2020年11月09日

何、この未来感...お隣の大国にあるビルがエライことになっている件





こんなのアニメの中でしか見たことない...

【どっちが先なんだろ?】


あごひげ海賊団がピックアップしていた動画がすごいです。

お隣中国のビルに展開されていた、らしいプロジェクションマッピング映像。

もはや街の広告?もこんなふうになっているんですね。ここだけかもしれませんが。

結構な音量が流れますので、音量注意で。

@annie.roaming

#3Dscreen #futuretechnology #foryoupage

♬ original sound - Annie Roaming


アニメで作られた世界を実現しようとしたのか、こういうのを見てアニメ(マンガ)にしようと思ったのか、どっちが先だか判りませんが、もう普通にこんなのが街中で、見られると一気に未来感がマシますね。

新型コロナウィルスがなければ、さぞ大勢の人が集まるでしょうに...

【関連記事】


そこはまだダメなんや...テスラの弱点見つかる。

もうひと押しほしかった...室内ドローン搭載のホームセキュリティ『ring』

すごいリアル...実写版『現場ネコ』道路横断編

かっこいいけど、どうなん?というサイバーパンクなマスクを作った猛者が現れる。






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予防は大事...国道走行中に落石が直撃 県に1900万円の支払命令判決 奈良

My Trusty GavelMy Trusty Gavel / steakpinball

※イメージ画像です。


どっちの言い分も解る...やっぱり対策が大事ということで。

【争点は被害の範囲】


読売新聞の伝えるところによりますと、奈良県十津川村風屋の国道168号で2015年7月、走行中の軽トラックに落石が直撃し、運転していた村民の63歳の女性が大けがを負った事故を巡り、女性が奈良県に2300万円超の損害賠償を求めた裁判があり、地裁は先月29日、県に1900万円余りの支払いを命じる判決を言い渡した、とのことです。

争点は、後遺症の一部が事故によるものと証明されていない、と県が主張していたところだったが、「事故による傷害で、女性に後遺障害が残存するものと認めるのが相当」と裁判長は女性の主張を大筋で認めた、と記事は伝えています。

【対策は】


事故のあった現場には落石対策が施されてなかったようですが、まぁどこで落石が起こるかなんて判りませんしね...

事故にあったほうは、どこかに補償を求めたくなるのも心情でしょうし。

日本の裁判は基本長引くので、できればしないに越したことはないです。
そう考えると、事前に落石なり、土砂災害なりの対策を施しておく、注意喚起しておく、ことがお互いのためだと思います。

各個人も最近はハザードマップや土砂災害危険地域情報なんかもネットで公開されていたりするので、積極的に活用して災害に巻き込まれないようにしたいところです。


【関連記事】


崩れる前に崩しちまえ!アレで...アメリカンなダイナミック雪崩誘発法

行楽シーズンだけに怖い...名所「茶釜の滝」で落石が当たる事故 秋田

聞いてないよぉ〜...釣り人、突然爆音が聞こえ、目の前に弾幕のような光景に遭遇してしまう

これは怖いな...新横浜の道路陥没、結論は『土砂の取りすぎ』

何事もほどほどに...よくある泥酔トラブルの法的リスクを弁護士に聞いてみた、件


(株)ケイエフのサビない落石防護・かご・高耐久線材 トワロンIRワイヤ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする