2020年12月11日

なんか方向性が違うような...大手スーツメーカーから「パジャマスーツ」爆誕



※画像はねとらぼのTweetよりキャプチャさせて頂きました。

なぜそこまでしてスーツにこだわる??

【お値段4,900円ってのも...】


Impress Watchの伝えるところによりますと、AOKIが、自宅で過ごしながら仕事もするライフスタイルに対応する「パジャマスーツ」を発売した、とのことです。

記事より特徴を引用させて頂くと、

自宅での生活時間増加にともない「自宅でくつろぎながら、仕事時にはきちんとしていたい」というニーズに応える。...(中略)...素材は「ダンボールニット」と「メランジジャージー」の2種

ダンボールニットは、ハリ感のある軽い着用感が特長とし、ストレッチ性も高く動きやすい。自宅の洗濯機で洗濯可能。...(中略)...メランジジャージーは、ストレッチ性があり、体の動きを妨げない「リラックス感」と「きちんと感」を兼ね備えた素材

だそうです。

【どうせなら...】


多分、大真面目に考えて作ったんでしょうが、個人的な意見で恐縮ですが、家にいるときぐらい仕事してようがプライベートを楽しんでようが、楽な格好でいたいし、スーツという制服みたいなものに縛られたくないですね^^;

どうせなら、何年か前に話題になった(であろう)こんなヤツ(ねとらぼの記事)でウェブ会議とかに出たほうがウケそうな気がします。
(ウケてどうする!?というご意見はあろうかと思いますが。)



しかし、スーツスタイルの作業着が意外とヒットしているようなので、需要は一定数あるんでしょうね。

よい週末を。

【関連記事】


軽量、薄厚自在な空気ベストをワークマンが出している、らしい。

雨が降り、雪が舞う、話題のワークマンのファッションショー『過酷ファッションショー』

テレワーク時代のオンライン会議ツールおよび関連アイテムもろもろ

被災地なんかにもあるといいかも...廃棄生地で作られた『シェルタースーツ』

現場作業風景がスーツになるかも...スーツ風作業着、レンタル開始、らしい。(2018)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数は少ないが一発がデカかった...2020年お天気10大ニュースランキング

Typhoon Wipha
Typhoon Wipha / Marc van der Chijs

※イメージ画像です。


まとめ記事が出始めると、年末感が増しますね。

【台風上陸なしと長梅雨が印象的】


tenki.jpが毎年恒例の『<2020年お天気総決算A>日本気象協会が選ぶ2020年お天気10大ニュース・ランキング』を発表しています。

ランキング入りした各お天気がらみの自然災害の内容は記事でご確認頂くとして、タイトルだけ引用させて頂くと、こんな感じになります。



1位 令和2年7月豪雨 およそ1か月にわたる大雨で大きな被害(7月)

2位 猛暑日連続記録を続々更新 浜松41.1℃で国内歴代最高気温タイ(8月)

3位 12年ぶりに台風上陸なし 7月の台風発生ゼロは史上初

4位 記録的な暖冬 「初氷」や「初雪」の最晩記録続々更新(1月〜2月)

5位 梅雨の期間中は記録的な日照不足 各地遅すぎる梅雨明け(7月)

6位 沖縄・九州に立て続けに台風接近 台風10号は接近前から警戒呼びかけ(9月)

7位 観測史上初9月に40℃超え 日本海側で猛暑日続出(9月)

8位 異例なルートの台風14号 前線と台風で伊豆諸島南部は豪雨(10月)

9位 恐怖を感じる猛烈な雨 熊谷で10分間雨量観測史上1位タイに(6月)

10位 桜前線東京からスタート 休眠打破が進まず鹿児島の見頃は4月下旬に(3月〜4月)


記事によると、同ランキングは、日本気象協会所属の100名の気象予報士が、今年印象に残ったお天気ニュースを選び、結果をランキングにしたもので、最も印象に残ったお天気ニュースは「令和2年7月豪雨 およそ1か月にわたる大雨で大きな被害」となったとのことです。

【梅雨が季節の一つになるという噂も】


今年は台風がうまいぐあいに日本を避けていってくれた(とは言っても、沖縄方面は結構なダメージを受けたようですが)感じだったので、地球の風の流れがこのまま梅雨時期に日本を避けるように動いてくれたらありがたいのですが、そうも行かないでしょうね。

そして、台風の上陸はなくとも、台風周辺の風の影響で台風本体から離れた場所で大雨になっていたのが、個人的には印象的です。

さらに、梅雨がひと月続いたというのもちょっとびっくりですね。
一説には、梅雨がこのまま季節のひとつになるんじゃないか、という都市伝説みたいな話もあるようなので、これはこれで困りものです。

ちなみに、同tenki.jpの気象予報士が選んだ今年の漢字は『雨』だそうです。

雨も降らないと困りますが、分散して小出しにちょっとづつ降ってくれないですかね。
来年は気象災害が少ない年になってほしいところです。

【関連記事】


いつの間に...雷を特定の場所に誘導する技術『トラクタービーム』が森林火災を予防

かつて日本でも...砂漠地帯のアフリカ北部リビアで『ガルガンチュア』が降った、らしい。

思ってたのと違ったが、これはこれでマンガ、な飛ばされ方をする物置

台風14号の爪痕、各地で...三重県、神奈川県、奈良県、長野県

台風の周りにミニ台風?台風に伴う竜巻の発生メカニズム解明 気象庁



(株)ケイエフのマルチ看板



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする