2021年02月05日

人工衛星軌道にお寺、できる...宇宙寺院「劫蘊寺」2023年に



※画像は、浄天院劫蘊寺サイトよりキャプチャさせて頂きました。

ここから天誅をリアルに食らう、ってことはないですよね?^^;

【IoT機能搭載の衛星寺院、爆誕】


engadget日本版が興味深いニュースを伝えています。

京都を拠点に人工衛星開発などを行っているベンチャー企業「テラスペース」が、京都にある真言宗醍醐派總本山の醍醐寺とともに「人工衛星による宇宙寺院の開発と打ち上げ」を行うべく提携すると発表した、そうです。

記事によると、
2023年の打ち上げを目指しており、高度400km〜500kmの地球低軌道を約1時間半で周回する予定の宇宙寺院の名前は、「浄天院劫蘊寺(じょうてんいんごううんじ)」。

だそうで、詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、IoT衛星としての実用的な機能も搭載するんだとか。

さらに特筆すべきは醍醐寺は定期的に宇宙全体の平和、そして宇宙における人類の活動の安全を祈願する「宇宙法要」を定期開催という壮大なイベントに加え、「宇宙祈願お申し込み」フォームから登録すれば個別の祈願もして貰える、らしい。

はい?

祈祷料金等が記載されていないので、お金かかるかどうか解らないんですけど。

【時間がきたら天に向かって合掌、とか】


劫蘊寺の位置はモバイルアプリで確認できるようにする予定だそうなので、ピンポイントで合掌する時間が決まるわけですね。
ん?どっかで見た光景が脳裏をよぎったのですが...^^;

宗教については人それぞれの思想があるので、なんとも言えないところですが、新しいスタイルの心の拠り所って感じですか?

よい週末を。

【関連記事】



天候に左右されないの?地滑り前兆、衛星使いキャッチ 静大准教授と浜松市が実験
ファンタジックでいいな...もしも地球の衛星軌道上に巨大な鏡が周回していたら、な映像(2020)

CGみたいだ...ロケットの発射を宇宙から見るとこうなる。(2020)

最短2時間でデータ受信、5分で解析、正答率9割...被災地を迅速に特定する技術 パスコが開発(2020)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスク常用化社会では有望、課題もあるけど...スマホとつながるマスク会話補助アイテム『C-face』



※画像はロイターのyoutube動画からキャプチャさせて頂きました。

工事現場とか周囲の騒音が多いところでも有効なんじゃないかと。

【小さな声を届けるだけじゃなく翻訳も可能】


techable.jpで紹介されていたスマートマスク『C-face』が興味深いです。

記事によると、同製品は、ドーナッツ ロボティクス株式会社が、国内最大級のクラウドファンディングサイトMakuakeにてスタートさせた新型スマートマスク「C-FACE」プロジェクト。

詳細は記事でご確認頂ければよいかと思いますが、ざっくりその特徴を引用させて頂くと、
・最大の特徴は、「スマートフォンにつながるマスク」。

・使用は市販のマスクの上に付けて利用。

・「C-FACE」を装着した状態で話すと、声を相手のスマートフォンに届けられ、専用アプリ上で文字化することができる。

・通信はBluetooth活用なので、10m先の相手にも音声が届く。

・翻訳機能(8ヶ国)も利用可能。

と言ったところ。

さらに今回は新機能として、スマートマスクに「ストレスチェック」を追加。アプリと連携させることでユーザーの「心の元気度合い」を数値化する、と記事は伝えています。

プロモーション動画がこちら。



プロモーション動画では、その機能の実用性がわかりにくいですが、ロイター社が実利用した取材動画がyoutubeにアップされているので、こちらのほうが解りやすいです。



【マスク常用化の昨今、これはアリかも。】


マスクをつけると、どうしても声がこもって聞き取りづらかったりする。
その上ソーシャルディスタンスを意識しないといけないので距離をとらないといけない。

かと言って大声を出すと周りの迷惑にもなるし、飛沫も多くなる。
そんな問題を解決してくれそうなガジェットですね。

お値段がそこそこする(6000円弱)ので、ちょっと二の足を踏んでしまいますが、接客サービスや工事など周囲が騒々しい環境で働く人には、あると強い味方になりそうです。

気になったのは、受け手側がアプリか何か入れないとダメなのか?というところ。
社内、うちわで使う分には、入れといてねという申し合わせでいけるが、不特定多数を相手にする接客サービス業では一般ぴーぽーに認識してもらうのは至難の業かな、と。

近づいたらアプリDLを促すアラートが出るとか、スマホOSの基本機能を使うような仕組みなら普及しそうですけど。

組織内で使う分にはかなり有用かもです。

土木・建設関係の業界に絞っていえば、外国人労働者も増えているので、普通にしゃべって自動翻訳して相手に伝わるなら、かなり有用かと思います。


【関連記事】



応用すれば楽しそう...音を見える化する装置を作ったヒト。(2020)

過酷な現場でも大丈夫なキャタピラーブランドスマホ『CAT S61』発売開始(2020)

これはよいシステム、友達とうまくコミュニケーションする方法(2019)

これはすごい!手話をテキストと音声に翻訳しちゃうグローブ『NAVID』(2019)

色々違和感...接触すれば情報伝達『人体通信技術 HiT』(2019)


(株)ケイエフの現場の安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中




posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする