2021年07月15日

途中、どうやって張り付いてる?垂直に『滝のぼり』みたいなことをやってのける魚、発見。




ときどき、身体に吸盤みたいな機能が付いた魚がいますが、あれと同じ?

【下水溝を登る魚】


らばQで紹介されていた魚がすごいです。

記事のコメントにハワイにいるハゼだと書かれていますが、詳細は定かではありません。

下水溝の段差から流れる水を逆行していく魚です。



鯉の滝のぼりという諺?(慣用句?)がありますが、実際に鯉にはそんなチカラはない、と記事でも書かれています。

ときどき、割と傾斜のある川を遡ったりする魚がいますが、垂直の壁をへばり付きながら登っていくのは珍しいですね。

縁起物で飼うとよいかも。

【関連記事】


大真面目なんだろうけど、コントみたい...道路からラクダを即効追いやる必殺技

食べても大丈夫??...堺の川にマイワシとおぼしき魚群が遡上(2019)

ビール漁法ってのがあるの??ビールで”ヤツ”を捕まえるオヤジが激写される。(2019)

いつ発売!?...バンダイ新規事業室アカウント公開の《次世代》スマートスピーカーがシュール。(2018)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中







ラベル: 滝のぼり 動物
posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使えれば保険になる?SB、衛星電話を月500円以下で提供を計画

spac0556spac0556 / NOAA Photo Library

※イメージ画像です。

ちゃんと通話できるんだろうか?

【通信速度は20kビット/秒】


日経XTECの伝えるところによりますと、ソフトバンクが、2022年中に開始予定の衛星通信を使ったIoT(Internet of Things)向け通信サービスを、月500円以下で提供する計画であることがわかった、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、米新興企業であるSkylo Technologiesの技術を活用し、IoTを対象に帯域を絞り、1回線当りの通信速度を20kビット/秒と抑えることで破格値を実現する、と伝えています。

利用の想定は、地上の基地局経由の通信では圏外になることが多い海上船舶の位置把握や、山林の建機の稼働状況などで衛星通信サービスを海外展開する計画、海外ビジネスを拡大する起爆剤にする考えだ、と記事は続けています。

【回線が安定するなら、割と使える?】


回線が安定するなら、割と使えるかもですね。

衛生電話が月額500円とか使えるなら、とてもリーズナブルです。

あちこちの記事を漁ってみたのですが、20kビット/秒あれば通話品質には支障がないようなので、通話環境等にもよりますが理論上は問題なさそうですね。(ただし、機器や通話環境、気象状況なんかも影響しそうですが...)

山間部や海洋上、または災害発生時のための安心保険を500円で買うと思えば、よい保険になりそうです。

とりあえず、使ってみたいですね。
個人的にはまだまだSBのサービスに眉唾なんですが...

【関連記事】


今度の『サイボーグG』はちょっと違う!Gの動きを電気的に制御することに成功 シンガポール

目標は月で!...1000Km離れた場所から重機操作の実証実験に成功、JAXAと鹿島建設

いっぱい文句言われそう...植物とコミュニケーションが取れる通信デバイスが開発される。シンガポール

マスク常用化社会では有望、課題もあるけど...スマホとつながるマスク会話補助アイテム『C-face』

天候に左右されないの?地滑り前兆、衛星使いキャッチ 静大准教授と浜松市が実験


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする