2020年12月08日

次元が違う、英のストレス発散法...銃弾飛び交う、戦車も走るイベント『The Rage Yard』 





なんで民間スクラップ施設で戦車の走行が許されるの??

【そりゃ、気持ちいいでしょう。】


カラパイアで紹介されていたイベントがユニークです。

イギリスのスクラップ工業がはじめたイベントらしいです。

新型コロナウィルスのせいで散々な目にあった2020年に怒りのすべてをぶつけようと、スクラップ予定の車両を思う存分銃撃したり、挙げ句のはてには戦車で踏み潰すというイベントが開催され、連日予約で一杯だとか。

ではそのアレげな映像をどうぞ。



イギリスって銃規制とかなかったんでしたっけ?

そして、なんで戦車があるのかも不思議なんですが...

溜まったストレスをそのままにしておくと、健康上よろしくないですし、街で暴動とか起こされても困りますからね。

記事にも
これは、「破壊療法」として知られるセラピーのひとつです。制御された環境内で、人々がストレスを和らげることができます。

と記載されています。

日本では到底許されないイベントですが、これが3000円弱でやれるというのですから、そりゃ予約殺到しますよね。

日本でもお皿を割ったりするサービスはあるようですが。

新型コロナウィルス蔓延が沈静化するまでは、こういうサービスがウケるかもしれません。

【関連記事】


崩れる前に崩しちまえ!アレで...アメリカンなダイナミック雪崩誘発法

気持ちいいけど、副作用がありそう...アメリカン・エクストリーム・農耕

おそロシア、なにもかもがダイナミック...ジェットエンジンを利用して街を消毒してしまう。

よいストレス発散方法...仏スタントスクールの学生によりバーチャルファイト映像

人はなぜ『敵』を見つけると破壊したくなるのか...お父さん、害虫駆除に無謀な策を取ってしまい大惨事に。(2019)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣害対策に使えない?動物用架道橋、動物の命救う 米ユタ州




こんなに素直に渡ってくれるとは...

【動物との衝突事故、減少】


BBC News japanの伝えるところによりますと、米ユタ州で、野生動物のために架けられた架道橋が成功を収めている、とのことです。

どれくらい効果があるんだろうと動画を漁ってみたら、監視カメラ映像がyoutubeにアップされていました。
3分ほどの映像です。



リスからクマまでさまざまな動物がてくてく歩いていく様子が見れます。


【共存出来るのが一番望ましいですし。】


動物の習性的なものを利用した対策ってよいですね。

こういう感じで獣害対策とか出来ないですかね。
動物も人間さまの社会活動で迷惑被ってることですし、可能であればお互いによりよい形で共存したいところです。


【関連記事】



獣害ならぬ人害?人気アニメのイノシシ頭コスで山に入るのは危険、な話。

密かに増殖中?死んだイノシシは接触せず、通報を 千葉

流通、うまく行ってない?...獣害・豚熱対策で捕獲のイノシシ、県民に無償配布 富山県

イノシシが被害拡大のトリガーか?...民家の裏山崩れる 沖縄

【注意喚起 】言われてみれば...奈良のシカに餌としてあげてはダメなものをあげるヒトがいる件



(株)ケイエフの法面のシカ・イノシシ対策 シカ矢来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする