いたドローンによる実験ムービーを公開している、とのことです。

その動画がこちら。



なかなかやるじゃなぁい?...と思ってしまうのですが、記事に悲しいコメントが。
チューリッヒ大学の研究者であるDavide Falanga氏によると、動いている対象物をとっさに回避する機能を商業用ドローンに搭載するのはまだほとんど不可能だとのこと。
(中略)
このようにドローンが動いているものを自動で回避できない理由は、ドローンに搭載されているモーターの応答速度とセンサーの待ち時間などでボトルネックが引き起こされるためだと研究チームは述べています。

というのがその理由。

【全然ダメダメかと思ったが...】


動画の最初のほうを見た時、え?こんなレベルで回避したと言えるの?と思ったのですがexperiment 3ぐらになると、あぁなるほど、そういうことね、と納得のいく回避映像が見れます。

ドローンのような飛翔体の最大のネックは障害物やバードストライクなので、恐らく商用利用で配達や測量などで使おうと思えば、一番重要な技術ではないかと思います。

開発者もいずれ標準装備の技術となる、と言ってますしね。

つい先日、『ドローン等飛行禁止改正法成立(NHK)』したばかりの我が国、今後の開発で色々検討が必要な部分も出てくるでしょうね。

早いとこ、実用化レベルになってほしいです。



【関連記事】


熱感知で人命救助、熱漏れ発見、動物監視など...Parrot サーマルカメラ搭載ドローンを発表

早く市場に出てほしいです!音の94%を遮断できる新しい素材を3Dプリンターで開発-ボストン大学

GW中に気になったニュースあれこれ その4

GW中に気になったニュースあれこれ その3

GW周りに気になったニュース その1




(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする