今日、明日も要注意...山口と宮崎で土砂災害

Triangle Lake second slideTriangle Lake second slide / OregonDOT

※イメージ画像です。


台風14号から温帯低気圧へ変わっても要注意です。

【九州方面で大気の状態不安定】


14日、宮崎県では大気の状態が非常に不安定になり、宮崎県内で災害相次いだ模様。

yahooニュースの伝えるところによりますと、14日の宮崎県内は、前線や台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となり、ホテル青島サンクマールに通じる宮崎市折生迫の市道では、土砂崩れが発生し、流れ出た土砂が、道路をふさいだ、と伝えています。

また、テレ朝newsの伝えるところによりますと、15日、山口県萩市の県道沿いの「のり面」で、幅およそ20メートルにわたって土砂崩れが発生、けが人等は出ていないが全面通行止めとなった、とのことです。

現場では、幅およそ20メートル、高さ3メートルにわたり、のり面が崩落、復旧作業は行われているが見通しは立っていない、と記事は続けています。

【今日、明日、温帯低気圧の影響に注意】


九州方面は長く雨が降り続いており、土中に相当雨水が貯まっていると思われますので、土砂災害や河川の氾濫には要注意ですね。

gooニュースによると、
台風14号は17日に温帯低気圧に変わる見込みだが、発達しながら九州北部に接近。暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が不安定になり、16〜17日は西日本、18日は北日本にかけて雷を伴う非常に激しい雨になる所がある

と伝えています。

毎度、『○○年に一度の大雨』だとか『これまでに経験したことのない』などの表現で伝えられるように、最近は雨が降ると想定をはるかに越える大雨になるケースが多いので、十分な備えと早めの避難を心がけましょう。

折角の三連休の初日が台無しなのは残念ですが、不要不急な外出は極力控えたほうがよさそうです。

【関連記事】


安全確認はしっかりと...札幌市の公園で石垣崩落、作業員一名重体

週末天気大荒れかも...台風14号加速しながら日本接近

太陽光発電現場でのり面崩れる、別の現場では土砂流出 熊本

胆振東部地震(2018年)の地すべり、土砂の到達距離は国想定の倍


先週末、各地で土砂災害、8月の雨が影響か



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする