2020年01月09日

相手の立場に立って考えるって大事...人間と動物を入れ替えた環境問題ショートフィルムが考えさせられる。





立場逆転すると、キツいですね。

【世界がもしも動物至上社会だったら...】


ひろぶろで紹介されていた動画がちょっと考えさせられます。

この社会を支配しているのが動物で、今の人間と同じことをしていたら、という動画です。
一度ご覧になってみてはどうでしょ?

結構なハードポップなサウンドが流れるので、閲覧には音量注意です。


The Turning Point from Steve Cutts on Vimeo.



人間は他の動物に結構なことしてるんですね。
自分がされると嫌(いやいや、嫌どころか生命の危険が...)すぎるので、ポイ捨てや過剰包装などしないようにしたいところです。

ネコに撫でられてる人間はちょっとクスっとなってしまいましたが^^;


【関連記事】


基準はちゃんとある...2021年に人間の死体を堆肥化する施設ができる、らしい。(2019)

これは興味深い...船舶航路上では落雷が多く発生する、その理由(2019)

気候変動で起こるさまざまな事象が話題(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早いとこ導入してほしい...スギの雄花枯らす菌を発見 神奈川県

花粉…花粉… / tsuda

※イメージ画像です。

すごい!他に影響が出ないなんて!

【救世主の名前は「シドウィア菌」】


yahooニュースが伝えるところによりますと、神奈川県が、杉花粉を飛ばす雄花を枯らせる神奈川由来の菌類を発見、国がその菌類を薬剤に活用する研究開発を進めている、とのこです。

これが実用化されれば、何十年もかかる杉の木の植え替えや花粉症を短期間に解決することができると期待されてるようです。

記事によると、「シドウィア菌」という菌を使って、杉の木を受粉させないようにするわけですが、記事よりその内容を引用させて頂くと、
雄花を枯らし、さらに周辺の雄花にも菌糸を広げる。枯死した雄花は開花しないため花粉が飛散しない一方、雄花以外には無害で木の生育に問題はない。

とのことです。すごい。

「散布による動植物への影響の検証など課題も多く、あと何年かかるか分からない、多くの方の期待に応えるため、今後も研究開発に協力していきたい」と神奈川県はコメントしてるようです。


【自然の中にいた奴なら、問題ないのでは??】


人工的に作ったものでないなら、問題ないような気もしますが、まぁ菌ですからね。
大量散布したら、ほかの木には影響なかったが毒キノコが増殖したとかなっても困りますしね。

しかし、自然界にはまだまだ未知の菌がいるんですね。
というか、なぜこいつら(「シドウィア菌」)は、今まで杉の受粉を阻害してくれなかったのでしょうか...

早いとこ実用化されることを祈るばかりです。

【関連記事】


もっと早く知りたかった...花粉症によるくしゃみ対策にある保湿剤が有効と話題。(2019)

基準はちゃんとある...2021年に人間の死体を堆肥化する施設ができる、らしい。(2019)

微生物浄化でコストも半減、新規の脱塩素化微生物で汚染土壌・地下水浄化技術を共同開発 竹中・名古屋工大(2019)

少々お高いですがダイエット効果も期待できる、機能性マスク『bo―bi(ボービ)』(2018)

再利用可能、洗っても効果持続で3枚300円台のポリウレタンマスクが最強、らしい。(2018)



(株)ケイエフの土壌菌工法




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする