2020年12月25日

アート作品ではなく、リアルな施工ミスで作られた階段

螺旋階段螺旋階段 / naitwo2

※イメージ画像です。

これもクソ物件オブ・ザ・イヤーに認定されますね。

【誰か気づけよ、と。】


ひろぶろで紹介されていた動画が面白いです。

タイトルがロシア語っぽいので、ロシアかな(またロシアか...)?

図面を逆さまに見ていた、という理由で最後まで作り込んでしまったようです。



途中で誰も注意しなかったというのもびっくりです。

そして、冒頭で述べた『クソ物件オブ・ザ・イヤー2020』は今年もやはり開催されているようですね。
受賞作はこちら。

よい週末を。

メリー・クリスマス。


【関連記事】


最悪な設計だが、別のところならアリかも...パズルのようなキッチンが発見される。

ついに日本上陸か!?テーブルの中で枯山水もどきを自動で作ってくれる『SISYPHUS』

まさか、こんな使われ方をするとは...あの土木資材をテーブルにしちゃった『Whorl Coffee Table』

仮設足場だって見せ方だ、というのがよく分かる画像

建築系設計者必見!?...魅力的なクソ物件を愛でる「クソ物件オブザイヤー2018」が面白い。(2018)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら









posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始も要注意...屋根に積もった雪はゾウ2頭分

合掌造り 雪下ろし合掌造り 雪下ろし / tsuda

※イメージ画像です。


年末年始も寒波の影響で大雪になるとも言われてることですし。

【大雪から数日…新たな危険が】


数日前、寒波の影響で日本海側を中心に大雪となりましたが、FNNプライムオンラインでそんな大雪が降った後に危険がいっぱいだと伝えています。

記事はTVワイドショーからのもののようで、詳細は記事をご覧頂くとして、屋根に積もった雪の落雪や昼夜の寒暖で路面が凸凹になる、山間部での雪崩の危険性について解説されています。

一部記事より引用させて頂くと、

例えば、5m四方の屋根に1mの雪が積もったとします。
積もり始めは新雪で軽いのですが、日に日に降り積もる雪の重みで全体がしまっていき、「しまり雪」と呼ばれる状態になります。
この状態で屋根の上に積もった雪の重さは、なんと約12tにもなるのです。
これはゾウ2頭分の重さに匹敵するほどの重さ。
これだけの雪が屋根の上に積もっていますから、上方からの落雪には注意が必要なのです。

だそうです。

除雪作業でよく事故になっているのは、こういうのが原因ですね。

あと、山間部の雪崩の兆候についても。

雪の隙間が出来ている状態の『クラック』
雪玉のようなものができている状態の『スノーボール』
『雪のしわ』

これらを見つけると、雪崩の可能性が高いようです。

【年末年始に次の寒波が】


雪になれてないと、上記のような状況は危険ですね。

アンナというサイトで気象予報士 蓬莱大介氏が年末年始の気象予測を語っていますが、クリスマスあたりに緩んだ気温も年末年始に次の寒波がくるので、日本海側は大雪に注意、と伝えています。

今年の場合は新型コロナウィルスの関係もあり、万が一避難所に避難するようなことがあれば、いろんなところに気を使わなくてはならず、疲れてしまいそうなので、日本海側の方は特に大雪に対する備えを十分行っておきましょう。

山間部でお仕事される方も、雪崩の兆候を頭に入れて災害に巻き込まれないようにしましょう。

お正月にゆっくりのんびり出来るように、今のうちに備えられる準備はしっかりとしておきましょう。
雪下ろしを余儀なくされた場合はお気をつけください。

【関連記事】


想定外の大雪で各地被害...倒木、高速道路で立ち往生、停電、孤立集落

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊

かつて日本でも...砂漠地帯のアフリカ北部リビアで『ガルガンチュア』が降った、らしい。


(株)ケイエフのスーパーセーブロープ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする