2021年07月12日

こんなものがあるとは知らなんだ...蚊に食われた時のかゆみを瞬殺する『Bite away』というアイテムが話題





原理的にはおばあちゃんの知恵袋的な...

【熱でヒスタミン分泌を抑える】


temia.jpで紹介されていたガジェット『Bit away』が話題です。

このアイテム、蚊に噛まれた時に、患部に数十秒押し当てると、最大51℃までガジェット先端の温度が上がり、かゆみと、蚊に食われて掻いた時に出来るぷくっとした膨らみをなくすためのアイテムなんだとか。

紹介されてる動画があったのでどうぞ。



【かゆみの原因は?】


どうやら、あちこち調べてみたら類似品は昔からあれこれあるようです。
日本でもAmazonだと4000円弱で買えるようですね。

では一体、なぜ噛まれたところに当てると、痒くなくなるんでしょう?

まず、ご存知の通り、蚊に噛まれると蚊は人体に唾液を注入します。
蚊の唾液は、血を吸いやすくしたり、人間に気付かれないための麻酔の役目をしたりするそうで、これによるアレルギー反応でヒスタミンが分泌されて、血流が増えることでかゆくなる、というのがそのメカニズム。

かゆみ止めはこのヒスタミンに対して抗ヒスタミン薬を使うことでかゆみを抑えているんですね。

【患部を温めるとどうなる?】


そして、ではなぜ温めるとかゆみが治まるのか?

これもネットでぐぐってみると、どうやら、民間療法的な要素が強く、アメリカでは『おばあちゃんの知恵袋』的な扱いのようです。

2011年アメリカの研究でも、かゆみのもととなる「昆虫の毒」は、熱を集中して当てることにより症状が速やかに改善されると結論付けされている、という記事もありますが。

少々古い記事ですが、価格.comのbite away類似品の説明によると、
この商品は、ヒスタミン分泌による血流の増加を加熱によって下げて、かゆみを軽減する商品

だと説明されています。

...ん?温めたら余計に血流が増えるように思うんだけど...

よく分からないですね。しかし、temita.jpの記事でも、類似品の記事でも、確かに効果はあるようです。

蚊に噛まれて痒くなったら、とりあえず温めましょう。


【関連記事】


確かに...蚊に逃げられずに捕獲する方法

蚊の動きを分析して、着地点を特定、居場所をレーザーで教える『Bzigo』(2019)

これほしい!...光でおびき寄せ電殺する『Mosquito Zapper Lantern』(2017)

ナイスなライフハック!アレを使えば蚊取り線香タイマーが作れちゃう!(2016)

マッドサイエンス!?ではないのか?...レーザーで侵入する蚊を撃ち落とす『Photonic Fence』(2015)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事が早い!ツイ民が『toMap』を使い、熱海の土石流の現場を3D化



※画像はtoMapのサイトよりキャプチャさせて頂きました。


これはすごい。

【国交省『PLATEAU』はこういうところに使えるのか。】


9ポストで紹介されていたのですが、ツイ民が、国土交通省が推進する PLATEAU プロジェクトと可能な限り互換性を保つ3D都市モデルプラットフォームサービス『toMap』を使って、熱海市で発生した土石流の現地の地形を3Dで再現しています。

これをツイッターに公開されてるのは、@lileaLab氏



作り方も公開されてるようです。



【不謹慎ではありますが、ナイスタイミング。】


このWebサービス、データがあれば誰でもこういった地形を3D再現できるようですが、マシンスペックを要求されるようで、スルスル動くというわけには行かないようです。

筆者の環境では描画が重すぎてカクカクどころか、しらばくモザイク状態になってたりします。^^;

それでも、災害発生からたったの2日やそこらでこんなものが出来上がるというのはすごいですね。
PLATEAUはこういうところで活躍するわけですね。

被災地や災害に巻き込まれた方に対しては、こういう事言うと不謹慎で申し訳ないですが、PLATEAUの活用事例として利用できるのはよいタイミングなのではないかと思います。

無論、ここから災害発生の原因究明と、どう防災対策を考えるかが重要なんですが。

現地では未だ安否不明者の捜索が続いており、梅雨も明けていないので、まだまだ土砂災害の発生危険率は高いままなわけです。

二次災害が発生しないことを祈りつつ、一日も早く安否不明者の確認、現地の復旧がなされることをお祈り申し上げます。

捜索、復旧作業に当たられる方はくれぐれも災害に巻き込まれるようにご注意ください。

【関連記事】


無料ウェビナーで聞くチャンス!「空間情報シンポジウム2021」でProject PLATEAUの成果と今後の取組み、講演

気をつけないと事故増えそう...気象災害予測を3Dで運転中に表示させる技術、開発。

災害シミュレーションにも、国交省主導プロジェクト「Project“PLATEAU(プラトー)”」、活用事例増加中

来週こそは梅雨明け?...中国地方土砂災害続く、一方熱海では苦渋の決断で支援物資、一時受入休止

熱海市だけじゃない、静岡県下で土砂災害の被害拡大


(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする