2020年08月06日

ちょっと楽しそう...コウモリのように羽ばたく紙飛行機の折り方





見た目にもかっこいいですね。

【うまく飛ばせばほんとコウモリみたい。】


ひろぶろで紹介されていた紙飛行機がちょっとかっこいいです。

飛ばせば、コウモリのような感じで羽ばたいてくれるようです。



うまく飛ばせば、子供が狂喜乱舞しそうです。

【関連記事】



年末年始に気になったニュースあれこれ その2(2017)

ちょっとヤってみたいぞ!...Match Rocketの作り方(2014)

これはちょっとほしいぞ...スマホで紙飛行機をコントロールできる【PowerUp3.0】(2014)

無駄にすごいシリーズ...紙飛行機マシンガン(2014)

も、も、目的が見えない...仏製紙飛行機製造機(2013)








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 🌁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは有能!地理院地図Globalでその土地の特性、成り立ちがわかる!





移転先とか探すのにも便利。

【コメント表示のタイミングはやや反応鈍いけど...】


@e_ikuon氏のTweetがお役立ちです。

国土地理院の運営サイト『地理院地図Global』でその土地の成り立ちや災害リスクが解る、という。



【使い方】

1.地図にアクセス。
2.知りたい場所(地名や住所の一部)を検索
3.左上の『情報』ボタンをクリック→その他→ベクトルタイル提供実験→地形分類(自然地形)をクリック。
4.色のついたところをマウスでクリック
  ※あまりズームしすぎると表示されないので、ある程度引きぎみで。

とやると、その土地の成り立ち、この地形の自然災害リスクが表示されます。

ちなみに、弊社近郊(大阪府堺市堺区のJR堺市駅近辺)で調べると、

台地・段丘

土地の成り立ち 

周囲より階段状に高くなった平坦な土地。周囲が侵食により削られて取り残されてできる。

この地形の自然災害リスク 
河川氾濫のリスクはほとんどないが、河川との高さが小さい場合には注意。縁辺部の斜面近くでは崖崩れに注意。地盤は良く、地震の揺れや液状化のリスクは小さい。

上記は一般的な自然災害リスクであり、個別の場所のリスクを示しているものではありません。


と表示されました。すごい。

【ご自身の地域の確認や移転の際にも】


以前、当ブログでもこの地図はご紹介しましたが、この使い方は知りませんでした。

ここ最近の大雨は、街を造ったとき、あるいは山間部等でも整備したときの想定をはるかに越える雨量となっているので、被害が拡大することも増えています。

ご自身のお住まいの地域やこれから移転を考えている方等は、参考にして災害リスクを軽減してはどうかと思います。

避難する際も、どっちに逃げればいいかが分かりますしね。


【関連記事】


リアルタイム系災害予測マップ2つご紹介。

三密気にして逃げ遅れ対策にも...車で避難可の施設を地図に、長野県作成

リアルな現地情報を共有可能。「災害マップ」の正式版提供開始 ヤフー

自宅地域分ぐらいは落としておくとよいかも...日本のGoogleマップ、オフライン対応、まずはAndroidから

歴史から学ぶ...新たな地図記号「自然災害伝承碑」を制定 国土地理院(2019)

便利!?かな??...国土地理院のウェブ地図サービス、住所リストを瞬時にマッピングできる新機能(2019)

地下の断層モデルや震源分布を3D表示 地理院地図(2017)




(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする