2020年01月27日

これは重要...重いものを持ち上げる時の方法を解説したCG動画





英語なんで解説まではあまりわかりませんが、CG見てるだけでも、なるほどな、と思います。

【腰の負担を下げましょう。】


小太郎ブログで紹介されていた、CG映像がお役立ちです。

重いものを持ち上げるときについついやってしまいがちな行動。
これを気に頭に叩き込んでおきましょう。ぎっくり腰とか腰を痛めないように。



手や腕でサポートする、カラダの重心を下げる、重いものと軽いもので持ち上げ方を変える...ということが言われてるようです。
機械翻訳は機能してるようなので、詳しく解説を見たい方は機械翻訳してみではどうでしょ?

最近よく思うのですが、カラダの構造とか筋肉の動きとかちゃんと理解すると、色んなことがとっても捗るので、筋肉の動きやカラダの動きをちゃんと理解することって大事ですね。

筋肉が強ばるこの季節、あちこち痛めないようにしましょう。


【関連記事】


アトラスくん、新体操を披露してしまう。(2019)

重機も軽くできるのでは!?...MITのポスドクが自己質量の650倍重いモノを持ち上げる「人工筋肉ファイバー」を開発(2019)

見た目は軽装でよいけど...膝への負担を軽くする『Spring Loaded POWER LEG 』(2019)

ぜん動ポンプで土砂を運ぶ試験機、NEDO(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は集まるのかしら...工事発注時に価格割り増し 「復興係数」国交省

holiday
holiday / torisan3500

※イメージ画像です。


工事する人が手一杯という話も...


【ITCの推進、働き方改革で現場職人の休暇も】


yahooニュースの伝えるところによりますと、 赤羽一嘉国土交通相は18日、仙台市青葉区の東北地方整備局であった東日本大震災の復興加速化会議で、土木工事の発注時に価格を割り増しする「復興係数」を2020年度も継続する方針を示した、とのことです。


昨年の台風19号の影響で、宮城、岩手、福島の3県で資材価格が高騰し、入札不調が続いている現状を指摘、復興工事の円滑化を図るためには万全を期さなければならない、とコメントした模様です。


【どことも手一杯の模様】


弊社を取り巻くのり面工事業界も人手不足に悩んでいるようで、職人を探している、という話をよく聞きます。

材料費、燃料費の高騰もありますが、工事する労働力を確保できるのかが課題になるかもですね...

材料販売をしている弊社からすると、昨年から物流コストが結構大変なことになっているのですが...

時代の流れに併せて中小零細企業が疲弊しないように、お願いしたいところです。


【関連記事】












(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする