2019年06月06日

運転する人、ほんと気をつけましょう...福岡・早良区で起きた事故のドラレコ映像が地獄絵図





なんというスピード...こんなスピードで突っ込んでいくの初めて見るかも。

【これは避けれない。】


乗り物速報で紹介されていた、先日の福岡の事故映像です。
4日、福岡市早良区の交差点で少なくとも6台の車が絡む事故が発生しましたが、その事故を捉えたドライブレコーダー映像がyoutubeにアップされています。

これはひどい。アクセルフルスロットル状態ですね。



これは避けようがありません。
かなりの衝撃映像ですが、この映像を見て、車を運転する方はいま一度、自分の運転や操作系統の確認をしておいたほうがよいのではないでしょうか?

長く車の運転をしていると、慣れからついつい意識が甘くなってしまっていたりしますのでね。
悲惨な事故を起こさないためにも、キモに命じておきましょう。


【関連記事】


野生動物に背中を見せてはいけない、という教訓がよくわかる動画

コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。

結局そこじゃないかと...高齢者ドライバーがなかなかブレーキを踏まはい一つの要因を表す動画が話題

日本でも通用するのかな?フィリピンの交差点交通事故対策





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱ火山灰な土壌が原因?...少雨で斜面が崩壊の共通した理由

火山灰的收集攻略火山灰的收集攻略 / No Dust

※イメージ画像です。

そりゃ、少雨で崩れますよね(T_T)

【地下水が溜まりやすいので、少雨でも脆く...】


大分合同新聞に《大雨ないのに斜面が崩壊、共通点は「火砕流台地」》という記事があり、少雨で斜面が崩落する共通した理由について記載されています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、昨年4月に中津市耶馬渓町で起きた山崩れと同じケースの斜面崩壊が、九州で少なくとも戦後8件発生していたことが国土交通省の資料で分かったそうで、火砕流が堆積した台地となっている模様。

そして、記事より引用させて頂くと、
地質が複雑で、異なる地質の境界に地下水がたまりやすくなっているとみられるという。このため、長い時間をかけて境界付近が粘土化するなどし、雨が降っていない状態でも崩壊した可能性があると推測されている。

ということらしい。


【歴史は大事】


こういうの見てると、その地に残された地名とかやっぱり大事なんじゃないですかね?地名にその土地柄が表現された場所とかありますし。
関東も確か『関東ローム層』とか言って火山灰が重なった層じゃなかったでしたっけ?

ということは関東でも同様の土砂災害が発生する可能性は十分あるということですね。
これから梅雨時期で雨が増えるので、お住まいの地域の地盤の元はどんなのか、知っておいたほうがよいかもしれません。

そう言えば、そんなサービスがありましたね?


【関連記事】


GW中に気になったニュースあれこれ その2

最大60〜70m/秒の暴風だった...大阪での台風21号 京大が推定

キャパオーバーが原因か!?地下へ大量雨水、のり面緩み崩落 西日本豪雨の原因


(株)ケイエフのスーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする