2020年04月01日

これならコロナも完璧に死滅...インド人が編み出した完璧な手洗い方法

Wash handsWash hands / post406

※イメージ画像です。

常に発想が斜め上な国ですね^^;

【マネしたらダメなレベル】


1000mgで紹介されていた、とあるインド人の新型コロナ対策手洗い方法がぶっ飛んでます。

動画の埋め込みができないので、記事の動画でどうぞ。


奇しくも本日はエイプリルフール。
エイプリルフール・ネタというわけではないんですけどね^^;

外出禁止を無視して外出するとスクワットさせられたり、棒で叩かれたりと、よく解らない制裁を与えられるインド。

どこまでも読めない国です。

危険なので、絶対マネしないように。

【関連記事】


マジなのか、これ??タワマンが新型コロナのアウトブレイク源になるかも、なお話

いやいや、あかんでしょ?....感染防止とセキュリティ突破を目指した『フィンガー・オン・スティック』

日本のエンタメ界も見習うべき...米プロレス界が見せた新型コロナ版ステージが面白い!

21世紀のニューウェーブか!?トイペ買い占めに愚痴るオヤジの主張に音楽付けてみた件

国民性なんですかね...イタリアで新型コロナウィルスが激増の理由はこれかもしれない、件

コントか!?...中国の、とある散髪屋の新型コロナウィルス対応が話題







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なるほど、自然はすごいな...雷に植物を育てるチカラがある、らしい。

Raio no Rio de Janeiro
Raio no Rio de Janeiro / Rodrigo_Soldon

※イメージ画像です。


これは理系の人じゃないと全く気づかないでしょうね。^^;

【空気中の窒素が雷放電で酸素と結合】


ウェザーニューズに興味深い記事が掲載されています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、
『【七十二候】雷乃発声雷には植物を育てる力がある?』
というタイトルがついています。

雷に植物を育てるチカラがある、というのです。

どういうことかと言うと、記事より一部引用させて頂くと、
雷放電により空気中の窒素は酸素と結びつき、窒素酸化物となります。これが雨に溶けて降り注ぐと、稲の肥料となり成長を促進させるとのこと。
そこまで多い供給量ではないものの、稲が成長する上で雷は非常に重要な存在のようです。

ということらしいです。

植物の育成に重要な窒素・リン酸・カリウム、このうちの窒素を空気中から地中へ持っていくのに、雷と雨が重要だそうです。


【自然の仕組みは良く出来てる】


世の中、よく出来てる、という表現はこういうところにぴったりマッチするような気がします。
雷が多い年は豊作だと言われるようですが、こういうことが理由のようです。

さらに、記事の冒頭にもありますように、
30日からは「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」です。...(中略)...先人の言葉に「稲妻ひと光で稲が一寸伸びる」というものがあります。流石に一度の雷でそこまでの成長は難しいですが、この言葉の背景にはきちんとした理由があるようです。

と説明されています。

こういう自然の仕組み的ことをうまくコントロールできると、色んなことがうまくいきそうなんですけどね。

なんせ相手は自然なので、コントロールすることはそうそう容易ではありません。

ともあれ、雷が植物の成長に少なからず影響していることは覚えておきましょう。

【関連記事】


ちゃんと役割もあるのか...山火事の後の雑草は除去すべきか?

なんだ、この植物...見た目を裏切るふわふわするものが次から出てくる植物

やっぱあるのね、嵐が起こす地震『ストームクエイク』

これは興味深い...船舶航路上では落雷が多く発生する、その理由(2019)

これはどうにも出来ない...集中豪雨にも影響、『大気重力波』という現象(2019)


(株)ケイエフののり面緑化工法 植物誘導吹付け工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする