2019年12月10日

ありえるから怖い...ニセコンクリートブロックでビル建設 中国





にわかには信じがたいですが、お隣の大国ゆえ、ありえますよね^^;

【中は空洞でダンボール??】


temita.jpで紹介されていた中国の建築現場の映像が恐怖です。

ビル建設現場に置かれているコンクリートブロックが空洞でしかも、ベースはダンボール??

ではその恐怖映像をどうぞ。



(映画なんかの)撮影現場のセット建物じゃないのか?という声も上がっていますので、真実は定かではないですが、もしこれが普通に人が仕事したり住むための建物であるなら、怖いですね...

お隣の大国の建設関係、補修関係はかなり雑でびっくりですが、それを実行してしまうところも恐ろしいです。


【関連記事】


もうやだこの国...お隣大国の改装工事の床下からコンクリートの代わりにある『素材』が出てきてびっくりな映像







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うまく回ればこれにこしたことはない...浸水被害のお米をセメントの原料へ 宮城

DSC_4972-5DSC_4972-5 / zunsanzunsan

※イメージ画像です。

食べ物を粗末にしたら、目が潰れますからね。^^;

【セメント製造の燃料へ】


yahooニュースの伝えるところによりますと、宮城県大郷町は台風で水に浸かり、出荷できなくなったコメをセメントの材料にする取り組みを始めた、とのことです。

記事によりますと、大郷町内にある農協の倉庫に、台風19号で水に浸かり出荷できなくなった、町内の農家のコメ261トンが保管されている、青森県内のセメント会社の協力で、セメントを製造する際にコメを燃料の石炭と一緒に燃やし、灰をセメントの「材料」として活用するとのことです。

1日20トンずつ運び出し、12月20日までに作業を終える見込みだと記事は続けています。

【衛生的にもいい具合】


そういえば、先日は栃木で災害で出たゴミをセメント材料製造のための燃料にする、というニュースがありましたね。

台風15号とか19号でダメージを受けた農作物や、廃材の処理方法を考えるのも大変ですね。
特に食品系は腐食すると衛生面で新たな問題も発生しますしね。

セメント以外の使い道ってないもんですかね^^;

【関連記事】


耐久性は6〜9倍、ゴムみたいに柔軟な『コンクリート』を開発 ロシア

こんなに扱いづらいとは...プラスチック完全リサイクルが難しい理由

問題はコストだと思う...砂を最大50%代替でき断熱材のリサイクルにもなるモルタル、スペインの大学が開発

難易度高め?! 運送時に使用するパレットの再利用を考える『Palette Award』開催

溶けたりしないのかしら??...廃プラを道路素材にする試みが行われている、らしい。 米ダウ

すばらー!...災害ゴミをセメント製造のエネルギーに 栃木県の企業



(株)ケイエフのモルタル吹付け補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする