2020年09月28日

孤立集落でも電気供給可能な日が来る?...無線電力転送、受電効率92.8%を達成 金沢工業大学の研究グループ

plasmaplasma / jared

※イメージ画像です。


やっとコードレスな社会が見えてきたって感じですか?

【回路の機能を受電アンテナで】


PC Watvchの伝えるところによりますと、金沢工業大学 工学部 電気電子工学伊東健治教授と坂井尚貴研究員らの研究グループが23日、マイクロ波(5.8GHz)による無線電力転送に用いる受電レクテナ(整流回路付きアンテナ)において、世界最高の電力変換効率となる92.8%(1W入力時)を達成したと発表した、とのことです。

記事同大学のプレスリリースに詳細な仕組みが記載されていますが、正直、筆者のぼんくら脳ではとても理解の域を越えているので、ご興味のある方は、そちらでご確認いただければよいかと思いますが、誤解を恐れずざっくり記事の言葉を引用させて頂くと、
「受電アンテナ+回路+ダイオード」という構成だけど、回路を省くことで損失を削減し、マイクロ波から直流への電力変換効率を限界まで高めた

ことにより今回の事例を叩き出した、ということのようです。

今回は1W受電で高効率化を達成したが、今後は10Wの高効率受電技術の確立に取り組む、と記事はくくっています。

【ケーブルレスで電気供給が可能になれば色々捗る】


ケーブルレスで電気供給が可能になれば、あちこちのニュース記事にあるように、飛行中のドローンに電気供給が可能になったり、電線が切断された孤立集落に電気を供給できたり、電池稼働ないろんなガジェットが電池切れを気にせつ使えるようになる、という未来が夢物語ではなくなる、ということですね。

もっと身近なところでは、部屋の中の色んなケーブルをきれいさっぱり無くすことが可能なので、よいこと尽くめです。

こういった無線電力供給はすでにいくつか実用化されてるものもありますが、供給できる電力が少なかったりするので今回の研究はかなり実用的になってきた、ということでしょうか。

こういう電波にせよ電力にせよ、人間の見えないところで色んなものが飛び交う、というのは人体ほか、になんらかの影響が出ないんだろうか?というところは気になります...どうなんですかね?

ともあり、ケーブルレスな社会になるのはとても期待です。


【関連記事】


アレもコンクリ化できない??『サトウキビからコンクリート』開発中、琉大のブラジル出身研究者

まだ改良の余地があるのか...復興作業を格段に楽にする『Z型復興シャベル』開発・実証実験中

ほかの金属に特化した奴もいる??土中のニッケルを大量に吸い上げる樹木が発見される

土壌汚染にも効く?ダイオキシン類を除去してくれる細菌、米ラトガーズ大が発見。

この原理、うまく使えないか!?...道具も薬もなしに竹を根絶やしにする方法






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱ、そうなりますよね...災害危険地、住宅優遇しない方向で 国土交通

山間山間 / hiyang.on.flickr

※イメージ画像です。


これだけ地震の頻発、台風の巨大化、大雨の頻発が続くとさすがに、ね...

【移転促進事業も...】


日本経済新聞 電子版の9月23日の記事によると、国土交通省は、2021年度にも、災害の危険が高い地域を改修費用の補助などの対象から外す方針で調整を進めている、とのことです。

記事全文を読むには会員登録が必要な記事ですが、支援の線引きによって、より危険の少ない場所に住まいを誘導する、と記事は続けています。

ほかに詳細はないかと記事を漁っていたら、国土交通省の『防災集団移転促進事業の活用に向けた説明資料集(PDFファイル)』というのがひっかかってきました。

ご興味のある方は、どうぞ。

【高齢者ならなおさら...】


以前から取り上げられていた問題で、難しい課題ではあるのですが国としては国民の命と財産を守るという使命があるので、昨今の自然災害多発・凶暴化からすると手を付けざるを得ませんね。

実際に限界集落の皆様にも、色々思うところはあるんでしょうけど、命あってのものだねですしね...

ちなみに、中日新聞の伝えるところによりますと、国土交通省が25日に発表した、2021年度予算の概算要求額は20年度当初比1%増の5兆9617億円だそうで、豪雨、大型台風など激甚化する自然災害への対応、新型コロナウイルス感染症対策と経済活動の早期回復を柱に据えた、と記事は伝えています。

【関連記事】


こんなのがあるのか!?国交省の防爆バルーン搭載車両がかっこいい。

頻発する豪雨に対応した土砂災害対策、老朽化インフラ対策に重点 国交省予算 総額8兆8609億円

台風シーズンも近いことだし...災害時の土砂撤去 全国自治体の専門職員を登録し派遣へ 国交省

無茶ぶりはダメ...異常気象時の運送目安を設定 国交省

おおよそ2週間程度...公共工事も3月15日まで中止または延期の方向 国交省

人は集まるのかしら...工事発注時に価格割り増し 「復興係数」国交省




(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする