2020年12月17日

兵庫県の中小企業さん必見、兵庫県庁が使うテレワークシステムが3年間無料で使える、らしい。

TeleworkingTeleworking / OregonDOT

※イメージ画像です。


よい施策ですね。

【自治体利用のセキュアなネットワークが3年無料はおいしい。】


IT media newsの伝えるところによりますと、兵庫県の井戸敏三知事が12月14日の記者会見で、県内の自治体職員向けに開発したPCリモートアクセスツール「テレワーク兵庫」を2023年12月までの3年間、県内の中小企業に無償提供すると発表した、とのことです。募集人数は1万人。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、VPN接続でセキュアなネットワークで自宅からオフィスのPCを操作可能になるシステムです。

一部記事より引用させて頂くと、
提供対象は兵庫県内の資本金3億円以下、または従業員数300人以下の中小企業。兵庫県は1企業20人を上限に、従業員の半数まで利用登録できるとしている。あくまでツールのみの提供として、インターネットの通信料金やPC端末は各企業の負担となる。

とのことです。

【ちょっと不安もあるが...】


自治体には色んな重要情報が集まっているので、漏洩対策にガチガチのセキュリティが施されていることが多いですが、その堅強なネットワークを無料(通信費は別として)で使えるのはありがたい話ですね。

兵庫県の中小企業さんで、まだテレワークに踏み切れてない企業さんは問合せてみてはどうでしょう?

にしても、同じ回線上に民間企業乗っけちゃって大丈夫なんですか?とちょっと思ったりもしますが...まぁ、そこはうまく干渉しないような工夫がされているものと思われますが...

あ、あと、テレワークに関しては色々補助金もあるようなので、活用してみてはどうでしょ?
一般社団法人 日本テレワーク協会(そんなのがあるの??)のサイトにまとめられていますので、参考までにどうぞ。

【関連記事】


なんか方向性が違うような...大手スーツメーカーから「パジャマスーツ」爆誕

テレワーク時代にはよいかも...工事の施工手順や積算をCG動画で学習できる『施工動画』

これは覚えておくべし...仕事中のコロナ感染、労災です!熊本労働局

奴はこれでも防げる、在宅ワークの妨害予防パート2!

在宅ワークの妨害者を一発で大人しくさせる方法





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨場感まで伝わるのが5G?...ローカル5Gを活用した無人化施工 熊谷組とNEC実証実験

DCO VR WorkshopDCO VR Workshop / deepcarbonobservatory

※イメージ画像です。

5Gって、こういうところで役立つんですね。

【VRヘッドマウントディスプレイ、360℃カメラ、加速度センサーで現場を再現】


クラウドWatchの伝えるところによりますと、株式会社熊谷組と日本電気株式会社(以下、NEC)が10日、自然災害現場等の工事現場における、ネットワーク対応型無人化施工を想定した実証実験を実施し、ローカル5Gを活用した4K映像の伝送、および重機模型のVR遠隔操作に成功したと発表した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂くとして、なかなか衝撃的な実証実験内容を一部引用させて頂くと、
...また実験では、建設機械の映像をHMDに表示すると同時に、モーションベースにより建設機械の傾きや振動などの動きを再現している

とあります。

これだけの情報量を転送しながらも、5Gネットワーク下では低遅延かつ大容量な通信が可能であり、高品質かつリアルタイムに伝送することで、建設機械を傾斜地などで運用する場合でも、実際の搭乗操作に近い感覚で遠隔操作が可能になる、と記事は続けています。

【現場から離れたビルの中で重機操作が現実に。】


2021年の話題のひとつとなるであろう、5Gネットワーク。
一般ピーポー的には、ゲーマーぐらいしか使いみちがない(その効果を享受できない)んじゃないかと思ってたんですが、ビジネスの現場ではかなりお役立ちになりそうですね。

遠隔地で、実際に重機を現場同様に扱えるようになれば、かなり作業効率は上がるでしょうし、コストカットも可能になります。(その分、イニシャルコトスはかなり突っ込まなとダメなんでしょうけど。)

少し前にAIが社会に浸透すると、仕事を奪われる業態が出てくるという話がありましたが、最近では管理職は無くなる傾向にあるが、現場仕事はむしろ増えるという研究もあるので、この遠隔無人施工も実際にやってみないと解らないかも、ですね。

いずれにせよ未来っぽくて、楽しみです。

【関連記事】


最短2時間でデータ受信、5分で解析、正答率9割...被災地を迅速に特定する技術 パスコが開発

空撮から山地災害の状況を解析...佐賀県庁で『Terra Mapper』導入

ポイント付く??ドローン活用の土木・建築現場における工事進捗管理サービス、楽天AirMap提供開始

遠隔管理が主流となるか?...現場アバターシステム開発 芝浦工業大学と川田工業

多発・強力化する自然災害...防災新サービス続々



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする