2020年09月09日

こんなシチュもめったにないけどね...2年前の『人生ゲーム』のCMが感慨深い。





よくできてますね^^;。

【奇跡なんてめったに起きない。】


temita.jpで紹介されていた2年前の『人生ゲーム』のCMがおもしろいです。

ではどうぞ。


いやいや、まぁ、そうなんですけど...このシチュエーションもそうそうないですし^^;

何事も過度な期待はしないことです。


【関連記事】


スタンド攻撃みたいなものか!?...ありえない所から飛んでくるボルトで車破損の事故映像

これがほんとの『晴天の霹靂』というヤツか!?青空の下に雷落ちる。

失敗したら逆にヤバい...ブラックジョークムービー『理不尽な上官を合法的に消し去る方法』







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ改良の余地があるのか...復興作業を格段に楽にする『Z型復興シャベル』開発・実証実験中

ShovelingShoveling / Editor B

※イメージ画像です。

なんか、そのままでも威力を発揮しそうな...

【一般的なシャベルより約13%作業負担軽減】


FMさつませんだい87.1MHZのニュースがちょっと興味深いです。

9月2日薩摩川内市役所にて、室蘭工業大学及び科学技術振興機構との実証に関する連携協定調印式がオンラインにて行われた、というニュースなのですが、なんの調印式かというと、『Z型復興シャベル』の実証実験です。

『Z型復興シャベル』とは、建通新聞digitalの記事の説明を引用させて頂くと
室蘭工業大学の吉成哲教授とJSTは、北海道立総合研究機構工業試験場、浅香工業と共同で土砂処理の作業軽減につながるショベルの開発を進めている

もので、柄の部分をZ型にすることにより従来の土木作業用シャベルと比較すると約13%の作業負担軽減効果が得られた、そうです。

画像が記事にあるので、ご覧頂ければよいかと思いますがユニークな形です。

このショベル13本を薩摩川内市が復興作業や土木作業現場等での実証を行い、得られた実証結果をもとに今後のZ型復興ショベルの研究開発に活用される、と記事は続けています。

【体力に自信のない人も参加しやすくなる、かも。】


災害の復興作業はボランティアの協力を期待せざるを得ない状況なので、作業者が楽になるなら、それにこしたことはありません。

コスト面からも、アナログなスタイルのほうが数を用意できますしね。

残念ながら、まだ開発中のようなので市場にはないのでしょうが、このところ、大雨の被害も多々あるのであちこちでやってもらってはどうですかね?

権利関係とか色々課題はあるんでしょうけど。

もともとは雪かき用に開発されたショベルだそうです。
どれくらい楽になるのか、気になるところですね。


【関連記事】


国から補助とか出ないのかな?...熊本豪雨被災地の復旧に地元失業者を有償で『副業でみんながつながる熊本・球磨復興プロジェクト』

現場の痛車系? 日立建機、プロ野球12球団公式承認ミニショベル発売

人は集まるのかしら...工事発注時に価格割り増し 「復興係数」国交省

海外にもあった!穴を掘る国際大会『国際墓掘り競技会』(2017)

海外の人が唖然...知ってました?このイベント『全国穴掘り大会』(2015)



(株)ケイエフの土ほぐしき機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする