2020年11月11日

これは不思議...宙を浮きながらカートを押す男が現れる。





映像トリックにしてはエキストラ多い??

【タネが見えないところはすごい。】


ひろぶろで紹介されていた動画がとても不思議です。

ショッピングセンターのカートを、宙を泳ぎながら押すという映像。

最初はカートも人も支えて形をつくり、徐々に支えが離れていくわけですが...
とりあえず、動画をどうぞ。



この手の動画は大概、上から吊ってワイヤーを映像処理で消すとか、その手の編集をしているものですが、ショッピングセンター内の人々のリアクションがあまりにリアル。エキストラにしては結構な数。

どういうからくりなんでしょうか...不思議。


【関連記事】


これ、マジですか??新型コロナに立ち向かう医療従事者のタイベックスの中身

失敗したら逆にヤバい...ブラックジョークムービー『理不尽な上官を合法的に消し去る方法』

よいストレス発散方法...仏スタントスクールの学生によりバーチャルファイト映像

頭で理解できないなら身を持って理解しろ!チュニジアの外出禁止違反者への対応が怖い。

プロ級!?イタリアの少女、外出できないので予想外の場所でテニスしてしまう。






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施工業者も大変...神戸市、土砂条例施行 水質調査や土砂崩れ保証金積立など

_1090697_1090697 / Fushichiyo

※イメージ画像です。


責任の線引は難しいかも...

【建設残土が適切に管理されていないことを受けて】


神戸新聞の伝えるところによると、神戸市が、建設工事などで発生した土砂の埋め立てに関して、適正な管理を求める「土砂条例」を今月から施行した、とのことです。

詳細は記事(全文を読むには会員登録が必要)を読んで頂ければよいかと思いますが、事業者に対し、周辺住民への説明会や水質調査などを新たに義務付けるほか、大規模な埋め立て工事については、土砂崩れなどのリスクに備えるため、保証金を積み立ててもらう、と記事は続けています。

今回の条例は、建設残土が適切に管理されていないことによる崩落事故が近年、全国で相次いでいることを受けた措置だと、さらに記事は続けています。

【責任の所在が難しいかも...】


土砂災害保証金積立というから、てっきり豪雨による土砂災害(自然災害)のために保証金かと思ってしまいました。

どちらかというと、豪雨の際に工事現場での土砂の管理であったり、不法投棄というか不法に積み上げた土砂の管理の問題が大きいようです。

土木、建設業者としては当然現場の土砂の管理はちゃんとしないといけないわけですが、それでもすべてをカバーできるわけではないですしね。

結構大変になるかと思います。

事故崩落の予測にも限界があることですし、責任の線引は難しいかもしれません。
そうなると、もう税金対応するしかないと思うんですけどね...

【関連記事】


土砂がプレハブを押しつぶし一人死亡、土木工事会社の資材置き場 茨木市

住宅工事現場で土砂崩れ...作業員ひとり土砂に埋もれる 東京 板橋区

土砂災害の元になることも...建設残土問題、各地で表面化(2019)

災害時の対応も可能、一般個人所有の土・ブロック・石・レンガを処理してくれるプラットフォーム『ダンプー:DANPOO』リリース(2019)

歴史から学ぶ...新たな地図記号「自然災害伝承碑」を制定 国土地理院(2019)




(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする