2020年12月15日

見てるだけで痛々しい...頸動脈を切ったかのように水を出す木





生々しいですね^^;

【しかもすごい勢いで噴出】


公園の噴水のように水を垂れ流してる木をどっかで見ましたが、この木は切断された木です。

ひろぶろで紹介されていた木がすごいです。

本体の中身はほぼ水なんじゃないかというぐらい水が切断口から出てくる映像。

ではどうぞ。



色もそうですが、この勢いはなんだかスプラッター映画で見る、人の頸動脈を切ったかのような映像で生々しいですね。


【関連記事】


木材ってこんなに弾力持たせられるのね...米メリーランド大学研究チーム

いつ使う、この技?...大きいタイヤがあれば切り株を引っこ抜ける技

覚えられないし、現場で出来そうにない...山道で脱輪した時の脱出方法『Flip Flop Winch』

これがほんとの『晴天の霹靂』というヤツか!?青空の下に雷落ちる。








(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最短2時間でデータ受信、5分で解析、正答率9割...被災地を迅速に特定する技術 パスコが開発

20150131_烘爐地_衛星20150131_烘爐地_衛星 / Surveydog2010

※イメージ画像です。

災害発生直後に役立つシステムっぽいですね。

【データ元は人工衛星から】


読売新聞オンラインの伝えるところによりますと、地震や大雨による土砂災害直後の衛星画像を人工知能(AI)で分析し、被災地を迅速に特定する技術を、航空測量大手「パスコ」が開発した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、人工衛星から受けたデータを人工知能(AI)が解析して被災地を特定するもので、記事より一部引用させて頂くと、
広域に点在する被災地と、畑や道路などを画像で見分ける作業は、熟練技術者でも5人がかりで5日程度かかるが、AIは土砂災害の場所を5分ほどで特定することに成功した

と実証実験の結果を記事は伝えています。

同社は分析結果を国や自治体に提供し、迅速な救助・救援活動につなげたい考えで、さらなる精度の向上に努めていきたいと記事は伝えています。

【助かる確率が上がるのはよいこです。】


5分で解析できちゃうとはすごいですね。

地震や土砂災害では人命救助が一刻も早く行われる必要があるので、状況把握がものの数分で行われると、助かる確率が上がります。
人工衛星からデータを取るので、夜間や雲が多いと時間がかかるようですが。

どんどん人工知能が社会に浸透してきてる感じですね。

【関連記事】


空撮から山地災害の状況を解析...佐賀県庁で『Terra Mapper』導入

遠隔管理が主流となるか?...現場アバターシステム開発 芝浦工業大学と川田工業

現場確認もリモートで、静岡県浜松土木事務所が取り組み

ケモナーロボ『spot』くん、工事現場導入決定

なんだろ、このしっくり感...ロシア製サイバーパンクCGがやけに近未来な件



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする