2020年01月29日

どういう脳みそしてんだろか?...3Dプリンターで作ったデジタル表記のアナログ日時計





設計した人がすごいわ...

【20分置きの表示だけど。】


小太郎ブログで紹介されていた日時計が斬新です。

3Dプリンターで作ったというこの日時計、時間の表示はデジタル。
しかし、20分おきにしか時間を教えてくれないんですけどね...

では動画をどうぞ。



時間がゆったり流れてるところで生活してる人にはよいかもです。

ただ、日時計なんで、晴れてないと機能してくれませんが...

【関連記事】


ナイスアイデア!ちょっとした工夫でおもしろコップができる映像

ナメて開いたらめちゃくちゃ本格的だった...ミニカー用高速道路が出来るまで動画

ちゃりんこもこれでお願いしたい! 3Dプリンターで作ったエアレスタイヤ ミシュラン開発(2019)

必要は発明の母なり!全自動手書きレポートマシンがすごい。(2019)

もはや肉はプリントする時代...3Dプリンターで植物由来の材料で肉を作る『Redefine Meat』(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぼ国産の技術で固めた小型産業用ドローン『Mini』発表 自律制御システム研究所

Drone.Drone. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

※イメージ画像です。

GPSやGNSSデータが取得できない環境でも安全な自律飛行が可能、というのはすごいな。

【本体はIP43の防塵防滴性能】


EE Times Japanの伝えるところによりますと、自律制御システム研究所は2020年1月23日、屋内外で飛行可能な小型産業用ドローン「Mini」を発表した、とのことです。

このドローンの最大の特徴は、独自開発の『国産』自立制御技術によって、GPSやGNSSデータが取得できない環境でも安全な自律飛行が可能、だそうです。

さらに詳細を記事より引用させて頂くと、
Miniは、完全自律飛行時にはGPS環境下で水平10メートル/秒、非GPS環境下で水平2メートル/秒、上昇/下降は2メートル/秒の速度で飛行可能...

だそうで、その仕組は
ドローンに搭載したカメラの画像からドローンが自己の位置および方角を把握するという、同社独自のアルゴリズムを用いたVisual SLAM技術*)によって、非GPS下でも自律飛行を可能としている

んだそうです。

フライトコントローラーも独自開発プログラムで、データセキュリティに関する部分は全て国産、また、品質保証も日本で行っているとメイドインジャパンの安全性を同社の取締役最高執行責任者(COO)鷲谷聡之氏は強調している、と記事は結んでいます。

【通信が絡むものはやはりメイドインジャパンが有り難いかも】


このところ、Android系スマホ端末はのきなみ、中華企業に独占されていて、技術的には、かつて世界を席巻した日本企業の技術をまるっと買収したりしてるので向上していますが、なんせバックボーンが”アレ”なので通信が絡むとまだまだ信用できないですしね...

ドローンを産業用に使い、色んなデータを収集したりする場合、どうしても通信が絡むので日本製というのはありがたいかも、です。

あと非GPS環境下でも自立飛行可能というのはすごいですね。
山間部などでもこれなら、安心して使えそうです。

ドローンも、もう随分市場にあふれて頭打ちかと思いきや、色々進化してるのですね。

【関連記事】


日本でも導入すべき!国際標準のアイコンを使用してドローンで災害救助要請を認識する『DroneAid』

年末年始に気になったニュース2020 その2

誰も文句言わないのだろうか...とある大手ドローンメーカーのオフィスがカオスだと話題(2019)

これでバードストライクも回避可能か!?ドローンの障害物瞬発回避技術が開発。(2019)




(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする