2020年11月30日

ありそうでなかった?...スマホを本格的な水中カメラにするアイテム『HotDive』





なるほど、今どきのスマホなら色々応用効きそうですしね。

【お値段も2万ぐらいとリーズナブル】


techable.jpが紹介していた『HotDive』というアイテムがヨサげですよ。

同アイテムは、ダイビングコンピュータとしても使える水中用スマホケース。
クラウドファンディングサイト、kickstarterで資金調達中のようですが、すでに400万以上集まってますね。

紹介動画があるので、どうぞ。



主な機能としては、

◆専用アプリでケース外からスマホを操作可能

◆明るさ800ルーメン、照度130度、カラー温度5800〜6500KのLEDライト搭載

◆深度や潜水時間を表示可能、安全停止のポイントまで浮上したらバイブレーションで告知


などの特徴があると記事は伝えています。

こんなのが2万少々で手に入るなら、今まで水中撮影を諦めてた海大好きユーザーも新たな一歩を踏み出せそうですね。

【関連記事】


雨が降り、雪が舞う、話題のワークマンのファッションショー『過酷ファッションショー』

現場での通信はこれでよいのでは?...最大600mの距離を独自通信で通話できる『milo』

すごい火力...トウモロコシの芯からできたバーベキュー用炭「マイスコーレ」

まだまだあった!今年のトレンド?熱中症対策体感冷却アイテムあれこれ。

コロナウィルス共存時代のひとつの回答か!?ポータブル空気清浄機『IWIND』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サービス内容は要確認...公共工事案件専門のマッチングサイト『案件タンク』

You Are Not AloneYou Are Not Alone / rockindave1

※イメージ画像です。


いつ利用料が発生するんだろう...

【公共工事専門、マッチング後は直連絡可能】


PR Timesのプレスリリースによりますと、株式会社建設みらい総研が、業界初となる、取扱案件が公共工事のみで、元請企業と協力会社を円滑に結ぶマッチングサイト、「案件タンク」を正式にリリースした、とのことです。

サービスの詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、特徴を記事より引用させて頂くと、
◆公共工事の主な工種である土木工事を中心に電気、管、造園、建築を取扱い。

◆入札前の公共案件に対する協力会社の募集も可。

◆掲載案件は官庁等が発注をした公共工事案件のみ。

◆登録できる会社は建設業許可を取得した企業のみ。

◆公共工事を扱うことのできる元請企業は経営事項審査を基にランク付けされている為、協力会社はそれを基に元請企業の与信を判断。

◆サイトを通さず直接連絡可能

◆フリープランでは、案件への応募、案件掲載、協力会社募集、成約手数料の全てが無料で利用可能。


となっています。


【サービスの内容は要確認】


同プレスリリースとサイトを見る限り、利用料がどこで発生するのかが解らないので、とりあえず問合せしてみたほうがよいですね。

登録は無料のようですが...

まさか全機能無料で使い続けられるわけではないでしょうし。

土木・建設建築業界も慢性的な人手不足なので、出来るだけ手間を省いて連携出来るようになるのはよいことです。


【関連記事】


災害時に威力を発揮...密かに注目される『ご近所SNS』

ポイント付く??ドローン活用の土木・建築現場における工事進捗管理サービス、楽天AirMap提供開始

土木はまだ?...VR安全教育の『安全体感VRトレーニング』、サブスク開始

多発・強力化する自然災害...防災新サービス続々

工事写真、レイア化へ移行...日建連が活用ガイド作成 利用を推進


(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする