2019年09月17日

世も末...タイでは犬も詐欺を働くらしい、という映像





貧困はわんこの性格も歪めてしまうのか...

【モノは考えようか?】


9ポストで紹介されていたわんこの動画がちょっと切ないです。

足に障害を持ったと思われるわんこ...実はこれ、わんこの演技。
餌をもらうために編み出した技のようで、この界隈では有名なんだとか。

ではその妙技をどうぞ。



記事には、
人間がやったらダメなことですが、犬がやっていると「賢い」と思ってしまいます。

とコメントがありますが、どうなんですかね...

かと言って、最近日本でも話題になっている野良動物への餌やり問題もあるし、イノシシやクマのように襲いかかられても困るしね...

個人的には、見てるとなんだか嫌な気分になります。


【関連記事】


鳥って賢い...文明を利用して安全な場所に巣を作るツバメ、現る

野生動物に背中を見せてはいけない、という教訓がよくわかる動画

やっぱ鳥は賢い...鳥よけをバリバリ剥がしていくオウムが目撃される。

なるほど...人食い熊発生には4つのステップがある、らしい。







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの『砂場マッピング』を誰でも作れる!「Magic-Sand for RealSense」



※gif画像は@tobetchi氏の動画からgif化させて頂きました。

これは楽しそう。

【開発自体は止まってるらしい。】


ICT教育ニュースの伝えるところによりますと、アールテクニカが9日、オープンソースソフトウェア “Magic-Sand” を、現在もっとも入手容易な深度センサー「Intel RealSense」に対応した「Magic-Sand for RealSense」をGPL v2準拠のオープンソースソフトウェアとしてリリースした、とのことです。

そうです、これ、あの佐賀県立博物館「すごいぞ! ボクの土木展」で披露された、砂場マッピングです。

記事によると、更新が2017年で停止し、深度センサーとしてはMicrosoftのKinect v.1のみに対応となったまま、Kinectシリーズはv.2が発表されたあと出荷停止となっており、今後Magic-Sandを新しい環境で動かすのが難しくなっていた、そこで、アールテクニカでは現行商品であり、現在もっとも簡単に入手できる深度センサーのIntel RealSenseシリーズへの対応を行い、新たにオープンソースソフトウェアとしてGitHub上で公開した、と伝えています。

【使えると楽しい...】


プログラムをいじるのに抵抗のない人は落として動かしてみてはどうですかね?

対応OSがmacOS(10.13~10.14)、対応深度センサーはIntel RealSense D435のみとなっている、みたいですけど。

配布場所はGithubです。

こういうのは、パッケージ化してイベント会社などにレンタルできるようにすればいいのに、と思ったりしますが。
土木系イベントではかなりウケると思います。

【関連記事】


どうやってるの?...台風でバタバタはためく防護シートをアート作品に変えた男

ビル群使ってこれやられたら...中国・広東省のLEDマッピングショーがSFアニメな件(2018)

ぼくの土木展でやってたのはこれか!?『UCLA's Augmented Reality Sandbox』(2018)

これは楽しそう...佐賀県立博物館の『すごいぞ! ボクの土木展』(2018)

マジか!これはきれい...最近の花火技術がプロジェクトマッピングレベルな件(2018)





(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする