2019年11月12日

ちょっと楽しい...中二心をくすぐる栓抜き





なんかゲームが生まれそう。

【ボトルキャップを飛ばせる栓抜き】


えのげで紹介されていた栓抜きがちょっと楽しいです。

まずはご覧ください。


gif画像だと、キャップが飛んでいくコマがすっとんじゃってますが、キャップを飛ばすことができます。

だからどうだ、というわけではないですが、こうしたちょっとした遊び心があると楽しいですね。

密林で安いものだと、300円ぐらいで売ってますね^^;
ちょっと怪しいショップですけど...ちゃんとしてそうな奴でも、まぁ、1000円ぐらいで買えちゃうようです。

ピストル型じゃないのもあるようなので、ひとつあればネタとして使えそうです。
まもなく忘年会シーズンですしね。


【関連記事】


キマればヒーロー!...この夏プールでやってみたい『ウォーターウォールの術』

『ショートコント!釣り!』って最初に言いたくなる動画


中二ごっこが捗るな!?...最近の魔法系アニメに出てくるアイテムをリアルに作っちゃった人。(2018)








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐久性は6〜9倍、ゴムみたいに柔軟な『コンクリート』を開発 ロシア

Composition of concreteComposition of concrete / けんたま/KENTAMA

※イメージ画像です。

「コンクリートは、最初のひび割れが起こるまでの時間をどれだけ長くできるかが重要」
これ、名言ですね^^;

【原料の40%をもみ殻の灰や粉砕した珪砂】


ナゾロジーで紹介されていた「ラバー・コンクリート」という新コンクリートが興味深いです。

記事によると、このコンクリートを開発したのは、ロシア・ウラジオストクにある極東連邦大学で、原料となるセメントの成分を変えることで、ゴムのような柔軟さを実現、耐久力は従来の6〜9倍に及ぶそうで、研究の詳細は、10月4日付けで「Applied Research」に掲載された、そうです。

記事に従来のコンクリートとの違いが詳細に説明されているので、読んで頂ければよいかと思いますが、その強度についての説明を一部引用させて頂くと、
...ゴムのような耐久性の高い柔軟さを実現。そのため、強い衝撃を受けても、エネルギーを吸収し、押し返すことで割れにくくなっています。

と説明しています。

記事に開発者のコメントが掲載されていますが、次の開発では、放射能に強いコンクリートの開発を目指すと記事は伝えています。


【必要は発明の母なり】


記事を読んで頂ければおわかりかと思いますが、はやり、軍事目的に作られた材料なわけです。
テロ対策など衝撃に強い建物を作るために開発された、というところがロシアらしい感じがします。

しかし、そういう意味では災害大国日本にあっても、見習うべき視点ですね。
自然災害という敵から守るために。
是非、日本の大学や研究機関も極東連邦大学と共同研究してほしいところです。


【関連記事】


すばらー!...災害ゴミをセメント製造のエネルギーに 栃木県の企業

微生物浄化でコストも半減、新規の脱塩素化微生物で汚染土壌・地下水浄化技術を共同開発 竹中・名古屋工大

ついに出来たのか!?光学迷彩的なシートをカナダの会社が披露。


もうやだこの国...お隣大国の改装工事の床下からコンクリートの代わりにある『素材』が出てきてびっくりな映像

もはや肉はプリントする時代...3Dプリンターで植物由来の材料で肉を作る『Redefine Meat』

こんなに扱いづらいとは...プラスチック完全リサイクルが難しい理由




(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする