2020年09月17日

Googleストリートビューでプライバシー保護をお願いする方法





時間はかかるかも、だけれど。

【ちょっと見つけづらい。】


Googleストリートビューは知らない土地を事前に確認できたり、海外の街並みなんかを見るには非常に有益なサービスなんですが、時として意図しないプライバシーも写り込んでたりします。

もしご自身のプライバシーが写り込んでいたりすると、それに対してぼかしをかけてもらうことができるようです。

その方法をGigazineで詳しく紹介しています。

詳細は記事で確認して頂ければよいかと思いますが、ざっくり言うと

1.Googleストリートビューで問題のビューを予め表示する。

2.左上のメニューの3つの点をクリックすると、メニューが開くのでその中で『問題の報告』をクリック
(上記サムネイルのような状態)

3.報告フォームが出るので詳細を記入して送信

というのが大きな流れのようです。
その後、Googleさんとやりとりが発生するかもしれませんが、見せたくない部分はぼかしをかけてくれるようです。

ただ、すぐに対応してくれるわけではないので、気長に待ちましょう。

ネットサービスは便利ですが、色んな危険も潜んでいますので、こういった対応策は知っておいて損はないと思います。



【関連記事】


在宅ワークの妨害者を一発で大人しくさせる方法

コロッケじゃない!気圧が下がってるときに美味しいのは...

千葉県の災害に絡むニュースとライフハックをいくつか(2019)








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ世話をしない?...中国の『階層的な森林』集合住宅、ジャングル状態でほぼ無人となる。

khao sok - junglekhao sok - jungle / meemal

※イメージ画像です。


自分んちのベランダなのに??

【蚊の襲来で、およそ10世帯しか入居していない】


AFP BB ニュースの伝えるところによりますと、大都会で緑に囲まれる暮らしを提案した実験的な集合住宅が、環境に優しい都会の楽園となる代わりに、荒涼とした世界滅亡後を描く映画のセットのようになってしまった、と伝えています。

この集合住宅があるのは、四川省成都で各部屋のベランダは植物を育てるスペースとなっているのだが、誰も手入れせず、蚊の来襲により当初全862室が埋まったのに対し、現在おおよす10世帯しか住んでいない、と記事は続けています。

【このまま放置されたら...】


記事に画像がありますが、意図的にこの状態になっていたら結構かっこいいと思うんですが、虫対策がされてないのは致命傷ですね。

以前この建物が建った時に見た記憶がありますが、虫対策どうするんだろうと思っていたのですが、やはり誰もそれを考えてなかったということですね。

植物の撤去あるいは虫対策は一体どこの責任でするんでしょうか...このまま放置していたら、今度は近隣から苦情が出そうですね。

都市緑化は虫対策もしっかり行わないと住めないですね。
あと、今後、鳥害も発生しそうです...

それにしても、植物育成が魅力で契約したんじゃないんですかね...新型コロナで家を空けて戻ったらこの状態だったので、手をつけるのが面倒になった、という線もあり??(そんな話も以前ありましたね、同じ中国で。

何かと話題になる国ですね^^;


【関連記事】


ほかの金属に特化した奴もいる??土中のニッケルを大量に吸い上げる樹木が発見される

この原理、うまく使えないか!?...道具も薬もなしに竹を根絶やしにする方法

塗装はマズいと気づいたお隣の大国、新たな手法で『緑化』する。

IoTと『生体受容性コンクリート』で垂直緑化の面積拡大が可能に

なるほど、自然はすごいな...雷に植物を育てるチカラがある、らしい。



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする