2020年10月07日

CGみたいだ...ロケットの発射を宇宙から見るとこうなる。





このレベルになると、もはや実写なのかCGなのか、よく解らないです。^^;

【点だけど、ちゃんと目で追える。】


ひろぶろで紹介されていた、映像がなかなかレアな映像です。

ロケット発射を宇宙から見た映像。

では早速どうぞ。



オレンジの筋が大気圏と宇宙の境目なのか?とおもったら、大気光と言って大気光学現象の一種で、地球などの惑星の大気が起こす弱い発光、なんだそうです。

CGみたいに見えてしまいますね。

【関連記事】


ファンタジックでいいな...もしも地球の衛星軌道上に巨大な鏡が周回していたら、な映像

筋トレしてもこのレベル...ISS勤務から地球に戻った宇宙飛行士の歩行状態

なんか、バチでも当たった気分になりますね...ロケットに落雷する映像がアップされる(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才現る...海水温をアレで下げたら熱帯低気圧弱体化できるやん、な技術開発中 『OceanTherm』

Air Bubbles in GelAir Bubbles in Gel / Cristian I.S.

※イメージ画像です。

台風が多い日本はやったほうがいいかも。

【ブクブク泡で深海の冷水を上に】


techable.jpに面白い研究が紹介されていました。

記事によりますと、ノルウェーのスタートアップ企業が、熱帯低気圧の勢力を人工的に削ぐ技術を開発中だそうです。
その名は『OceanTherm』。

詳細は記事でご確認頂ければよいかと思いますが、ざっくり言うと、海底にパイプを何本も敷いてそこからブクブクと空気の泡を出し、深海の冷たい水を海面に持ち上げて(かき混ぜる感じになるんですかね?)、海水温を下げよう、というわけです。

小規模な実地テストをすでに終わらせており、ノルウェーで行われたそのテストでは、深さ50mの海底からバブルカーテンを発生させ、海面温度を 0.5℃下げることができた、と記事は続けています。

【台風の原因を取り除ければ...】


台風がよく直撃する日本にあっては、これは注目の技術ですね。
今年は特に日本近海の海水温が高かったため、台風が強力になったというのもありますし。

海底にパイプを敷くというのが、ものすごく大掛かりな気がするのですが、ほかに方法はありそうな気もします。
これが功を奏するなら、是非日本近海でもやってほしいところです。

次回の実験は実際に多くのハリケーンが通過するメキシコ湾で行われる模様と記事はくくっています。

【関連記事】


準備不能、どんな土地なの?米コロラド州デンバー、今日33℃、明日1℃の気温で雪が降った件

関東以南の海水温が30℃近く...今後近づく台風の凶暴化に懸念

こういう影響も出るのか...世界的な航空便欠航で気象情報の精度が下がるかもしれない。

やっぱあるのね、嵐が起こす地震『ストームクエイク』

湿度100%の大気層とかあるのか!?...昨年の台風19号の大雨は『MAUL(モール)』が影響 京大研究グループ



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする