2019年11月14日

サビとかはどうなんだろ?『沈まない金属』爆誕





サビなければ色々応用が効きそう。

【要するに空気の膜で覆う、と。】


ナゾロジーで紹介されていたアメリカ・ロチェスター大学の研究『絶対に沈まない金属』が面白いです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ミズグモやヒアリが持つ撥水構造と同じ原理で金属面に微細な傷をつけてやると、沈まない金属が出来上がるんだとか。

しかも、穴を開けても沈まないらしい。

実験動画も紹介されていたので、どうぞ。



実験はアルミでやっているのですが、これは他の金属でも可能なんですかね?
表面に水滴が絶対につかないようにすれば、サビからも開放されるんですが、そんなことも可能なのか、とても気になります。

記事にあるように、沈まない船ができそうですね。

余談ですが、アルミって1円玉のイメージから浮くもんだと思いこんでいましたが、ぐぐってみたら、普通に沈むんですね。^^;
1円玉が浮くのは表面張力と浮力のおかげだとか。

【関連記事】


色々応用が効きそう!あのメーカーが吹き付ける『人工皮膚』を開発

もう悪いことしか思いつかない^^;...機械学習でブロックサインを盗むアプリを作った猛者がいらっしゃる件

早く市場に出てほしいです!音の94%を遮断できる新しい素材を3Dプリンターで開発-ボストン大学

春の工作に!あの錯視立体物を作ろうの巻

人間にゃんこ化計画?...人間用尻尾デバイス開発 北陸先端大

赤ちゃん的にはどうなん、これ??...電通が提案する新しい”イクメン”の形??『FATHER’S NURSING ASSISTANT』







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰺ヶ沢で橋崩落、作業員4人けが、命に別状はなし。

クレーンクレーン / khf_fjs

※イメージ画像です。

死者が出なくてよかったですね。

【約20メートルが崩落】


陸奥新報の伝えるところによりますと、11日午前10時ごろ、鯵ケ沢町一ツ森町の赤石川に架かる大然橋(全長約40メートル、幅3・25メートル)の撤去作業中、たもとから中心部まで約20メートルが崩落、当時、作業していた男性7人が橋とともに約4メートル下に落下、うち4人が腰や足などにけがを負った、とのことです。

怪我した作業員の命に別条はない、とのことです。

【年末も近いことですし...】


年の瀬も近づいてきたこの時期、現場での事故は避けたいところです。

なんか、この地名、聞いたことがあるような...近くにのり面工事の現場があったりしますかね?
はっきりとは覚えてないですが...それとも随分前?

ともあれ、死人が出なかったのは不幸中の幸い。
気温も下がってきて、気候も不安定であったりするこの時期、作業は慎重に行いましょう。
もうすぐ年末。楽しいお正月を迎えられるように、ご安全に。

【関連記事】


それだけ気象条件の比率が高いということ?気象情報から労働災害を予知するシステムが開発される

災害復旧工事中、ショベルカー斜面横転、オペレーター死亡 徳島


ゲーム感覚で技術習得!とある企業さんの安全管理研修がうまい件

またも作業現場で土砂崩落...下水道工事で作業員2人死傷 熊本

お住まい地域の地盤をチェック!『揺れやすい地盤』




(株)ケイエフの墜落制止器具類・安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする