2020年11月27日

ポンコツやな、いやそこがいいのかも...人間の脳が如何に適当か、が解る錯視





マジか...真剣に考えたら精神が崩壊しそう。

【矢印の向くほうへ】


temita.jpで紹介されていた錯視がヤバいです。

人間の脳ってものすごいアバウトに出来てるんやなぁ、というのがよく解る錯視です。

この動画をツイートとしていたのは、@jagarikin氏。
矢印の向く方向によって、周りの回ってる輪があっちこっちしますが、矢印との距離は実は変わっていない、という...



例えば、人間の脳には記憶を消す機能が備わっていますが、その機能はあるシチュエーションでは心を守ることにつながっていたりします。

そう考えると、このいい加減な脳の認識もきっと何か意味があるんでしょうね。

ものごとはあまり深く考えないほうがいいですし。

よい週末を。

【関連記事】


これは気持ちいい...とある駅に設置された鏡の位置が完璧な件

もはや脳を使う必要などない!暗記は”浴びるだけ”を実践する少年

春の工作に!あの錯視立体物を作ろうの巻(2019)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








ラベル:錯視 Trick art 錯覚
posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時短できれば...キノコ菌で倒木処理 北海道の高校生

キノコキノコ / norio_nomura

※イメージ画像です。


ちょっとおもしろかったので、ご紹介。

【時間がかかる研究】


NHK news の伝えるところによりますと、災害で発生する倒木をキノコの菌を利用して分解処理する研究に取り組んでいる帯広市の高校生たちが、1年前にキノコの菌を植え付けた丸太の腐食の状況を確認した、とのことです。

4年前の台風の際に発生した大量の倒木をキノコが持つ植物を分解する力で処理することを目指し研究に取り組んでいるそうで、結果的に現時点では思ったほど腐食は進んでいなかったと記事は伝えています。

この研究には長い年月がかかるものだと思います、将来は処理技術を実用化してほしいです、と同校の生徒が語っていると記事はくくっています。

【遺伝子組み換え、あるいは他の菌は...】


本来ある自然の力で倒木の処理をするというのはよいことですね。

ただ時間がかかるというのが難点。ほかに処理速度の早い菌とかいないですかね...この数年、色んな菌が注目されているので、探せば居そうな気もするのですが。

あるいは、人の口に入るものでもないので、こういうときこそ遺伝子組み換えして作り出すというのはどうですかね?
ただ、その場合自然にばらまいたら生態系に影響しそうなので、管理しないとダメかもですが。


【関連記事】


見てるだけでも気持ちいい...刈らずに羊の毛を回収する方法

減ったの?代わっただけ?...立ち小便が都市緑化に貢献する路上プランター『GreenPee』

土壌汚染にも効く?ダイオキシン類を除去してくれる細菌、米ラトガーズ大が発見。

いやいや大真面目なんだって...巨大キノコを未来の建材にできないか、科学者、模索中

早いとこ導入してほしい...スギの雄花枯らす菌を発見 神奈川県



(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする